2012年05月31日

2012.05.27 Run for Water Marathon

2012 Run for Water Marathon
RFW.jpg

タイム:3時間7分54秒
女子総合優勝(1/62)
女子年代別(40~49歳)一位 (1/22)

5月27日、バンクーバーマラソンからちょうど3週間後のレース。
参加人数は4000人以上ですが、ほとんどがハーフマラソンで、フルは200人弱しか出ない、非常にローカルなレースです。(笑)
でも大会の運営はなかなか良く、アボツフォードというバンクーバーから南東に70km位にある近郊の街にあるMill Lakeという湖沿いの公園を大会会場としていて、会場には子どもも遊べる簡易滑り台やフェイス・ペイント、バルーンを作ってくれるブースが出たり、ピザやアイスが配られていたり、と、ポストレースも家族で楽しめる、いい大会です。

去年はバンクーバーマラソンから4週間あって、十分に疲労もとれて3時間15分切りを果たし、女子2位でゴールしたレースでした。
今年は去年1位だったスザンヌも走らないし(最も、スザンヌはバンマラに出ていたけどなぜか全然遅かったが)、私よりも速い持ちタイムのランナーがいないことは事前に調査済み(もちろん、By 達矢。笑)。
これまであまり順位や勝負に執着のない私でしたが、もうコレを逃したら総合優勝なんて今後もあり得ないかも。。。それにこのレースはなんと言っても賞金がオイシイ。。。
500ドルもらえたらそっくりそのまま次のビクトリアや秋の日本への遠征の足しにもなるし。。。とまずはタイムそっちのけでトップでゴールするとどーなるか、という「取らぬ狸の皮算用」に思考を巡らせた(笑)。

しかしそれを実現するには、取りこぼさないためには、絶対にコケてはならない。
走り方を間違ってはならない。
脚が攣ってはならない。
トイレになんて行ってられない!(^^;;
「いちかばちか」のアホなツッコミも厳禁。
バンマラからのランで走力が上がることはまずあり得ないが、タイムのアップが期待できるとすれば、コースの違い (バンマラ=起伏 v.s. Run for=フラット)だけか。
あとはバンマラの疲労は完全に取れているかどうか。

レース前最後の一週間に単発の翻訳の小さい仕事が入り、朝の出勤前のいつもなら走る時間をその仕事に当てたので、それがなかったら悪い癖で何となく走ってしまってたかもしれない。
レース2日前(金曜日)には会社で接待ディナーがあり、ビールも1本飲む!
だだだ。。。大丈夫か!?(^^;;

レース前日(土曜日)は思い切り寝坊したかったけど、仕事を仕上げるために早く起きる。
ゼッケンのピックアップは早朝に達矢が行ってくれた。

あとは一日のんびり家事を済ませ、前日恒例のベーグルやパン焼きの儀式(笑)。
Rerakkuma pan.jpg

レース・ギアの準備、ゼッケンのウラにパワージェルやビーンズ、塩を貼って。。。完了!
gear.jpg
レース一週間前にシューズを買ったお店で衝動買いした、どピンク・ギア(笑)。

靴も新調した、Newtonの「元」レース・モデル。
以前に履いたことがあるので安心だし、いつもの練習用のNewtonよりも3〜40gほど軽い。
newton.jpg

夕食はもちろん「うな丼」をたっぷり頂いてカーボローディング。

夜は寝る準備を早々に済ませて、やっぱり「家政婦のミタ」だけは外せないので(mもうるさいし、この日はミタさんが壮絶な過去を明かす大事なシーンがあるエピソードだったので(^^;;) それを見てから就寝。

もちろん瞬殺、爆睡の果てにあっという間に朝がきて、ベーグル2個とコーヒー、バナナ3分の2を食べて4時45分くらいに家を出発。
PoCoのTazさん宅に寄ってTazさんとアリソンちゃんをピックアップ。
去年もわたし達二人が走っている間、mを見ていてくれたのだけど、今年も快く引き受けてくれて。。。(涙)!
ありがとう〜!

それに今年は朝早くからアリソンちゃんも来てくれて、ずーっと楽しくまひろと遊んでいてくれました(^ ^)。
DSC01570.JPG

たくさんの人達に助けられて、やっと走れるのだ。。。また感謝する。

レースのあるAbbotsford市はバンクーバーから南東に6〜70km、うちからだと車で空いていれば45分くらい。
スタート地点近くのマクドに寄り、子供達の朝食を買っても6時ちょっと前にはパーキングに到着。

天気は。。。昨日気温が高くて日差しが強かったので、こんなだったらど〜しよ〜!と心配していたが、結局雲薄雲が広がっていて日差しは弱く、気温も12度ほど。。と最高のコンディション。
ただ、だだっ広いだけのコース上での風には悩まされることになる。

支度をしたりアップをしたりトイレに行ってるうちにイッちゃんとCocoさんも登場。

DSC01567.JPG
写真はイッちゃんとTazさん、まひろとアリソンちゃん〜♪

DSC01568.JPG

IMG_4471.JPG
Cocoさん(さゆりさん)と♪

30分前に5Hour Energyドリンクを半分近く飲んで、ほんの少しだけウォーミングアップにジョグって、後はひたすらトイレに入り浸って(笑)、あっという間にスタート10分前になりラインへ行くと。。。いたいた。Brian。

去年も26kくらいまで一緒に走り、トイレに駆け込んだために離されたがまた35k以降で追いついて追い越した同じ年代の男性だ。
どうやらPort Coquitlamに住んでいるらしい。
ご近所さんだ!

かなり練習を積んだらしく、バンマラでは惜しくも3時間00分03秒というサブスリー直前のタイム。
今回も必ず狙ってくるだろう。近づいて声をかける。

私:「ハ〜イ♪ どぉ〜!?調子は〜?」
B:「Hi, Rika! OK〜!」
私:「今日は行けるね〜きっと!。バンマラでは惜しかったものね〜!」
B:「3時間00分03秒だよ〜!信じられる〜???」
私:「知ってる〜!!!3秒!。。。最後。。。もうど〜にもならなかったの〜?!」と聞くと。。。
B:「ど〜にもこ〜にも。。!もうただひたすらゴールしただけ〜」というような返事だった。

うん。。。そうだよね。3秒だろうが1秒だろうが、もうその時はど〜にも出来ないのよね。。。!

達矢も近くにいたので、紹介すると、
B:「なんとな〜くわかってたよ〜♪」と(笑)。

「Good Luck!」と健闘を讃え合い、スタートライン真ん前へ。

周りを見回すと。。。Dが教えてくれた2位、3位候補のゼッケン番号なんてもう全然覚えてない〜(笑)!!!
ただ「脚」や体つきで速そ〜な女性ランナーをチェックしておいて。。。後はスタートしてからだ!と開き直り。。。
(い〜加減なのよね、このへんが。)

CocoさんやTazさんが写真を撮ってくれた(ありがとう〜)♪
DSC01573.JPG

相変らずニタニタしてる。。。笑。

DSC01574.JPG

<スタート〜5k:20’19>

DSC01582.JPG
私のとなりの青いウェアのコが達矢のライバル、イケメン若者くんのライアン。達矢のとなりがBrian。

いきなり達矢とイケメン若者くんはやっぱりトップに踊り出るが、まだまだ余裕でウォーミングアップ。お互い何やら世間話しながら走っているのが見える。
Brianと男性2人ほどがその後続く。Brianはやはり入りが速い。
このコースは始め10kくらいまでは下りで後はず〜っとほぼフラット。初めの6kまでの道に戻ってそのまま同じ道をゴールまで登って帰ってくるため、そんなにキツイ坂ではないんだけどラスト5kくらいが苦しい。最後にタイムが落ちるのを見越して速く入ってるんだろうな〜。と思いつつ、無理には付いていかなかった。

そのかわり、一人の女性ランナー(3〜40歳代か。。。?)が私の前を走る。
Dがマークしていたランナーかどうかはわからない。。。ゼッケンも見えないし。
やけに速くて、入り4k位まで、4分を切るペースで走っとる。。。!?
んも〜。。。orz でたよ。やっぱり、「とんだ伏兵」ってやつか?
しかし今日はタイムよりもまず500ドル。。。いや、勝負だ(笑)。
あんまり余裕こいて間を開けられても後で苦しくなってイカン、とそのまま付いて行くことにした。

RFW Maraphoto5.jpg

6〜7k地点まで2回ほど給水地点を過ぎ、私はまだ必要ないので取らずに通過。
彼女はしっかり各所で取っていたが取り方も悪くない。
スピード落ちないし、こりゃ〜、苦しいレースになるのかい〜???(大汗)。。。と思いきや、ふと6〜7kをすぎる頃からペースが落ちてきて、すっと何げに抜くと、そのまま付いてこなくなった。
後で記録を見たら、30〜39歳カテゴリーの人で3時間36分でゴールしていた。
結局そこからゴールまではず〜〜〜〜〜っと、一人旅。
いや、厳密に言うと、バイク・エスコートのおっちゃんとの二人旅。
自転車のチェーンの音だけがカラカラと響き渡る、静かなロードをただただ、淡々と歩を進める。。。

さっきの女性ランナーを抜いて2kほど行くと、バイクのオッちゃんが2位の女性はもう1分20秒くらい開いているよ、と教えてくれた。

そしてまたしばらく進んで10k地点あたりか。。。?
「You opened up the lead! Good pace!(差はもっと開いたよ! いいペースだよ!)」
と教えてくれた。

<5k~10k: 21’12 (10k通過41’31)>
そうか〜!これがバイクエスコートが着くことの強みなんだな〜!!!とシミジミ。
何しろ初めてなので、その「存在」に始めは慣れない。
カラカラ・カラカラとチェーンの音が響き渡るし、私の前を先導しているときはチラチラと後ろを振り向いて位置を確認するので目があったり、私よりも後ろ〜の方を見ているのがわかると、「げ。2位のランナー近づいてるのかな〜!?」と焦ったりもする。

だけど、確か15k辺りでも2位との距離を確認してくれて、「4分20秒ほど開いたよ!」と聞いた頃から、このオッちゃんが居てくれることがとても安心につながって、単調な道も気持ちを繋げることが出来たんだと思う。途中別の先導バイクの兄ちゃんも来て、
「端っこが走りにくかったらもっと真ん中に寄ってもいいんだよ〜!」
とか、とてもありがたいサポート!

<10k~15k: 21’28 (15k通過1’02’59)>
今回はコース上に他に目に入ってくる珍しいものもないので(笑)、コースマークもはっきり識別でき、1k毎にボタンも押せて、タイムもチェックしていた。
15k位までは4分20秒台に落ちたのが2回ほどだけで、ほぼサブ3ペースを維持していたので、良い感じだった。
景色は全く変化のない平原ばかり。。。orz おまけに肥料の香りがプ〜んとただよい、細かい虫がたくさん飛んでるエリアもあって、口を開けてるとうぇ〜〜〜orz!というトコロも数カ所あった(汗)。

でも、農場に隣接する数少ない住宅を通り過ぎるたびに、その家の家族だろう。。。みんな総出で応援してくれている(涙)。
フルのランナーしか通らないトコロだと、200人ちょっとしか通らないし、しかもレース序盤だとポツポツしかランナーが来ないのに、ちゃんと待っていてくれて、私のピンクのウェアがきっと遠くからはっきり見えていたのか、まだ近づいていないのにカラカラとベルを慣らしてくれたり、大声を出して応援してくれた。
エスコートのオッちゃんも片手をグルグルまわしながら、

「Top Lead Female!(女子のトップランナーだよ!)」

と盛り上げてくれる。
もうそれがすっごく嬉しくて、一人ひとりに「Thank you~!Thank you!~」と声をかけた。

<15k~20k: 21’44 (20k通過1’24’43)>
ここら辺から、同じリズムで走っているつもりなのに、キロ4分10秒台後半を保つのが苦しくなってくる。
でも、ハーフ手前で、一人の女性ランナーが見えた。
このレースでも自己申告でフィニッシュするのに時間がかかりそうなランナーは6時のEarly Startで私達よりも1時間前から走っているのだ。その6時スタートとおもわれる、ゆっくり走るランナー達をこのあたりからポツポツと拾い出す。
そしてこの女性ランナーに近づくと、ど〜もどっかで見たことがあるような。。。?
追い抜きざまにチラッと顔を除くと、いつも通勤ランですれ違う、BC トランジットのバスの運転手、Cathyだ!

「やっぱり〜!そうだと思った〜!Cathy~!」と声をかけると、Cathyも

「Hi, Rika~!」と元気に答えてくれた♪

これもすっごく嬉しくて、おかげでまた元気が出て何とかサブスリーペースに復活。
この頃、バイクのおっちゃんもさすがにこの後よっぽどのことがない限りこのままゴールまでいけると判断したのか、

「名前はなんというの〜?」と聞いてきた。

おっちゃんは「Barry(バリー)」と言った。

ハーフ通過は、秒まではっきり見えなくてボタンも押さなかったんだけど(マットがあったのでオフィシャルの方で見れるだろうと思って!)、1時間29分台。
まずまず。

「このままキープ。上げなくても良いのだ。」

と言い聞かせる。

バイクのBarryも、

「Yeah, Rika! You’ve come to halfway already! (里香〜!もうハーフまで来たね〜!)」

と声をかけてくれた。

「イエ〜イ♪!このまま行けるといいんだけど〜!」

と調子にのって答えていたのだが、23k過ぎ頃からラップはポツポツとキロ4分30秒台を叩いていて、時計を見てびっくりしていた(^^;)。

<20k~25k: 21’58 (25k通過1’46’41)>
一人、ごっつい筋肉のおっちゃんランナーに颯爽と抜かれる。
6時スタートのスローランナーがこんな速さで抜いていくわけはないし、前半パワーを温存してたんだな〜。。。いいな〜(汗)。。。と思いつつ、こっちは上げれない。

あとで聞くと、Dがマークしていた持ちタイム3時間3分のオヤジだったらしい。
なるほどね。底力あるはずだ。

そう、この辺から疲れもでてきたせいか、やけに向かい風が強くなってくるのが感じて、前に進みにくい。
行く先はひたすら同じ景色。
曲がり角が何度かあるのはわかっていたが、もうどこをどっちに向かって何回曲がっているのかもわからなくなってきた。
でもCocoさんが2回ほど曲がり角でカメラを構えて応援してくれていて、大きな声で声をかけてくれて、その時は本当に力がでた!

DSC01623.JPG
ご覧のとおり、周りにはなんもなし。。。orz

DSC01596.JPG

各給水ポイントでも、ボランティアの人たちにはたくさん声をかけてもらって、大きなパワーをもらえた。

DSC01615.JPG

<26k~30k: 22’49 (30k通過2’09’30)>
向かい風、最高潮。
ラップもキロ4分30秒を切るのでさえ難しく感じていた。

「なんでこんなに落ちるかな〜。。。フラットなのに!(泣)」

となかなか進まない苛立ちを感じつつひたすら前に進むことだけを考える。

バリーも、単調なリズム、強い向かい風にすったもんだしている私の気持ちを紛らわそうとしてくれているのか、給水で大声援を受けた後などに、

「すっごい人気者だね〜!(^_−)−☆」とか、

「あれは多分僕を応援してくれてたんだよ!(*^o^*)」

とか、おどけて雰囲気をフッと明るいしてくれたり。。。とてもありがたかった(^-^)。

暇つぶし、気分転換にゼッケンの裏にテープで貼っていたエナジービーンズを何度か口に放り込む。
脚が攣りそうな雰囲気はまだなかったが、念のため釣りどめの漢方薬は30k辺りで服用しておいた。
あとは残った5hour energyを時々チビチビと(笑)。

<31-35k:23’08 (35k通過 2’32’38)>
通過距離だけはマーカーからわかるけど、あまりにも延々と続く同じ景色にもうどの辺を走っているのかさっぱりわからない(T_T)。
遙か彼方に、さっき抜かれたオッちゃんの赤いウェアの背中がかろうじて見えるだけ。。。
でも35k手前。。。33k辺りで去年と同様、ハーフのコースと合流するのはわかっていた。
そしてここからはゴールまで軽いイヤ〜な登りが続くのだ。

しかしここからゴールまでもエスコートのBarryに感謝!
とにかくゾロゾロとゆっくり走るハーフのランナー達に

「Top lead female!!! Full marathon lead female!」

と大声で怒鳴り散らし。。。いや(笑)、声をかけまくって道を開けてくれるのだ!

これが感謝すべきことであるのはわかるんだけど、こっちももうポンコツ寸前(^^;;

またまたバンマラのスタンレーパーク後半のように気持ちだけイケイケなのに脚が出ない状態の再現だ。

しかし道を開けてくれるハーフのランナー達は、例外なくみんな自分もツラいところなのに、

「がんばれ!」とか、
「Way to go, girl!!!」とか、
時には「イエ〜イ!!!! ヒュ〜ヒュ〜♪」

と大声を発して手まで叩いて応援してくれる!

そんな熱い応援にヘロヘロの腰落ちまくり状態のなさけない姿で無視して通過できるわけがない(←意地っ張り。。。笑)!

もう必死で「サンキュ〜」!とか、
「一緒にがんばろう〜」と応える。

通り過ぎてから声をかけてくれる人も少なくないが、こっちも後ろは向いてられないので、手を上げ応えたり。。。(^^;;
手を上げるのもしんどくなってくるので、軽くサムアップだけ、とか。。。

RFW Maraphoto12.jpg

そうこうしているうちに、姿勢を変えた瞬間にふくらはぎが交互にゴロっときて、「ヤバいっ」とフッと力をぬいてクランプストップをシュ〜!(笑)

ラップは。。。もうキロ4分30秒台のオンパレード(泣)。


<36~40k: 23’19 (40k 通過:2’55’27)>

「Barry~...笑!むしろ抜かしにくくてもコッソリと、悶々と集中して走りたい。。。かも。。。?^^;」

と、大声張り上げながら道を開けてくれるBarryを横目に一瞬思ったりもしたけれど(笑)、もうあと3k、2k、1k。。。!

そんなこと言ってられない程に沿道の応援が最高潮に。。。。!!(◎_◎;)

普通にトップじゃなくてももうゴール近くになってくると沿道の応援はすごいものだけど、この日は半端じゃない!
こんなローカルのレースなのに。。。。!

タイムはせめて何十秒かでも自己ベストを出せるものなら出そうと思って走ってきたけど、そのうち。。。

「もういいやー!今日は「今のこの瞬間」を味わおう〜\(^o^)/」と決めてゲロゲロ・スパートもやめた!

何とか余裕の顔で、せめて笑みは浮かべよう〜、とかいつもとはぜんっぜん違うゴール前の心境(笑)!

「女の子1番で帰ってくる母ちゃんを見たら、茉優はどう思うかな〜♪」とか、

「も。。。!もしかして、そう言えばゴールテープとか、切れるのか〜っ!??フルでの総合優勝。。。ほんとにできちゃったんだ〜!」などと雑念に思いを巡らせつつ、

ホームストレッチで沿道に手を振りまくったりガッツポーズをしながら、この「瞬間」を思う存分楽しみました〜。m(_ _)m。笑!

RFW Maraphoto8.jpg

タイムは。。。掲示板が見えた時にはもう3時間7分44、45。。。とかなっていて、瞬時に、あ〜やっぱり自己新は無理だったな、と思いましたが、それはそれ。

今の実力ではやっぱりこのあたり、ということです。それにあんなに楽しませてもらったんだもの〜!
文句は言えないわ〜。

ゴール後は着替えてから、Barryを見つけてお礼を言ったり、そのへんをウロウロしながら表彰式を待つ。
P1520635.JPG

P1520641.JPG

P1520630.JPG

イッちゃんもやがて自己新記録更新で無事ゴール!

お疲れ様〜♪
DSC01648.JPG

CIMG3087.JPG
二人で表彰台に上がるのは初めてだ。。。(+茉優も。。。もちろん(笑))
インタビューする人もまずそれに驚いていた。

CIMG3089.JPG

CIMG3093.JPG

レース後はもちろん!
給水会~!!!
コキットラムまでイッちゃんとCocoさんが来てくれて、纏寿司で乾杯!
P1520646.JPG

途中からmさんも参加してくれて、とても楽しい給水会となりました!

<これからのこと>
結局、起伏のあったバンマラでも、フラットのRFWでも、そこそこ同じ位のタイムに終わったことになる。
て〜ことは、起伏はあまり私には関係ない。。。??
最後の35〜40kも、バンマラではスタンレーパーク後半のほぼフラットで、今回のRFWでは軽く40mほど登っているのにも関わらず、まる1分近く今回のRFWの方が速く通過している。
これはやっぱりバンマラでは前半の坂で脚の疲労が溜まったのだろう。
どちらにしても、まだまだサブスリーのペースをゴールまで引っ張るチカラが足りないことは事実。
この春の2戦でそれがよ〜く!わかりました。

今のところは後半のペースが落ちすぎだけど、今後のレースで前半のペースをこれ以上落とすつもりはありません。
ハーフ+αの距離まではそれほど無理なくこのペースで行けるのだから、その持久力を伸ばせばいいだけのこと。

この夏こそ、基礎走力のアップを徹底的に図りたい。...と、毎回言ってるような気がしますが(^^;)

今回はこれまでと違って、一度、

「リセットしてイチからまた脚を作っていく」ことをやってみようと思います。

これまでは結構レース直後から筋肉痛が取れかけですぐに通勤ランを始めたり、普通にいつもの練習を再開していましたが、今回はまず完璧に疲労を取り、じっくり脚を作る土台固めからやり直します。

そういえば、初期のレースではレース直後に腹筋や背筋がよく攣りまくって、ゴール際でのた打ち回っていたものだけど(笑)、この春の2戦は全く大丈夫だった。
これは腹筋・背筋が少しは強化できてきたからかもしれない。しつこいくらい毎日やってきていたから。。。(笑)
そう思うと、脚が攣ったりするのも、まだまだやっぱり鍛え方が足りない、土台ができていないのかも、と感じています。
なので、この夏は補強運動としてはもっと積極的にランジやスクワット、カフレイズなど、脚の筋肉強化を図り、基礎走力のアップには、より多くのLSDを入れてみます。
これまで、時間がかかるのと「速く長く走るほうが大事だろう」と考えて、「やるならペース走」とばかり思っていましたが、まずは「LSDで脚をつくる」ことの大切さをあちこちから聞いて。。。
「そうか、それはこれまでやってなかったな。。。」と。
このまま同じ事やっていてもタイムはおそらく大幅にはアップしないと思われるため、いろいろと違うことを試してみることにします!

とにかく、これで春の連戦はひとまず終了。
ホッと一息つきたいところなんだけど、
つぎのレースは10月7日のビクトリア・マラソン。
実際もうきっちり4ヶ月くらいしかない。
しっかりイチから脚作りを始めるのなら、もうそろそろ始めないといけないのだ(驚)!
そうすると、休養を取るなら「今しかない」ということになる。。。

このレースがまたとても楽しみで、ランニング・スマイル・メンバーのMさん、Kさん、達矢そして私が少なくとも出走するので、チーム登録もできる。
4人以上の登録で一番速い4人の記録の合計で表彰されるのだ。
そしてさらに!
初めて「夫婦登録」もしてみる予定(笑)。
もちろん、個人的な目標は「サブスリー」に変更ありません!

7月、8月は仕事でまた海外出張なども入っているため、忙しくなりそうだけど、時間を見つけてしっかり10月のレースまでのスケジュールを考えて、取り組んでいきたいとおもいます!

CIMG3095.JPG

RFW Maraphoto10.jpg

このレースもまた、一生忘れられないいい想い出となりました。
ありがとうございましたm(_ _)m。


posted by Qta at 07:03| バンクーバー ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

2011年Seattle Rock’n Roll Marathon

2011年Seattle Rock’n Roll Marathon(フル5戦目)

P1450614b.jpg

タイム:3時間14分34秒
順位:総合114位/3520人、女子総合12位/1641人、年代別:1位/119人、
マスターズ部門:1位

5月1日のバンクーバーマラソンから4週間後にRun For Water、そしてそのまた4週間後にこのシアトル、と春の3連戦が終わった。

最後のレースは記録こそセカンドベストだったけれど、自分的にはこれまでフルを5戦走ってきてやっと少しマシなレースができたという満足感でいっぱい!

第1戦2010年5月バンクーバーマラソンは初マラで浮き足立って最初っからペースも考えずに飛ばしてハーフ以降に足がツり、撃沈。でも完走できただけで幸せだった〜♪

第2戦2010年10月17日Nike Women’s マラソンは、無謀にもサブ3狙いのKottさんとどこまでもついて行きたい一心で長い下りを飛ばしすぎて、やっぱりハーフ手前で足がツリ、おまけに34k地点でトイレによるタイムロス。第1戦よりはタイムはよかったけど、レース内容はボロボロ。。。orz

第3戦2011年5月1日バンクーバーマラソンでは、それまで走りこみは十分だったし、冬から春にかけてのFirst Half、5k、8k、10kSunRunとスピード刺激も入れてきたけど、スピード「持久力」は疑問符のまま、しかも前前夜祭、前夜祭とレース前に外出が続き、なんとなく落ち着かないまま、しかも新しい靴下を履いて足裏が靴の中で滑る。。。という走りにくい状況でやっぱり足がツリかけ、半撃沈で自己ベストとはいえ国際レース資格基準の3時間15分にわずかに届かず。

第4戦2011年5月29日、地元アボツフォードでのRun For Waterでは、フラットで走りやすいコースとはいえ、バンマラ以降のこの短期間で走力向上は期待はしていなかった。でももっと「効率の良い、足を残す走り」を自分のものにしたくて、ロングペース走のつもりで出走。しかしレース前日・当日朝の食べ過ぎ、調整失敗で27k地点でトイレ駆け込み。。。orz  
でも最後まで足がツることもなく(つりかけたけど)、これまでで一番のStrong Finishができたと思う。

そして第5戦。2011年6月25日のシアトル ロックンロールマラソンを迎える。

このレースも本番2週間前にシアトルへ行って、車両専用道路のハイウェイ以外はコースを試走して景色や坂の傾斜、路面の感触などを身体や足に染み込ませた。。。
そして本番ではやはりこのとき試走できなかったハイウェイで最も面食らって苦しむことになったが。。。(T_T)。

P1440482.JPG
2週間前の試走。コース序盤。

今回だって走力が上がっていないのは承知済み。
ミラクルは起きない。
それまでやってきた練習は嘘をつかない。
やってきたことしかできないはず。
今の自分の実力が最大限に出せてやっと3時間一桁か。
ただこれまでどのレースでも調整がうまくいった試しが無かった。トイレも気にせず、足もツることなく走ってみたい。
後半ガンガン押せるStrong Finishというものをしてみたい。
それが今回の課題だった。

シアトルまでの4週間も、ひたすら30k、35k以降にバテが来ないよう、距離に体や足が慣れるように、レース三日前までに320kほど走りこんだ。ちょうど体重と体脂肪ももう少し落としたかったのでガンガン走った。

スタートは7時。Corral1。
P1450457.JPG

同じホテルに泊まっているKottさん、そしてホテルの「パーキング」に仮野宿号で泊まっていたYoshiさんと、5時にギアチェックだけ済ませてまたホテルに戻る。

P1450408.JPG
レース当日の朝5時。

すでにあんずさん夫妻がスタート地点に来ていて、写真などを撮った。

最終身支度を済ませ、トイレも気が済むまで済ませて(笑)、6時半頃、最前列のコラル1へ。

P1450414.JPG
レース前のゆったりひととき。。。

今回最重要課題であった「食べ過ぎない。普段と同じくらいの夕食、朝食で」というのは、結果から考えると(トイレに行かずに済んだ、行きたいと思った瞬間が一度もなかった)、うまく行ったのだろう。

朝食は家から持参したシナモンレーズンベーグル半分と、ウチで焼いたメープルシナモンブレッドを厚切1枚の半分にNutellaを塗ったくったもの。コーヒー一杯。

いつも5hour energyをレース30分くらい前に飲み干すんだけど、Kottさんから

「イノシシスタートしちゃうなら、ハーフ以降に飲んでみたら?」

と言われたので、なるほど~!と思い、今回はスタート前に飲まずに手に持って走り、ハーフ以降からのどが渇けばそれをちびちび飲む。。。という感じで走った。
これはなかなかよかったかも。
レース中も序盤は給水はほとんど取らず。涼しかったし、あまり汗はかかない方なので、「口にするだけ」と言ってもいちいちもらってこぼしながら飲むのは疲れるし。。。
後半も設置の給水は殆ど取らずに(1〜2回は気分転換にとったかな)この5Hour Energyだけですんだ。

スタート地点に戻る途中、Yoshiさんそしてエルビス前村さま(笑)と合流して記念写真の後、間もなくスタート。

P1450431.JPG
スタートラインにて。

直後からKottさんはドヒュン〜っ!と前方に消えてしまう!
あれがサブスリーのペースなんだな〜と感心しつつ!しかしムキになってついて行くと後で潰れるのは目にみえてたので、おサルさん(おっと、今回もサルコスは封印されてたので「人間Yoshiさん」だった)と落ち着いてラブランスタート。
この日の課題はサブスリーではなく、あくまでも足を残したStrong Finishを実現させること!

アメリカのレースなのでやっぱりキロ表示は無く、マイルごと。。。キロ表示は5kごとにやっと出て来た。
周りのペースは早い。しかしとにかく足を残すことが課題だった私は焦らずに歩を進めることだけを心がける。先は長い、焦らない。。。と自分に言い聞かせ。。。

Yoshiさんはマイルごとにガーミンをチェックし、ペースを知らせてくれた(でも何故か途中でガーミンの調子が悪くなったようだけど。。爆!)
ほぼ3時間10分でゴール出来るペースからなぜかずっと10秒遅れだったけどほぼイーブンでハーフまでは特にキツく感じることなく、あっという間にフローティングブリッジ手前、9マイル地点辺りのDとmの応援ポイントへ。
まだだと思っていた私はすぐそばにいたロックバンドの演奏に気をとられてて声をかけられてからやっと気付いた!

フローティングブリッジは思ったとおり強風!
でもYoshiさんてば、「後ろにつくといいよ!」と風除けを買って出てくれて!やさし〜♫(#^.^#)
じゃ、遠慮なく〜、としっかりとYoshiさんの背中を見ながら橋を渡る。

しばらく行くと、折り返してきたトップランナー達とすれ違い、Kottさんもやってきた!
女子で。。。あの時点で6位くらいだったか!

渡り切る前の折り返してしばらくするとらっきさんとすれ違う!3時間20分のペーサーの前後にいたような。。。!

そして間もなくイチローさんとも!(^_-)
イチローさんとは前日のランチでも会えなかったので、やっとレース中にご対面〜。
「やっと会えたよ〜!頑張って〜!」とエール交換。

橋を渡り、トンネルの入り口ではホリ〜さんともすれ違えた!
このコースは折り返す部分が3箇所あって、みんなとエール交換がたくさんできるので楽しかったし、心の支えになったなぁ!

さて、橋を終えるとまたハーフのコースと合流し、ハイウェイのトンネルに突入してここからは試走してない部分に差し掛かる。
若干の上りがだらだら続く。トンネルの中を、それも高速道路の「車道」を自分の足で走るのは生まれて初めてかも。。。?
車でしか通った感覚しかないので、進むのが非常に遅く感じるのだ。精神的に疲れてくる時期に嫌〜な感覚。

トンネル内でハーフ地点を超え、後半へ。
以前、Yoshiさんとのラブランは続いていた。
トンネルを超えてもハイウェイは続き、予想していたよりもキツい上りや下りが交互にやってくる。。。それも長いのだ!
車で一回だけ通ったけど、やはりだめ。車じゃその坂の長さや傾斜は全然体で覚えられない。

ハイウェイが一旦終わる、16マイル地点(25kちょい)からまた試走はしていたのだけど、そこへ着くまでの距離感がなく、「まだだっけ、まだだっけ?」と気持ち的にも疲れてきたのかもしれない。
「ハーフまでは押さえて大人走りする」と言っていたので、Yoshiさんがペースを上げたのか、
私が若干落ちたのだろう。。。少し差があいてくる。
しかし「まだ先は長い。勝負はもう一つの橋を折り返してきた19マイル(30k)以降。」と無理して追わないようにする。

ハイウェイが一旦終わり、試走した25k以降の部分に差し掛かる。。。

このあたりで、私とYoshiさんとの差をネットでトラッキングしてくれていたリンク友のみなさんの間ではいろいろな憶測が飛び交っていたらしい?(笑)。。。私がまたトイレに駆け込んだか、とか、足つったかも。。。?とか!(笑)。

ここからしばらく、もう一つの橋を渡るまでまた長い上りが続くのだ。。。orz
この上りの途中で、3時間10分のペーサーに追いつかれる。
あちゃ〜。。。orz.
前半やっぱり抑え過ぎたのかな〜!?
10人くらいのランナーがくっついていたか。。。?私も、ここからまた頑張って付いて行こうとしばらく波に乗るようにペーサー軍団と坂を登る。。。Yoshiさんとの間は若干縮んだか。。。?
しかしそのうち、やっぱりついていけずに私は脱落。。。
やがて前方でYoshiさんもペーサー軍団に吸収されるのがみえた。
その後橋を渡り、折り返し、またさっきのハイウェイのトンネルに入るまで、Yoshiさんはペーサー軍団と一緒に走っているのが見えたので、調子はよさそうに見えた。
このまま追いつけないかな〜!とも思ったくらい。

二つ目の橋は行きは軽い下り。渡りきってから折り返して、逆に軽い登りが続く。この「軽く」が、この28〜29k地点ではかなりキツイ。
この折り返しでも橋の上でKottさん、らっきさんとすれ違った。ふたりともキツそうだ。

橋を終えると、やっとさっき登ってきた長い上りのご褒美に長〜い下りに差しかかる30k地点だ。
イッちゃんともこの辺でまた会えた!
「走れ、Qta!走れ〜!」とゲキを飛ばしてくれる!
「イッちゃんも頑張れ!」(ヒトのこと言うてんと自分も走れ〜!)とゲキを飛ばしあう(笑)。

いよいよだ。これまで我慢して残してきた足を使うところに来た!
私の足はまだ使えるのか?それともやっぱり疲れてしまったのか?
ツリそうな感じは若干あるけど、前回のRun for Waterのレースの30k地点よりかは足は残っている感じはする!
前には3時間10分のペーサー軍団とおサルさんもまだ見える。あれを目標に、ここからペースを上げるのだ。

下りをタンタンと降りていき、またトンネルに突入。
「まだ行ける、まだ行ける!。。。ここから、ここから!」と自分に言い聞かせながら、トンネルを抜けると。。。あれ!?

Yoshiさんがガードレールにもたれてストレッチとかしてる。。。!?

「足つった!?大丈夫!?」と声をかけると、

「大丈夫。。。ちょっときつくなっちゃって、Qtaさんと一緒に行こうと思って待ってた」と。

「そうなんだ〜!」

そしてここからしばらくまた併走。
休んだとは言え、そして待っていたとは言え、追いつかれた方と追いついた方では気持ちのゆとりも違うかもしれない。
私はまた前半のように併走できるパートナーができたと思えて、心も少し軽くなり、少なからず足取りも軽くなった(ように思えた)。

残りは7kほど。。。
ゴール数百メートル前までず〜っとハイウェイだ。
ここもまだしつこく長〜い上りや長〜い下りが延々と続く。。。
でも足は残ってる!実際ペースが上がっていたかどうかは分からないけど、自分的にはダイナミックなフォームに切り替え、リズムよく力強く走れている感覚はあった!
少なくともRun for Waterのレースの時以上は。
35k地点でのこの感覚はとにかく嬉しかった!
ガンガン行けるという程ではないけれど、これが「足を残す」という感覚なんだ!と初めて実感(泣)。もうタイムは良くなくても、この実感を自分のものにしただけでも「収穫あり」だ。
「後はお昼の8kランよりも短い距離だけ。。。!」と何とかプラス思考に持っていく。

このあたりから、さっき3時間10分のペーサーにくっついていた集団がだんだんと脱落していったのだろう。。。立ち止まってストレッチをしたり、歩いているおっちゃん達を二人ほど抜いただろうか。

36k地点を過ぎるころ、横目にゴールを見ながら、そのまま通りすぎて折り返してからもどってきてゴール、というのは知っていた。。。。

知っていたが!

あんな長くつら〜い坂が待っているとは知らなんだ〜!!

フラットで、通りすぎてからすこ〜しして折り返して、ゴール、と思っていたので、折り返してくるKottさんとまたすれ違うはず。。。と思っていたけど、進めど進めど見えてこない。。。

うそ。。。こんなにあるの?ここ。。。(汗)。

前を見通せるところに来ると、長〜い下りがあって、コースであることを示すコーンが延々と続いているのが見える。。。しかも折り返すところが見えないくらい遠い!。。。ガーン!

下り坂の中盤で、Kottさんとすれ違った!。。。辛そうだ〜!
「Yuさん!頑張って〜!!!」と声をかけると、うなづいてくれた。。。
そうだ、みんなツライんだ!と何とか気持ちをつなげて。。。この下りを後で登って行かないと行けないのね〜(泣)とゾッとしながら。。。下りきってからもフラットで最後の折り返しまで結構あった。

Yoshiさんは。。。?すぐ後ろにいるのかどうかも分からない。。。

後ろを振り返る余裕さえない。
(後から、「僕はQtaさんが遅れたハーフ過ぎのころ何度も振り返って心配したのに!」と言われてしまった(大汗!)。。。ごめ〜んっ!(笑))

Yoshiさんとどれくらい離れているかは、最後の折り返しを過ぎてからやっとわかった。
かなり遅れて、そしてつらそうだった。
「頑張れ、頑張れ!」と最後のエール交換。。。
最後の坂を登る直前、結構年配の男性ランナーを追い越す。。。「You, Keep it going!!!」と声をかけてもらった!
そう、コレを登れば!もうゴールは目の前!
つらそうならっきさんともすれ違い、元気をもらって、やっとハイウェイを降りる。ハーフランナー達が連なっているので、どの道を通ってゴールするのか、よくわかった。

フルのレーンとハーフのレーンが分かれていたので、最後までラストスパートもスムーズにできて走りやすかった。
ナイキの時はハーフもフルもごっちゃでゴールだったので、でっかいオバチャンたちを避けるのが大変だったから。。。(汗)!
前にしんどそうな女の子がいる。。。あの子は抜けそうや!と最後にスパートかけて抜き去り、ラストの角を曲がる所にタイムの掲示板があった。3時間12分を過ぎていた。。。そしてゴールまでの直線へ。

数十メートル手前でDとmが応援してくれていたのがわかった!
やっとゴール!

時間は3時間14分34秒。

自己ベストならず。

しかし自分のこれまでのレースの中では最も上出来のレース!!!
この起伏の多いコースで、前半と後半の差が4分50秒だけで済んだのだ。
ちなみに、5月1日のバンマラは前後半の差が12分19秒、
5月29日のRun for Waterは、それが縮んだものの、6分20秒と6分以上あったし(トイレ時間を抜いても!)。

欲を言えばこれで3時間10分切りが出来ていれば最高だったけど、バチがあたるよね。
やっぱりもっと走力の底上げが必要。
サブスリーはまだ遠い。絶対的に足りないのはスピード持久力。
これをこの夏、何としても手に入れる。。。と、とても燃える気持ちで終わったレースだったのでした。

それともう一つは、やっぱり下見ランの大切さ、有利さ。
このレースでよくわかったことは、レースサイトのElevation chartという坂の傾斜を示す図は、あまり参考にならないということ。
グラフでものすごい角度で示してあっても、実際には短く一瞬でガーッと上がるだけで大したことなかったり、逆にグラフではなだらかで大した傾斜ではなくても実際には長く辛い辛い登りでゲロゲロに苦しまされたり。。。今回はまさに後者のパターン(^_^;)。
普段は車専用のハイウェイをレースで走るなんて、気持ちいいだろうな〜♫なんてお気楽に考えてたけど、路面は固いし坂は上りも下りも長ったらしいしカーブに来ると競輪場のように路面が斜めになってて走りにくいし!
今回も靴はいつも練習で履いているNewtonのトレーニング用のもの。これがあの底の薄いターサーを履いていたら、きっと足の裏が痛くて減速してしまっていたと思う。

とにかくレース本番で「ガーン!」と精神的に打ちのめされるようなことを最小限に食い止めるためにも、体や足にコースを覚えこませることはとても大切だと思いました。

そしてポストレースは、お待ちかねのフリービール〜!!!♪
あ〜、アメリカのレースは違うな〜っ!
もうそれこそ、至福の一杯でした!

P1450481.JPG

レース後の給水会もこれまた最高!
Public Market近く、海の見えるのレストランで、オイスターやら肉やら、そしてもちろんまたビール、と楽しいおしゃべりであっという間の最高に幸せな時間を過ごせました♥

P1450520.JPG

P1450529.JPG

259849_1818677467969_1271108882_31547344_4517512_n.jpg
らっきさん(のカメラでの)撮影〜!?

もうやめられません、ランニング!

2011年シアトル・ロックンロールを一緒に走った、Kottさん、らっきさん、あんずさん、Tedさん、ホリーさん、イッちゃん、Cocoさん、エルビス前村さま、そして誰よりもレース上で長い時間を共有したYoshiさん!
ほんっとうに楽しかったです!ありがとうございましたm(_ _)m。

またいつかレースでご一緒できる日を楽しみにしています〜!

P1450610.JPG

P1450501.JPG
そして、応援部隊もお疲れ様〜!

以下、エキスポや前日のランチで撮った写真など〜♪

P1450216.JPG
これまでのレースで一番でっかいエキスポだったかも!?

P1450218.JPG

P1450239.JPG

P1450269.JPG
ヅラとバルーンのギターがそばに置いてあった。。。(汗)!

P1450193.JPG
電車とバスの両方が止まる駅。。。!

P1450186.JPG
ウォーターフロント沿いのパブリックマーケット。

P1450180.JPG
美味しそうな魚がいっぱい!

P1450163.JPG
ロブスターテイル!

P1450167.JPG


P1450304.JPG
レース前日給水会ランチへ!Water Taxiで向かいます。

P1450297.JPG

P1450322.JPG

P1450342.JPG

P1450348.JPG

P1450363.JPG

P1450364.JPG
遅れてきたYoshiさん。。。!

P1450401.JPG
デザートぉ〜〜♪



そして、以下はビデオです〜。

スタート
http://www.youtube.com/watch?v=WwM6_VLSlMo

9マイル地点
http://www.youtube.com/watch?v=QmyRZ9ByG24

ゴール
http://www.youtube.com/watch?v=uiIMiXqevyk


P1450317.JPG
シアトル。。。素敵な街でした!

また、走るときが来る。。。かなぁ。。!?
(あのコース。。。しんどかったなぁ。。。笑!)





posted by Qta at 02:09| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

2011 Run for Water フルマラソン

2011 Run for Water フルマラソン。人生4回目のフル。
記録:3時間12分04秒
総合順位:6位、女子総合2位、女子年代別1位。
自己ベスト更新。

バンクーバーマラソンからわずか4週間。
バンマラの次はてっきりシアトルRock'n Rollだと思っていたのに、突然Dから「遠征費用稼ぐぞ!出ろ」とのお達しが!(T_T)
え〜〜〜!!!(T_T)
タイムは今のままでええんや!悪くても2位は取れるレースや!と。

コースの下見にとDの試走に車で付き合った時は、
「げ〜。。。なんて単調で退屈なコース!絶対走りたくね〜!!!」
と他人事のように思っていたのに、まさか自分が走ることになるとはっ!!!(汗)。。。しかも「賞金GET」という使命まで。

P1430729s.JPG

念のため、レース前日のパッケージピックアップの際に再度コースを車で回る。。。

P1430748s.JPG

P1430751s.JPG

トップグループの過去の戦績を調べるのが得意なDは、自分のライバル達はもちろん、女子のランナーまで一人一人、毎日誰かがエントリーしてくるたびにクマなくチェックしてくれていた。
3日くらい前までは、速くてもサブ3.5を切るランナーはいなかったようだけど、ギリギリになって入ってきた。。。2〜3年くらい前までバンマラやビクトリアマラソンなど、軒並み連覇や上位3位までに名を連ねていた超エリートが。

Dは、今年のバンマラは出てないから、きっと故障か調子が悪かったに違いない!とあれこれ想像していたけど、いくらなんでもそんなエリートについて行く気は無い。
ここは自分の目指す走りに徹するのみ。
それは、後半の落ちが少ない走り。
始めは飛ばさず、「足を残す」走り。
今回のペース設定はキロ4分30秒と遅め。
それでもイーブンで行けば3時間10分の自己ベストが出る。
あくまでシアトルに向けてのロングのペース走として位置付けて、サブスリーは狙わない。

レース前の体調、調子は。。。
バンマラ前にそもそも走力が落ちたような感覚がぬぐいきれず、バンマラ後、筋肉痛からの回復に時間がかかり、練習再開時には体や足はかなり自分が理想とする「軽快な走り」からは遠ざかっていたと思う。
自分の走力の土台になると信じる通勤ランを再開し、先ずはこのレースまでに前のように通勤ラン週3〜4回、2部練で午後は短いがペース走を一日おきに入れれるくらいの練習を普通にこなせるようになろうと緊急短期練習プランを立てる。

案の定、通勤ランを再開した第1週目は、あの激しい起伏からのものすごい筋肉痛が。。。(汗)。
バンマラの筋肉痛がやっと治ったと思ったら今度は通勤ランからの筋肉痛に2~3日苦しむ。
タイムも断然遅い。速く走れない。ハムの裏の張りが若干残っているような感覚もある。

でもやっと筋肉痛も消えた2週目には、ようやく前と同じくらいのタイムで会社に到着し、そして午後も普通に痛みや疲労を感じずに2部練ができるようになるまで回復していたのでホッとする。

体重は、結局劇的には減ることもなく、バンマラ前後の暴飲暴食から若干増えたのが元に戻ったという程度。。。
まあ、もともと上下動はものすごく少ない方なんだけど、シアトルまでにもう少し減らせられるかな〜。。。?!

前日の夕食はいつもどおりのパスタ。
ミートソースだったけど、何故かいつも以上においしく感じて、おかわり2回。。。
当日朝はKottbularさんから伝授のシナモンレーズンベーグルを1個半。。。
トイレもしっかり2回も行ったのだが。。。!
この食事内容がどうも多すぎたものと思われ、後に大嵐が訪れる。。。orz

レースギアは。。。
バンマラでの失敗から、今回は靴も靴下もいつも練習で履いてるのと同じ、Newtonのトレーニング用シューズと靴下も5本指の物でさえやめてフツ〜のスポーツ用の丈夫なやつ。
ウェアはバンマラと同じレース用タンクと短パン。
ゼッケンの裏にはマクドのお持ち帰り用「塩」を二袋、ツリ止めの漢方薬を一包、そして今回DがRunning Roomから初めて買ってきた、エネルギービーンズ(ジェルじゃなくて、まさにお菓子のジェリービーンズみたいな形のもの)を4つほど、テープで止めて携帯。
後は手に一つだけジェルを持ち、レース30分前に5hour Energey Extraを飲む。

このコースは最初3~4kがゆるい下り、真ん中はほぼフラットで、最後の3~4kがゆるい上り。
Abbotsfordというバンクーバーからだと車でHighway使って1時間ちょい、という超田舎。。。
景色はほとんど牧場や畑で単調、退屈なんだけど、逆に言えば一定のリズムを刻みやすく、自分のペースをキープし易いと言える。

スタート地点。もちろん、位置取りは最前列。

248198_10150259403820639_573805638_9311657_5470280_n.jpg

程なく、Dがあの超エリートのSuzanneを見つけてくれる。(Dの斜め後ろです)
あ〜、面構えといい、足の筋肉といい、やっぱり違う〜!!!オーラがありますね。なんというか。
さすがでございます!参りました〜m(_ _)m。という感じです(笑)。
まぁ、もうSuzanneには「とっとと前走っててください。私は私で自分のペースで行きますので〜」という考えだったので特に気にせず。

スタートから5kくらいまでは、おっちゃん&にいちゃん3~4人くらいのグループで進む。
緩い下りを調子にのってタンタンと降りないように、慎重に歩を進める。

キロ表示はあるのだけど、5kレース用、10kコース用、ハーフ用、フル用とあって、どうも文字の色わけはしてあることが5キロ位走ってやっと分かってきた。なので最初の1〜3k位はどれくらいで走ったか不明。自分的には「非常に!」抑えたつもりだったが、後で5キロ地点でのラップで割るとキロ平均4分18秒で走っていた。。。(Dに「なんや、全然出来てへんやないか!ツッコミすぎや!」とまた怒られた(汗))
でも下りだったし、ほんとにほんとに!抑えたのだ!自分の感覚ではもしかしたら4分半よりも遅いかも知れないと思ったほど。

Dやトップグループとは徐々に離れる。
Dはライバルのライアン君とSuzanneとなにやら談笑しながら走っているのがわかった。

重そうでぴょんぴょん無駄な動きの兄ちゃん達も少し前の方にいるが、あれはそのうち落ちてくるだろうな〜。と思いつつ抜きつ抜かれつ。。。

ラップを見ると、大体4分21〜23秒とか。。。少し速めだけど、まぁいいか。
周りに近いペースの兄ちゃんたちもいるようだし、ついてってみよう。。。

10kを過ぎる頃から、一人のにいちゃんと26kのトイレ逃げこみの瞬間までぴったり!併走。
(よく見たら、スタートから隣にいた)
あまりにペースが合うので15kくらいで「目標タイムは?」と聞いてきた。

「そ〜ね〜!まずは3時間15分切り。あわよくば10分ぎり。。。?」
と答えると、自分もちょうどそのくらいだと言う。

「バンマラは出た〜?」と聞くと、「出てないけど、ベストは3時間17分だよ。」だと。

「お〜近いね!私はこないだのバンマラで3時間16分だったよ!」「There you go!」。。。

そんな会話を代わしながらハーフ地点すぎまでは良かったが。。。(汗)。

ハーフを過ぎたころから、急にお腹の調子が。。。ちょっとまた〜?。。。
ま、大丈夫だろ〜。。。とそのまま行くも、だんだん波は大きく押し寄せてくる。。。
やがて大嵐に。。。!あ〜もうダメ。。。(涙)!

周りは畑。両脇はず〜っとしゃがむとちゃんと隠れられる位の高さの草むらがある。
どうせ肥料の臭いがスゴイので、気にすることはない!
どこにしよう、あそこはどう!?と草むら探しが続く。。。(^^;)

26k地点近くの公園に公衆トイレ発見!このときばかりは何の変哲もない公衆トイレも、後光がさして光って見えた。。。(笑)

で、相変らず真横を走っていたにいちゃんに、
「ごめん!私トイレ〜!頑張ってね〜!」。。。orz

あ〜あ!
せっかくイイ感じで併走者もいてここからのキツイところもお互いに引っ張れるかと期待していたのに。。。も〜バカばかかば!

。。。とりあえずすっきりして後半。

27k地点からはHwy No.1のすぐそばを並行する道をひたすらまっすぐ5k近く。。。

P1430747s.JPG

ここが結構辛かった!トイレに逃げ込んでいる間に抜かされたさっきのおっちゃん、兄ちゃんたちを拾って抜いたはいいが、併走していた兄ちゃんは前にち〜ちゃく見えるだけ。。。

どうやら他の女性ランナーには抜かれていないらしい。。。というのは、途中の給水地点で「You are the 2nd woman! Keep it up!」と声をかけてもらったからだ。

上等。何としても2位は死守し、250ドルを持って帰る!何とか少しずつでもあのにいちゃんに追いつければいい。。。という気持ちで心をつなぐ。

ラップを見ると、30k地点くらいから初めてキロ4分30秒をたたき出した。。。
まだ大丈夫。設定タイム。と自分に言い聞かせる。。。

ハイウェイ沿いはさらに単調で足の疲れも顕著に出てきた。。。ツリそうな感じは無いけれど、左の膝上の筋肉に少し痛みが感じられ、重い。リズムも崩れ出す。

ハイウェイ沿いを離れてまた畑に戻り、34k地点。。。ハーフのランナー達とここから合流。
でっかいオバチャンたちが行く手を阻むなか、左足のフクラハギにゴロっというツリそうな動きを感じた。。。
イカンイカン!まだここからが踏ん張りどころ。リラックス、リラックス!
速く進みたい気持ちとはウラハラに、足が前に出にくくなってくる。
明らかに30k以降の体感はそれまでと激変するのを感じた。
この体感を覚えておいて、克服できるようにならないといけない。。。

ラップはキロ4分40秒に落ちてくる。。。
ここからがゆるい登りが続くから、むしろ上げるくらいでないといけないのに。。。!

最後の緩やかな上りに差し掛かる36k地点を過ぎた頃。。。

P1430771s.JPG

さっきまで併走していたにいちゃんの背中を発見!!!
なんや落ちてきたんか!?
よっしゃ。ここはひとつ、最後の上りとゴールまで心をつなげる接着剤役になってもらうでっ!とじりじりと距離を詰める。。。

周りは重たそうな水やドリンクのタンクを三つも四つも腰に巻いたでっかいハーフランナーのオバチャンたち。。。トボトボ状態で立ち止まったり給水ではゆっくり仲間と談笑しながら水やゲータレードを飲んだりしている。。。
「ああ、私も立ち止まりたい〜!立ち止まったらどんなに楽になれるか。。。!」という弱気の虫もウジャウジャ出てくる。
「一旦立ち止まって足でももんで、呼吸も整えたほうがいいんとちゃうか〜!?」という悪魔のささやきも次々に聞こえてくる。。。

けどハーフランナーのみんなは私が抜くと、みんな「頑張れ!諦めるな〜!」と背中を押してくれるように声援を送ってくれる☆彡
ありがとう。。。(涙)

やがて38k過ぎでしょうか。。。にいちゃんを捉え、「How’re you doing?」と声をかけた。
何か答えていたようだけど、にいちゃんもヘロヘロで何を言っていたかよくわからない。(笑)
そのまま抜き去り、ゴールまでの上り坂をとにかくツラない程度にできるだけリズムよく登る。。。ことを心がける!笑。

しかし実際はヘロヘロか?。。。笑。

抜き去った兄ちゃん、そしてどれくらい後ろにいるかはさっぱりわからなかったけど、他の女性ランナーにだけは抜かれないように。。。!
その気持ちだけでつないでいたためか、最後の登りはビビっていたほどキツく長いとは思わなかった。
足のあちこちはつりそうで辛かったけど、通勤ランルートの登りの方がよっぽど長くて苦しいと思った。

ゴールはMill Lakeという湖のそばにある公園内。
248352_10150259401865639_573805638_9311604_2372156_n.jpg


道路から公園に入ってクネクネ細い歩道を最後の力を振り絞って走る。もう道の両脇は応援の人で一杯!
Tazさんとmも見つけた!身体いっぱい声を出して応援してくれている!帰ってきたんだ〜!
しかし最後のゴールはなかなか見えなかった(泣)。
最後の最後にひと曲がりしてやっとゴールが見える。電光掲示の時間は。。。!
03:11:58, 59….!!!

ラインを踏んだ瞬間は3時間12分をまわっていた。。。
自分の時計ではトイレの時間は止めていたので3時間10分04秒。

すぐに「トイレが無かったら。。。10分切れたかも〜!?」と思ったけど、よく考えたら、国際レース基準の3時間15分を切れていた!!!
バンマラでゴールした瞬間に、「あ〜、15分は切っておきたかった!」と思った悔しい気持ちがよみがえる。
そして、

「よっしゃ〜〜〜!!!!3時間15分切った〜〜!」

と一人でガッツポーズ。

Dは後から見ると、私のすぐ前にゴールしていたらしく、総合5位。
男子では4位に終わり、入賞こそ逃しましたが、足がつるまではこれまでで一番いい走りが出来たのではないでしょうか。まだまだ、改善の余地・伸び代はありそうです!
来年ガンバれ!

。。。にしても!

なんだ、すぐ前にいたのか!それもたった4分差!
私がトイレに行かず、あっちがもう一度くらいDead Stop していたら、もしかしたら高笑い抜き去りシーンの再現も夢ではなかったかもしれない。。。!!!?とひそかに想像してしまいましたっ
(ぷぷぷ♪)。

そうそう、26kまで苦をともにし、最後は追い抜かしたにいちゃんとゴール後のポストレースで会えた。結局タイムは3時間15分をギリギリ切れたらしい。
途中まで一緒に併走できて助かったよ!と言ってくれました。
コチラこそ〜♪(トイレに行っちまってごめんよ(汗!))

あ〜、マラソンはやっぱり面白い!何が起こるかわからない。

これまで4回レースに出ましたが、毎回毎回、あれこれとまずRun以外に基本的な失敗があって、しっかり最後まで気持ちのいい走り、力を出し切り、ベストの結果・タイムにつなげられる走り、というのがなかなか出来ていません。これも経験だろうと思っています。

1回目、2回目は前半飛ばしすぎで後半足つって撃沈、前回は靴下、今回も前日の食べすぎ、そしてまだ今回でも入りが速すぎ。。。とDに言われ。。。orz まだまだ満足のいく走りには程遠いです。
だんだん思うように自分の理想とするレース展開が出来るようになれれば、と思っています。

シアトルまではあと4週間を切ってしまったので、今から劇的な走力の向上はそれほど期待できないと思っています。しかしまずや基本的なレースに向けての準備・調整の質を上げることでも、少しでもタイムの向上につながると考えているので、楽しみです。

P1430810s.JPG
この二人が男女総合優勝者。ライアンとスザンヌです。
ライアン、なんかこれで2時間50分切るランナーにはちょっと見えなくない。。。?笑。

ポストレースはお天気も良くて、去年同様、バウンシングキャッスルやロッククライミング、滑り台や気球まで。。。!
結構なイベントでした。

P1430783s.JPG

IMG_0861.jpg
(Tazさん撮影)

IMG_0865.jpg
(Tazさん撮影)

スタバのコーヒーにピザやサンドイッチも振舞われていたのだけど、なんと走り終わってもまだ「お腹いっぱい」の状態で、どんなに食いすぎたんや!って感じでした(汗)。。。

P1430790s.JPG

IMG_0871.jpg
(Tazさん撮影)

最後になりましたが、今回朝早くから付き合ってくれて、レース中まひろを見てくれていたTazさん、本当にありがとう!

P1430845s.JPG

そして遠くから、ツイッターやジョグノで、応援してくださった皆様、ありがとうございました!
まだまだこれからもがんばります!

IMG_0848.jpg
(Tazさん撮影)
posted by Qta at 07:44| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

2011年バンクーバーマラソン

さて、2011年のバンクーバーマラソンもついに終わりました!

3回目のフルマラソン。
前回の10月のサンフランシスコでのNike Womensマラソンから「それなりに」ステップアップすべく練習もしてきたつもりです。

朝の20k通勤ランを冬も続け、12月は月間走行距離を650km越え、その後も1月493k、2月449k、3月481kと、時間を見つけては走って距離は十分すぎるくらい走った。

スピードについては、相変らずインターバルからは逃げ腰、ペース走の方がまだやったか。。。?という感じで進め、1月のFirstHalfで初めて1時間30分切り、3月に5k、8kレースに出て8kでは平均キロ4分を切る32分切りを果たし、そして4月のSunRun10kでも念願の40分切りを達成できた。

心残りと言えばレースペースでのもっと長いペース走を走っておきかったのと、最後の調整時期である4月の半ばにDが日本へ1週間日本へ帰国し、mがその間Eye Infectionになったので8日間丸々一歩も走れなかったこと。
しかしそれも疲労抜きと捉えることにして、それ以外は大して怪我も故障もなく、順調に準備はできていたと思う。

レース前々日には、長坂さんとDが見守るなか、Towncentreのトラックで最終刺激走としてキロ4分12秒で4キロ。
「サブスリーペース」には自然に上げられるようになったけど、それを42k持続させられるかが未知レベル。

レース2日前から前々夜祭、前夜祭と賑やかにラン友たちと交流を楽しむ。
しかし翻訳の仕事がギリギリまで残り、レース当日まで連日朝早め(時には2時台)に起きてはちびちび仕事をしてた(泣)。おかげで少々寝不足気味ではあった。
寝不足にはなれているがレース当日は3時間ちょっとしか寝る時間がなかった。。。

今回のレース当日の朝食は、Kottさんを真似して、シナモンレーズンのベーグルにぶっかけ蜂蜜を一つと普通のパンにジャムたっぷりを半分。
おかげでレース中は特に空腹を感じることもなく、エネルギー切れも感じなかった。
しかし念のためチョコ味のジェルを一つ握りながら走った。(結局取らず。)

その他、なぜかやたらと足が攣るのを恐れて、マクドでもらえる塩の小さい袋を二つをゼッケンにテープで貼り、長坂さんから頂いた塩分補給タブレットを一つ手袋に忍ばせ、攣り止めの漢方薬は一つをスタート前に飲み、さらにレース中に飲めるように一つをゼッケンにテープで貼った。

スタート40分くらい前に5Hours Energyを飲んだ。

結局携帯したこれらすべての「攣り対策」グッズはもちろんレース中にすべて消費。給水地点でも水は攣り止めを飲んだとき一回のみで他はすべてゲータレードを飲む。

レース内容としては、今年のバンマラはもちろん自己新、さらにサブスリーも視野に入れて望んだものの、スピードに思うように乗れず、タイムも期待したほど伸びなかった。

思うように「スピードに乗れない」感じは、もうスタートして2〜3kも行かないうちにわかる。
初心者みたいな基本的なミスと言ってもいいだろう。。。
新しく買った五本指のソックスを洗わずに履いたのだ。
レース前の数日はバタバタしていたのもあったし特に何も考えず。それもこれまでのは裏にラバーの滑り止めが付いたものでしたが今回のは付いていないもの。
靴の中で踏み込むたびにズルズルと足が滑るのが感じられた。
特に上りなどではずるずると滑って力を込められない。。反発力が得られない。。。
歯がゆい思いでず〜っと進み、そのうち程なくして不自然な走りから来る負担のためか、はたまた最終調整時期にまったく走れなかったツケが来たのか、足のうらが痛くなってくるしハムがつりそうな感覚も出始め、すでに12kあたりからはスタート直後からサブスリーペースで併走&細かいアシストをしてくださっていたいっちいさんからだんだん離れてしまい、追いつけず。

残りはずっと!ハムがつりそうな感覚と戦いながら、持っていた塩をなめたり給水ポイントではゲータレードだけ取り、15k地点くらいでもう一包飲んでなんとかしのごう、と足がツリそうなことばかりが気になって仕方がなかった。
こんなことなら、いつも履いている普通の靴下とNewtonの靴の方がまだマシだったかも。。。と走りながらも思ったがもう遅い。

決してレース中にこのレースを捨てたわけではないけど、次のレースでこの靴と靴下を変えただけでどんなに楽に走れるだろうか。。。!
次のレースは絶対靴と靴下を変える!!!などど考えたりもしていた(笑)。
ハムのツリを気にしてペースが遅かったせいか、運命のバラード橋(28k地点)で足が残っているかどうか、というのも、序盤と対して変わらず、とにかくツリそうなのと足がズルズルするのが不快なだけ。。。
ズルズル足のうらが滑るため足の裏の痛みが増して、マメができたかも。。。というくらい。
ペースは遅いので呼吸も苦しくないから、ペースを上げたいんだけど上げられない。。。もう歯がゆい状態が続いてリズムに乗るも何もあったもんではない。

天気も快晴でせっかくコンディションは最高だったから、気持よく走りたかったなぁ。。。と思いつつバラードを超え、キツラノエリアへ入る。。。

30〜32k。。。このあたりで確か去年はDや長坂さんとすれ違ったよな〜。。。そろそろかな〜、と思いながら走るもぜんぜん来ない。。。?と、気づくと最初にすれ違ったのはいっちいさん。

「あ、Dはつったか(笑)」と脳裏によぎる。

そのうち、すれ違うのではなく、前に長坂さんの赤Tシャツに気づく。。。「あれ!やっぱりふくらはぎが痛いんだ!」。。。

「長坂さん!やっぱり足、だめ?」

「うん、だめ。」

と会話を交わし、追い越してしばらく行く。

33k〜34kの最後の4thの折り返し坂でお猿さん、程なくDとすれ違う。。。

「つったの?!」「大丈夫や。」。。。とても大丈夫な様子ではなかったが。

坂を上ってきた長坂さんともすれ違って、「追いつく、追いつく!」と言ってもらう。

キツラノの坂もこの4thの坂も、レース後半なので本来とってもキツく感じるところなのだが、今回の私はハムの「攣りそうで攣らない」状態を維持するスピードしか出なかったので、坂のきつさはほとんど感じず、あっという間に終わってしまう。

これを練習の成果と呼ぶには非常に怪しいが、自分の都合の良いように解釈しよう(笑)。

キツラノを折り返し、もうゴールまでは7km程度。
タイムは、こんなペースではサブスリーははなッから無理。
せめて3時間一桁?それがだめなら15分切り。そして最後はせめて自己ベスト。。。と心に言い聞かせながら何とか気持ちをつなぐ(結局一番低い目標だけクリアしたけど(汗))。

そしてこんな機会はめったに無いので、まずはヘロヘロ状態のDを抜いてやろう、とモチべを確保。
前にはもう時折止まって足をさすっているDが見える。。。私が来るのを見つけると、

「あっ!来たっ!イカン!」と叫んどる。。。

自分も今にも攣りそうな状態でぜんぜん余裕はないんだけど、ツイッターで散々みんなで話してた、「高笑いしながらDを追い越す」場面を実現させなければ!と、

「ホッホッホ〜♪」

と笑いながら追い越す。。。しかし「高笑い」というには自分も余裕なさすぎ(笑)。

すれ違いざま一応、「攣ったんか〜!大丈夫〜!?」
と声をかけたが、デコあたりには「ふふふ♪。。。意外に早くこの時が来たな(笑)」と書いてあったに違いない。(笑)
追い越した後も後ろからまだ何かブツブツ言ってるのが聞こえる。。。

「キミにだけは負けられへんからな〜!」

。。。このオッさんの「もうアカン」というところからの踏ん張り、しつこさが一級品なのは百も承知!
しかもこっちもヘロヘロ、ピキピキ状態。大声で後ろも振り返らず、

「あきらめろ〜っ!!!」

と叫んだ。それきり声も聞こえず気配も感じず。

「ほんまに諦めたか。。。」

と思いつつしばらく進みバラード橋前のくるくる細かく曲がる最後の「隠れ難関」に差し掛かると、おサルさん発見。
辛そうだ。。。!
暑いのか、サルコスの後ろチャックが全部降りててお尻も見えちゃいそう。
普通なら吹き出しそうな光景なんだけどこっちもヘロヘロ、ピキピキ一触即発状態なのでそんな余裕はない。追いついて、

「Yoshiさん!頑張って!」と声をかけると、
「うん!。。。うん!」と苦しそうに泣いている〜!!!

Dとの仁義なき攻防とは裏腹に、こっちももらい泣きしながら、

「一緒にゴールするよっ!!!」と、しばし苦しい時間を共有。

その後のバラード橋までの細かいカーブや起伏も、全然キツくはないんだけど、一触即発状態の足ではどうにもならない。
バラード橋では何人の人たちに応援をしてもらったんだろう。。。!
最後だけでなく、スタート直後からほんとにたくさんの人たちに。。。

橋を渡り切るとゴールまではとにかくゆるい下り。
3時間一桁も無理なのはわかっていたので、良くて15分切りを目指して出せるだけのスピードを出したつもりでしたが、後からみると最後でさえキロ5分をきるのがやっと。
完走タイムも結局3時間16分15秒。自己ベスト更新にとどまるのみ、という結果でした。

Finish Time: 3:16:19
5k 21:17
10k 42:33
15k 1:04:18
Half 1:30:09
30k 1:15:05
35k 2:40:17
Gun T. 3:16:19

総合順位165位/3219人
女子総合 11位/1397人
年代別: 5位/223人


それにしても今回なぜこんなに足が攣りそうになったのか!?

1.靴下
2.寝不足
3.サブスリーペースでの練習不足
4.根本的に何か栄養素が足りていない?

次のレースは6月末のシアトル・ロックンロールマラソンですが、まずはここらあたりを徹底的に!見直して、望みたいと思います。
栄養素に関してはピンポイントで改善するのは難しいと思われるので、1.から3.までは必ず!クリアにし、果たしてどのようなレース展開となるか。。。自分でも楽しみです。

従って、今回サブスリーはもちろん、国際レース資格もゲットできませんでしたが、全く落ち込んでいませんのでご安心くださいね!

今回のレースでも学んだこと、わかったことがたくさんありました。
それを一つ一つ自分のものにしていって、必ず!いつか実現させたいです!

急がなくたっていいんです。
そう、「限界を自分で決めるな!」です!

長文読んで下さってありがとうございました~♪

posted by Qta at 02:10| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

2010 Nike Womens' Marathonレース編

10月17日(日)。Nike Women's マラソン レース当日。

夕べは荷物のまとめやなんやらで、結局寝たのが10時過ぎ。
レースのスタートは朝7時だけど、その3時間前までには食事を済ませておいた方がいいので、3時45分に目覚ましをセットした。
まあ、いつも起きてる時間だしSFはバンクーバーと時差もないので助かった。
たっぷり睡眠!というほどでは無いけど、しっかり眠れたし、昨日歩いた若干の足のだるさもスッキリしていた。
SFに来てから「いよいよだ」という緊張感はずっと感じていたけど、だから夜も「寝付けない」というのは全く無くて、毎晩バタンキューで即就寝。
こういう時、「どこでもどんな状態でも」寝れる自分がありがたい。。。(^_^;)

朝食は夕べ買っておいたパンやマフィン、コーヒー。。。これがあんまり美味しくなくてガッカリ。。。orz
美味しいパンでの朝食がレースでなくても一番の楽しみなのに、もうちょっと調べておけばよかったと後悔。。。結構ダウンタウンにはベーカリーってないのよね〜。昨日行ったBoudinにはサワードーの硬めのパンしか無かったし。。。(トースト出来れば最高だけど!!!)
丸餅でも持って行こうかと考えたんだけど、6月のスコシアハーフで餅を3〜4個食べてレース中に横っ腹が痛くなってスピードが思うように出なかったので、餅のせいでは無かったかもしれないけど、念のためにやめておくことにしたのだ。。。
レースの朝に何を食べるのが一番いいのか。。。?ここも何度かレース経験を重ねていろいろ試してみるしかない。

食べた後は、トイレを済ませてレースギアに着替えて寒さ&風対策にとワセリンを腕や足の前面だけに塗りたくる。
ネックウォーマーとアームウォーマーつけて、5Hours飲んで、ゼッケンよし!タイムチップよし!iPodよし!手袋よし!レース後の着替えセットよし!
ジェルは一つをゼッケンに隠れるようにタンクトップにテーピングで貼りつけ、2つを両手に一個ずつ持つことにした。
何かもっている方が腕振りの際に腕が横に流れないような気がしたので。

ホテルのチェックアウトは12時と遅めだったのだけど、レースアワード(表彰式)が11時からあり、それを見たかったのと、ゴールはスタート地点と別のところで、ホテルに戻るのにバスで30分はかかるところだったので12時までに戻るのは無理と読み、朝のレーススタート前にチェックアウトを済ませてホテルに荷物を預けておいた。
まひろは部屋を出るギリギリ30分前(5時半前!)に何とか起こして、チェックアウト。

6:00... 昨日ランチでご一緒したAさんとご主人のTさんとロビーで会う。
このレースには、もちろん奥様のAさんが出走。ご主人は応援&サポートだ。
ロサンゼルスから車でいらしてたので、スタート後に第一応援ポイントまでまひろと一緒に車で連れて行ってくださったのです。。。!(涙)

6:15am... 最後にホテルのロビーのトイレに行って、5hours を飲み、いざスタート地点へ!
外はまだ暗い。
アドレナリンが出まくって気持ちが高ぶっていたせいか、あまり寒さは感じない。。。
いや、確かに昨日よりは気温が高いかも。それに寒さ対策で思いっきり重ね着していたので、ホテルを出るまでは暑くて喉が渇くほどだった。

スタート地点のUnion Squareはもう人がいっぱいでノリノリの音楽がドンドコかかっている!(◎_◎;)
P1360459.JPG

スタートのゲート前で写真を撮ったりしてミニ羊羹を食べ、すぐさままたトイレの列へ!
CIMG0268.JPG

行けるか行けないか微妙なくらいたくさん並んでいたが、まあホテルでも行ったし「行けたらラッキー」程度に考えて。。。
Yさんも「きっとトイレの近くにずっといる」と言ってたので周りを見回したけど、見当たらなかった。。。もう一箇所のトイレに行ったかな〜!?

6:45am。時間切れ。トイレはまだ20分位待ちそうだったのでここで諦めてStart地点へ。

ゲートのすぐ後ろで横から幕を潜って潜入!
最後に着ていた服を脱いでTに渡し(こういう時はサポートがいてくれると本当に助かる )、も一度ビニールに少量とって持ってきたワセリンを体前面に塗り直してイヤホンを付け、靴紐を最終チェックして準備完了!

P1360476.JPG

もうスタートまでは5分とない。。。最前列にシュルシュルと抜けると、Yさんがキョロキョロして私を探していてくれたようだ。
「探しましたよ〜!!!!」と最初の一言(*^o^*)
そのうち、アメリカ国歌の斉唱が始まり、それが終わるとゲートまで進む。
http://www.youtube.com/watch?v=1hk3_BNfN0Q

ここで「男子はすべてゲートから100m後方まで下がる事〜!!!」というアナウンスがかかる。

「Come on~!!! It's a Women's marathon race!!!」

ときたもんだ。
この一言で女性ランナーたちのアドレナリンはさらに増強。。。!「Yeah~~~!!!」と異様なほどの盛り上がり(^_^;)
「女性は、強し」です。

あっという間にカウントダウンが始まって、Yさんと最後に健闘を讃えあっていよいよスタート!
http://www.youtube.com/watch?v=PfGQvRU6sKM

スタートから1〜2kまではダウンタウンのビル群の間を縫う様にしてウォーターフロントまでかるい下り。ここで下りに任せていつものようにすっ飛んではいけないと、みんなから5寸釘を刺されていた(笑)。

Yさんも「初めは抑えないと、このコースは必ず後で来る。」と言っていたとおり、かなり抑え気味。。。
やがて海沿いの道に出て、昨日行ったBoudinやおしゃれなお店、パームツリーが立ち並ぶ気持ちいい道に出る。

IMG_2172.JPG
これらの写真は達矢がコースの下見の日に撮ったものです〜。

IMG_2174.JPG

この道を通り過ぎる間にやっと明るくなってきたかな〜。。。

IMG_2176.JPG

IMG_2171.JPG

「あ〜!本当にサンフランシスコを今走ってるんだ〜!」と実感が湧いた。

ところでこのレースは起伏が激しいためラップをとってもあまり意味がない。。。と、時計をつけずに走ったんですが、ありがた迷惑な事に(笑!?)通過距離の表示になんと電光掲示のタイムまで設置されていたので、知りたくなくてもタイムが目に入ってきてました(^_^;)

065.JPG
(写真:Mさん撮影。)

しかし!唯一の救いは「マイル表示」!
アホなんで走りながらマイル何分はキロ何分!? なんて計算、走りながらようしませんっ。
めんどくさがりなので、事前に調べておくこともなし。
でも前日にYさんは「初めはマイル7分で行きます」と言ってらしたのを覚えていて、私も飛ばしすぎない様にくっついて行こう。。。そして後は行けるところまで!という、なんと人任せでざっくり大雑把なレース計画。。。 orz

よーく考えたら、サブスリーを狙うYさんにとってはマイル7分はかなり抑え目だったと思うのですが「あわよくば3時間15分切り」レベルの私にとってはそれは速すぎたかも〜。。。(^_^;)
でもだんだん遠ざかって行く背中を追って走るよりも、肩を並べて横で走る方が精神的に楽だったとおもいます。。。その実、前半はそれでも「抑えた」感は確かにあった。。。少なくともバンマラのレースの時よりは。
Yさんと走ってなかったら、きっともっと飛ばしてしまっていたと思う。。。そして結果はもっとひどい事に。。。!?!(◎_◎;)

そんなこんなで1マイル、2マイル。。。と表示をみると、ほぼキッチリ7分で進んでいる。。。!
「さすがだな〜!!!」と感動してました。
まだ前には最初から飛ばしていたランナーがたくさんいたけれど、Yさんは「これ位でいいですよ!後で絶対クルから。。。!」と余裕。
それでも徐々に前方ランナーを拾って行く。。。
ハーフのランナーも混じっている。
やがてフラットの海沿いのクルージングを終えていよいよ上り。でもここはそれほど長い上りではない。

CIMG0286.JPG
(こちらはAさん撮影)

上りに差し掛かると、Yさんはさらに足を使わない様にゆっくり目になる。。。と、私が前に出て、下りになるとYさんのスピードがドンと上がり私は着いて行くのがやっと。。。という形になる。
4マイル。達矢とまひろがいてくれる応援ポイント。
まだまだ元気でYさんと肩を並べて走る。。。
http://www.youtube.com/watch?v=0wBVcec8q1k

この後は次の応援ポイント、ハーフ手前の11マイル地点までさらにキツイ上りと下りが繰り返し待っている。。。序盤は楽しみな気持ちで足取りも軽い。
上りが続く。でも一息つける瞬間もある。
箱根や富士登山レースじゃあるまいし、登れば必ず下りが来るのだ。
少しYさんのスピードが上がりだした。。。か、私が落ちたのか。。。?
一時は数メートル離れた時もあったが、またここで離れたら。。。!と思い、Yさんがアームウォーマーを再度付けている最中だったか。。。?追いつくなら今だ、と何とか追いついてまたすぐ近くで走る。

そして来た、この山の最後の長い下り。
057.JPG
この写真はジョグノートで知り合って今回始めてお会いしたMさんが撮って送ってくださったものです。この日は奥様が同じレースのハーフの部で出走されていて、Mさんは併走兼サポートとして走られたそうです。

前には素晴らしく広大な太平洋を見下ろす様に視界いっぱいに入ってくる。。。!
思わずその景色の素晴らしさに息を呑む程で、走りながら「わぁ〜!すっごい〜!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」とつぶやいてました。。。
(そう、まさにiPhoneを持ってたら写真付きでつぶやき必須のポイントです。。。笑)!

CIMG0307.JPG
こちらはAさん撮影。

しかし、そんな余韻に浸っている暇はない。
ここでYさんがさらにスピードUp!
もうバンバンと足音を立てながら、抑えるも何もなく重力に任せて落ちて行く感じ。。。
どれくらい下ったか。。。?
下り切るとしばしフラットになり、そしてまず右のふくらはぎ辺りに嫌な違和感が。。。!(◎_◎;)
気にしない、気にしない!気のせい、気のせい!
まだ攣ってないし!と無視して行くも、確実に忍び寄るツリそうな雰囲気。。。!
ふと見ると、バスや黒塗りの車が何台も止まっていて中からタキシードをきた兄ちゃん達(オッさんもいたぞ)が降りてきていた。。。
そうか、この辺はゴールになるんだっけ。。。?!
そんな事を考えながらコースは ゴールデンゲート•パークという公園へ入って行く。

P1360513.JPG

Dによればそこまでの坂に比べれば軽いもんだが確実に細かく上ったり下ったりを繰り返しているとのこと。。。パークに入った頃からYさんとの距離が少しずつ広がってきた。確実に私のペースが落ちたのだ。
そう、さっき違和感を感じた右ふくらはぎ今にも攣りそう!かばって走るからか、何だか両太腿も攣りそうな非常にやばい展開。。。(T_T)
ここから先は、何とか攣りそうで攣らない状態を保ちつつ走り続けるしかないとハラをくくった。
Yさんには多分もう追い付けない。。。でも先ずは今出せる自分のすべてを出し切る事、それには完全に攣ってしまって肉離れにでもなって「棄権」 なんて事だけはあってはならないのだ。
レースに当選した頃は、「這いつくばってでも完走してティファニー」なんて冗談で言っていたけれど、この時はハッキリ言ってティファニーの事なんてどうでもよかった。
それよりも、これまで積み重ねてきたものの答えが出しきれない?そんな事になったらSFまで来た意味がない。
もったいないったらありゃしない!とばかり考えていた。

11マイル地点。約17キロ過ぎで再び達矢とまひろの応援ポイント!「Yさんがんばれ〜!!かあちゃんがんばれー!!!」という声が聞こえる。
まだ足は攣ってはいない。
http://www.youtube.com/watch?v=gKYNmAr8IFc

そして、ハーフ手前。。。給水地点直後、給水でリズムが狂ったのが行けなかったのかとうとう...

「落雷」!!(◎_◎;)

右ふくらはぎがこれ以上走る事自体無理なほど攣ってしまい、思わず立ち止まらずにはいられなかった。立ち止まったのは、数秒。。。?いや数十秒?とてつもなく長く感じる。
何とか歩ける。。。走れる。。。?ゆっくり走ってみる。。。進まなきゃ。。。よし、なんとか行けそうだ。。。
Nさんの言葉を思い出す。「足が攣ったら、走りながら治す」。。。
そうだ、走れれば大丈夫!
ストライドは小さめだがゆっくりと走り出し、折り返して後続のランナーを初めて見る。。。
みんなお互いに目を合わせて笑顔を交わし、お互いを応援し合う。
しばらく行くと、公園の中の一番静かな所へ入り、応援する人たちがさっぱりいなくなる。。。前も後ろも(?)誰もいなくて、コースがこれであっているのか不安になるくらいだ。
この地点でもうYさんとはかなり離れて全く視界から消えていた。

時折、公園内を散歩する人たちがいて、静かに応援してくれる。。。
この辺りから足はまたマシになり、攣りそうな時限爆弾状態を保ちつつ何とかスピードは戻せた様に思えた。
やがて賑やかになって来たと思うと、給水地点があり、喉は乾いていないのでここからは水では無くてゲータレードを飲んだ。レースの給水ではいつも水しかとった事しか無かったが(ゲータだと口の中が後で甘くねちゃねちゃしそうだったので)、足が攣ったのでスポドリの方が少しはマシになるかという気休めだ。。。

給水地点を過ぎてしばらく行くと、達矢とまひろが25k地点でいてくれた!(*^o^*)
Yさんと離れていたので気になったのか、「大丈夫か〜?」という声が聞こえた。
とっさに「ハーフで足攣った〜!」と答える。
http://www.youtube.com/watch?v=yK-7dmx2hcM

さぁ、ここからゴールまではもう達矢とまひろには会えない。
そして、ここからが本当の勝負だ。

やっと大きなゴールデンゲート・パークを抜け、海沿いを南北に走るGreat Hwyをまずは南下する。
ここは後で再び北上して最後のゴールへと向かう道でもある。
海沿い。やはり風がかなり強い。そして広く長く真すぐ続く道で左は同じ様な住宅が立ち並び右は果てしなく続く太平洋。。。
前方をよく見ると、小さくYさんが走っているのが見えた。疲労も重なってとても長く、行く先がとても遠く思えるところだ。
スピードは上がらない。。。維持がやっと。
この道で何人か後続に抜かれる。。。ぬいていく人たちの足取りは、自分のそれと違ってとても力強い。。。後半にいつも力が残らない今の自分の物足りなさに悔しさを感じた。
自分だって練習したのに、走りこんだのに。。。ととても悔しかった。。。まだまだこんなんじゃ足りないのは見え見えだが。。。(^_^;)
どうしたら後半こんな風に力強く走り続ける事ができる様になるんだろう。。。?
もっともっと走りこんでやる!ともう次のレースの事を考えていた。
この夏は初めて20kの通勤ランも始めて結構走りこんだつもりだったけど、まだまだ足りない。
42.195kmはまだ自分が楽に走れる距離ではないのだ。いくらレースペースだとしても。。。

P1000379.JPG
Tさんが撮った、先頭ランナー。終始ダントツ、ぶっちぎり。だったらしい。

Great Hwyはアスファルトの表面が荒れてゴツゴツしており、シューズの裏を通してその荒い表面が感じられて痛かった。
でもその一番長く感じるHwyの直線の途中で、急に大きな声で応援してくれる人に気づいた。

「里香さん、頑張って!!!」

Aさんのご主人Tさんだ!!! 満面の笑顔で大きく手を降ってくれている!
もう25k地点以降はゴールまで一人だと思っていたので、とても嬉しかった!
ましてや一番辛いところでの応援。。。!!! 嬉しくて、涙がでそうだった!
あの笑顔は一生忘れられません。Tさん、本当にありがとう!

海風をまともに受ける場所で、雨も降っていて、寒い中、カメラを構えて待っていなければならないのです。。。
沿道の知らない人の応援ももちろんものすごく嬉しくて力をもらえるのですが、知り合いの応援というのは、どのレースもとても鮮明に記憶、というか映像が脳裏に残っていて、ハッキリと思い出せる。
それらはレースが終わった後もずーっと永久保存される、いつでも思い出しては元気をもらえる、私の一生の宝物だ。

長いGreat Hwyが終わるとやっと30km地点。
ここから少し海から離れて湖の周りを5kmほど一周して、またGreat Hwyへ戻る。

IMG_2193.JPG

この湖一周も曲者らしい。。。あの長く(少なくとも長く感じる)まっすぐなHWYがやっと終わったと頃で「まだ30km。。。」とガクっと来るらしいのだ。
ふくらはぎに落雷を受けて時限爆弾状態ではあったが、この時「まだ30km〜!?」とは全然思わなかった。苦しくはあったけど、やっぱりこの「時限爆弾状態」を明らかに楽しんでいたのだ。
その証拠に、レース提携のプロカメラマンがコース上のあちこちで撮る写真を見るとやっぱりどの写真もまたニタニタしている。。。(爆)!

そして、あと10kちょっとでこのレースも終わってしまうのね〜!!!と寂しさまで感じた。単に今日朝からの42.195kmだけじゃなく、5月のバンクーバーマラソン以来、このレースに照準を合わせて走って来た日々も合わせて終わってしまうのだ。。。
そう思うと寂しくて仕方が無かった。

そんな事を考えながら湖の周りを走っていると、黄色のゼッケン(フルマラソンのランナーだ)をつけている速そうなお姉ちゃんがこっちに向かって歩いている。途中で立ち止まって誰かと話もしていた。。。
???前。。を走っていたの?なんでかな?とその時はさほど考えもしなかったが、後で聞くと2位を走っていた人らしかった。
どうも足が攣ったか何かで棄権したらしいです。
なんか普通に歩いていたけど。。。!?
もうトップスピードで走れなくなったら、やめちゃうのかな。。。あのレベルの人たちは。。。?
まあ、無理して走って次のレースに響いても困るのでしょうね。。。
私なんて貧乏性だからお金払ったのに棄権なんて何があってもあり得ませんがっ。。。
この湖の周りで5kほどあるのだが、ここがまた「まだかまだか」とその出口がとても長く感じるところでもあった。
もうそろそろだろう。。。と思ってもなかなか見えてこない。
出口1k前辺りでまた男女の2人組に抜かれる。。。
全く。。。!いつの日か「自分」が後半にドンドン抜いていくような日が来るのだろうか。。。!?とまたドッと疲れてしまった。
その二人はとても楽々に走っている様に見え、まるで日課のジョグのように二人で談笑しながら走ってやがる。(笑)
「こら〜〜〜っ!!! そんなに余裕あるんやったらもっと飛ばさんかい〜〜っ(怒)!!!」と叫びそうになった。

ここら辺からかな〜。

なんか急にトイレに行きたくなって来たのは。。。
湖からの出口がまだかまだか。。。とイライラしてきたのもあったのか、ほんとに急に。。。!
思っても見なかった、レース中のトイレのためのタイムロス。。!?
でも、トイレは果たしてここからゴールまであるのかないのかも見当もつかない。。。(汗)。
そう思うと余計に行きたくなってきた。。。(汗)
ゴールまで、持ちそう!? 持たない。。。!? 自問自答の繰返し。。。

まだ、以前通勤ラン中に行きたくなった時ほど切羽詰まった状態ではない。。。
(あの時は立ち止まらないとダメなほどだった。。。!)
そんな自問を繰り返しているうちに湖1周の出口が見えてきた!
さっきGreat Hwyから入ってきたところだ。後続のランナーがどんどん入ってきているのが見える。
。。。ふと見ると、

「あった!」。。。簡易トイレ!それも一つだけ!

それを見つけた途端、何の迷いもなく、

「行っとこう」

と決めた。
「今行っとかないと、この後の最後の長いGreat Hwyで地獄を見る。。。!」と思ったからだ。
もちろんたった一つのトイレだけど、誰も並んでいない。
入ろうとすると、「Staff only (スタッフ専用)」という貼り紙がっ。。。!!?(爆)
一瞬血の気が引いたが、そばに立っていたボランティアの女の子に、

「May I...!?....Please....!!!」

と詰め寄った。
あまりの悲痛な顔つきに押されたか、その女の子は何も言わずにただ微笑んでくれた。。。!
時計を持っていなかったので何分ロスしたかはわからない。。。
だけど、座りながら「いったい何やってんだ。。。!」と声に出してつぶやいてしまった。
おなかもすっきりして気分一新!ここから約5キロちょっとがんばろう!とトイレを出て走り出し、湖を抜けて再びGreat Hwyへ。
きっとトイレに行ってる間にまた何人か抜かれただろうな〜。。。と考えつつ、続々と湖方面へこれから入っていく後続のランナーとすれ違う。

多くのランナーが声を出して応援してくれる。
私もそれに答えて相手を応援する。
マイル表示の間にキロ表示もある。。。39キロ、40キロ。。。でもまだゴールゲートは見えない。
Yさんから前日に、「ゴールゲートは最後の最後まで見えない。ここは最後、軽い上りになっている」と聞いていたので、覚悟はしていたものの、まだかまだかと思うほど長い。。足が重い。痛い。。。。でも、まだ動く!

マイル表示についているタイムからも、トイレタイムロスを入れてもバンマラのタイムはビートできそうだと思っていた。。。だけど15分切りは無理らしい、ということもなんとなく。

この道を戻る途中も、Aさんのご主人Tさんの応援があり、とても力になった!
だんだん応援の人の数が増える。。。多分もうすぐゴールが見える。。。?
ゴールが近づくにつれ、なぜか父に話しかけていた。
「じいちゃん、走ったよ。。。帰ってきたよ。」と。

見えた!多分あれだ。。。しばらく行くと、左から達矢とまひろの声が聞こえた。
http://www.youtube.com/watch?v=KIFVkzA8QAg

http://www.youtube.com/watch?v=C3NOhV_coc4

ゴールの電光掲示のタイムが見えてきた。。。3:19:49, 50, 51…
うぉ〜〜〜〜〜〜っ!何としても20分切るぞ〜〜〜!と最後に力をふりしぼってゴール。
3時間19分57秒。

P1360546.JPG

ゴールマットをしっかり踏んで、前に進もうとするが。。。ハーフをゴールした人たちでごった返し!
P1000435.JPG

しかし!もらえるものはもらわねば。。。!と、タキシードを着たおっちゃんからまずティファニー、その後はバナナだ、ジュースだ、水だ、パワーバーだ、次々にもらって(途中でエコバッグももらった!)、最後に完走Tシャツ。
いつも無いのに、X-Smallがあった!。。。さすが女性中心の大会だ♪

ランナーオンリーのエリアから出て、終わった後の待ち合わせを決めていなかったので少し時間がかかったけれど、しばらくして達矢とまひろに会えた。
雨が結構降ってきていて、ひたすら寒い!

早速乾いた着替えをもらって簡易トイレであっちこっちツリながら長時間かけて着替え。
そうこうしているうちに11時からの表彰式が始まって、見事3位に入賞したYさんを半泣きになりながら見届け、こうして2010年のNike Women’s マラソンは幕を閉じたのでした。

ダウンタウンのホテルに戻って、チェックアウトしたけどゴネまくってシャワーだけ使わせてもらい、みんなで待ち合わせしていた、John’s Grillというレストランへ!
バンクーバーへ戻る夜のフライトまで、この上なく楽しい時間を過ごしました。

P1360577.JPG

サンフランシスコ、来てよかった!
Nike Women’sマラソン、当選してよかった!
みなさんに会えて嬉しかった!
走っていて、よかった!

また、走りたい。。。今度は「足攣り、トイレなし」で。。。(笑)

IMG_2173.JPG

参考までに、ラップタイム...達矢が計算してくれました。
0~5k: 4'18
5~10k: 4'28
15k~half: 4'29 (1st half: 1'32'57)
half~25k: 4'35
25~30k: 4'35
30~35k: 5'00
35~40k: 5'56 (トイレタイムロスあり)
40~goal:5'00 (last half: 1'46'59, difference: 14min.02sec.)



posted by Qta at 04:39| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

2010 Nike Women's Marathon(レース前日まで)

2010年Nike Women's マラソンが終わった。

結果: 3時間19分57秒、女子順位21位/2万人超え、年代別1位。
2010年5月以来、2戦目、PB更新。

バンクーバーマラソンに引き続き、これまたこの上なく楽しめた大会でした!
単なる記録だけではなく、何よりも嬉しかったのはまたランニングを通じて得た新たな出会い。。
レース前のEXPO、初めてのサンフランシスコ、女性向けの大会にふさわしい心憎い演出やオーガナイズ。。。そして完走メダルならぬ、完走ネックレス。
初めてのTiffanyを、ただお金を出して買うのではなくて42.195キロを今の自分の力を出し切って駆け抜けた後に手にする達成感。。。時間を見つけては走りまくった日々。。。苦しいスピード練習。応援してくれる仲間や家族。。。亡くなった父との約束。。。このネックレスにはそんないろんな想いが詰まっている。

レースは17日の日曜日。
翌日仕事がどうしても休めないのでレースが終わったその日にバンクーバーへ帰らなければならなかった。
なので、レース前に少しでもゆっくり出来る様にサンフランシスコへは14日の木曜日に飛んだ。
街はさすがにとても趣がある。。。急な坂道、海、どこかバンクーバーや神戸とも似ているけど、古く歴史を感じる素敵な建物が並んでいて。。。歩いていて飽きない。。。落ち着いていて、住み心地が良さそうだ。

P1360259.JPG

P1360156.JPG

P1360225.JPG
Union Square周辺はとにかくマラソン・イベント一色!

14日はホテルへのチェックインが夕方になったので、まずは夕食前にオープニングDAYのレースEXPOへゼッケンなどが入ったレースパッケージを取りにUnion Squareへ向かった。

P1360307.JPG
泊まったホテル。Executive Hotel Vintage Court SF

Union Squareはダウンタウンの中のちょっとした広場で、今回のレースのスタート地点。ホテルからは2ブロックで歩いてすぐだ。
通りを挟んでNike Townと呼ばれるNikeの店が入ったビルがあり、1階から5階までNikeの製品だけを置いている。ビルの外壁には今年のNike Women's Marathonに出走する全員の名前が並んでいて、みんな自分の名前を必死で探しだして写真を撮っている。
見ると字は小さいけど、どうも苗字のアルファベット順に並んでいたので、早速探して写真もしっかり!(ちなみにもう一人苗字が「Hatachi」さんのひとがいました!)

P1360143.JPG

P1360141.JPG

P1360162.JPG

EXPOはもう既に人でごった返していて、どこから入るのかさえ分からない。。。!?

P1360163.JPG

何とか中に入り、ゼッケンをもらい、ひととおり中を観て回ってそとに出てくると、何と中に入るための長蛇の列がっ。。。!(◎_◎;)
もしかして、私達って横からスルスル〜っと何気に順番も無視して入ってしまったのね。。。(汗)!
ま、いっか!子連れだし!(^_^;)

P1360183.JPG

P1360214.JPG

P1360219.JPG

IMG_2196.JPG

無事にゼッケンやタイムチップをゲットしたので、心置きなく夕食へ♬
この日は兼ねてからランニングスマイルの仲間でアメリカ在住のらっきさんに教えていただいてたカニが美味しいというレストランへ迷わずGo!!!
Union Squareからは7ブロックほどあったけど、坂はちょっとしかなかったので歩いて行く(結構遠かった!)。

P1360233.JPG

ここのイチ押しメニューは、ローストクラブ。
Dungeness crab(アメリカイチョウガニというらしい!?)をたっぷりのガーリックバターと黒胡椒でローストしたもの。。。!

P1360235.JPG

う〜ん!美味しゅういただきました!!
本当は冷えた白ワインと一緒にいきたかったのですが、レース前なのでグッとこらえて。。。(泣)!
日本人の観光客が多いのか、日本語のメニューもあった。
SFへまたいつか行くことがあったら、ぜひリピしたいお店です。


15日(金曜日)。
この日も特に予定なしの日。
父ちゃんはこの日、何と私のレースコースをそのまま同じ様に朝7時過ぎにスタートして一回り走りに行った。
方向音痴のレベルが尋常じゃないのでもう何日も前からGoogle MapやGoogle Earthとにらめっこ。。。
レースに出る本人よりもコースを熟知してた!?
坂の傾斜の細かい具合や海際の風、道の雰囲気や景色など、地図上や車で回るだけでは決して分からない、「ランナーの体感」でしか得られない情報を、iPhoneでカメラとボイスメモを駆使して有り余るほど収集してくれて、ものすごく助かった!
走らないダンナだったら、こんな事は決して出来ない。。。一緒にトレーニングするとケンカしてしまうけど、こういう時は本当に同じ趣味を持っている事は嬉しく思う。

まひろが起きた後、調べておいたこの辺で評判の朝食が美味しいという「Sear's Food」というカフェに行ってみると、ま、また長蛇の列〜っ!???!(◎_◎;)
ホントに人気があるらしい。。。orz

P1360302.JPG

今朝の予定は特に無いものの、達矢がもどってくる前に再度EXPOへ行って応援用シャトルバスのことを聞いたりチケットを買ったり、それに達矢の誕生日プレゼントを買うつもりだったので、あまりもたもたもしてられない(まひろ連れだし)。
仕方が無いのでこのカフェは諦め、EXPOのすぐそばにあるカフェで軽い朝食。コーヒーのカップがカフェオレ用の様に大きくてたっぷり飲めてGood!

P1360243.JPG

EXPOはこの日は朝10時から。9時半ごろにはもうゼッケンを取りにくる女性たちがチラホラ。。。

P1360258.JPG

私達はシャトルバスのチケットを買ってすぐにNike Townへ。
今年のレースのLogoが入ったTシャツやキャップをゲット。そして達矢の誕生日プレゼントもNikeのランニング用ウィンドブレーカーをまひろと二人で選ぶ。練習用のランニングシューズも見たのだけど、イマイチしっくり来ないので保留。
靴を探すのを手伝ってくれた店員の若い兄ちゃんは、フルは走ったことが無いけどハーフは1時間15分!?というなかなかの強者だった!!!

P1360499.JPG
兄ちゃん、実はこのレースにもハーフで出とった!!?
誰かのペースメーカーとして走ってたようだ、と達矢が言ってました。

トレーニングやレースの話に花も咲いて、買わなくて悪かったけど楽しかった(^_^;)。
初めて会った人でも、ランナー同士であればもうどんどん話に花が咲いて止まらない。。。(*^o^*)

買い物を済ませてホテルに戻り、何だかんだで達矢も昼過ぎにもどって来てから、朝は諦めた「Sear's Food」へ再度乗り込む。。。
あれ?全然並んでない。。。朝だけ人気があるの?!
まいっか。。。と遅いランチ。
昨日カニ食べといて、また!? カニサンドを頂きました〜。。。♪
ランチ後、も一度、達矢も一緒にNike Townへ。

P1360289.JPG

P1360292.JPG

昼過ぎになるともう人でいっぱい〜。。。!(◎_◎;)
達矢も今年のイベントグッズを、と探したけれど、とにかく女性モンしか無い!?
スタッフにきくと、男性スタッフが着ているごく普通のTシャツしか無いそうだ!?
女性用のはTシャツも数種類、ランニング用の長袖シャツや短パン、パーカーやウインドブレーカーなどよりどりみどりなのに!?。。。えらい差だ(^_^;)
キャップはまあユニセックスだしまひろも気に入った様なので2つゲットしました。

P1360298.JPG

P1360278.JPG

P1360269.JPG

P1360301.JPG

この日もあまり観光気分でウロウロ歩き回ると足が疲れるので、後はホテルでゆっくりして夕食にだけ出かける。。。
Union Squareのすぐそばにある、Macy'sというデパートの8階に入っているCheesecake Factoryといういわゆる典型的なAmericanファミリーレストランへ行ってみました。
6時半分近く。。!?に行って見るともう席が空くのを待っている人達でごった返し。。。!?!(◎_◎;)
聞くと「1時間15分待ち」と言われてペイジャーを渡された。
大きなレストランだし回転も早いだろうと、デパート内を見て回ったりして時間を潰す。

結局40分くらいで入れた。
今晩のメニューは、Tがシーフードパスタ、まひろはマカロニチーズ(初トライか?)、と私はビーフリブのBBQ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

もうカーボローディングしていいの?と聞くと「まだや!」という悲しいお返事が。。。(泣) でもしっかり食った!(笑)
リブはでっかいのが6本くらいも付いていたのでみんなでシェアしてもまだ2本余ったのでホテルへお持ち帰り〜。
今日は達矢の44回目の誕生日だったので、ウェイターの兄ちゃんにこっそり伝えて、お店の人達に「Happy Birhday」ソングを歌ってもらいました(^_-)
レース前なので乾杯はお預けです(T_T)

P1360324.JPG

このお店はテラスがあって、夜のライトに照らされたビル群やUnion Squareを見下ろしながら食事が出来ます。夜はもう肌寒いサンフランシスコです。
P1360325.JPG


16日(土曜日) レース前日。
のんびり起きて、朝食は。。。マクド!!(^_^;)

P1360346.JPG

まひろがアメリカの本場のマクドナルドに行きたいと訳の分からんことを言っていて、(父ちゃんも「本場、本場」とうるさかった!。。。同じだっつの!)
今日の昼はジョグノで知り合った人達とランチだし、よるはレース前日なのでパスタのつもりだし、明日はもう帰る日なのでマクドなどに行く暇なんてありゃしません。。。ということで今日の朝食でDeal!となった訳です(T_T)。。。なんでサンフランシスコまで来てマクドやねん!?
(でもちょっとメニューはカナダのと違ったな。。。ハッピーセットも無かったし!?)

それにしてもこの日は前日までと違って「寒い」!!!!(◎_◎;)
それに風が強い!!! 週末は気温が下がってバンクーバーと同じくらいになるのは知っていたけど、とにかく海際の道もコースに入っているので、風の強さには少し心配になった。
気温が低いだけなら走っていれば温まるからいいんだけど、風に吹かれるとかいた汗でさらに体温が奪われて体がひどく冷えてしまう。
レースギアはタンクトップとレース用の軽い短パンだけしか持って来なかったので、急遽NikeTownでアームウォーマーを購入した。
これをつけてレースを走ったことはなかったが(バンマラの時でさえつけなかった)、何しろ昨日まだ気温が高い時に達矢が走ったときでさえ海際は強烈な風で寒くて仕方がなかっというので、寒さ対策には今回少し神経質になった。
できればレッグウォーマーも買いたかったけど、NikeTownに無かった。今度いいのを探して買っておいた方がいいな〜。。。

さて、買い物を済ませてそろそろ待ち合わせの場所へ向かう時間なので、いよいよサンフランシスコといえばこれ!という、ケーブルカーの乗り場へGo!
P1360350.JPG

しか〜し!
よく考えたら今日は土曜日。。。ケーブルカーはもうどれもパンパンで並んで待っていても満員で乗せてくれない〜(泣)!
2台乗れなくて、仕方ないので数ブロック歩いて空いている乗り場へ行ってやっと乗れました!
しかしこのケーブルカー、中が満席の時には、手すりに捕まって外に立つんだけど、危ないよな〜〜っ!!!? 事故とかあっただろうな〜!
運転は手動で、結構大変そう。。。おじちゃんが交差点に来るたびにカンカンと鐘を思いっきり鳴らしながら、そして坂にさしかかるとブレーキを全体重かけてかけながら。。。と忙しそうだ。
でも歴史あるサンフランシスコのケーブルカーの運転に誇りを持っているようで、とてもハツラツ。。。♪

P1360363.JPG
おっちゃんが操縦するケーブルカー。

P1360369.JPG

P1360371.JPG

30分ほど?でWaterFrontへ着いて、待ち合わせのBoudinカフェまで、数ブロック歩く。
この道は明日のレースのスタート直後2〜3キロ地点で、かわいいお店やレストランが並ぶとてもおしゃれな通りなので、楽しみにしていた。昨日、達矢が走った後も、あそこはとても楽しそう!と言っていた。

お土産やさんや、カフェやレストラン、そしてカニ!!!

P1360384.JPG

P1360380.JPG
ランチの約束が無かったら、買って食べてみたかった〜♪

このWaterfrontは本当に楽しい!1日かけてゆっくり観たいところ!
神戸のおしゃれな海沿いのMosaicやハーバーランドって感じ。。。?
待ち合わせのPier39だけでも楽しいお土産やさんや水族館、カフェやレストランが沢山入っていてとても数時間では観きれな〜い!!!

P1360395.JPG

P1360396.JPG

P1360400.JPG

P1360404.JPG

P1360405.JPG

P1360389.JPG

絶対にまたもどってこよう!と思いました。

待ち合わせの場所は、Union Squareから北へ車だと10〜15分くらい?のWaterfrontでFisherman's wharfの近くで Pier39にある有名な「Boudin」というパン屋さん兼カフェ。

P1360398.JPG

約束のBoudinカフェに行くと、まだYさんもAさんもきていないようだった。
早く着いた人から食べときましょう。。ということだったので、早速このお店で有名な、デッカいサワードーブレッドに入ったクラムチャウダーを注文♪

P1360409.JPG
これ、お腹空いてたら、サワードーのパンも含めて2つは軽くイケちゃうわ〜!!!
今日は寒いこともあって、暖まって最高。

まひろはホットドッグが食べたいというので、こっそり隣の出店でホットドッグを買って持ち込み。。。(汗)。
P1360407.JPG
。。。なんでやねん。。?

そうこうしているうちにYさん、Aさん、Aさんのご主人のTさんもお店に到着〜。
みなさんとはもちろん初めてお会いするのですが、ジョグノートで同じレースに出走するというのを知ってリンクをはってお知り合いになり、今日のこの日に会いましょう!と打ち合わせしていたのでした。初めてお会いするとは思えないくらい、ひとめですぐにわかっちゃったし(笑)、日本から来られたというYさんのお知り合いの女性お二人とも合流して、話もどんどん弾んでとても楽しく幸せな時間を過ごせました!
特にYさんはサブスリーを狙うとても速いエリートランナーで、お会いするのが超楽しみでした!
ジョグノートでもいつも励ましていただいたり、練習方法を教えていただいたり、お世話になっていました。
このレースでは、やっぱり「サブスリー、狙いますよ!」とキッパリ!!
は〜。。。♪と思わず見とれちゃいました。なんて度胸があって気持ちイイ。。。!
私もそんなランナーになりた〜い!!!と思いました。
レースのタイムは3時間5分と、惜しくもサブスリーには届きませんでしたが、去年4位だったその雪辱をすっぱり晴らして堂々の3位!
表彰台に立って1984年のロス五輪、初めて女子マラソンが正式種目となったオリンピックのレースで優勝したアメリカのJoan Benoitさんと一緒に写真を撮ったり、もう素晴らしいの一言です!私も自分のことのように興奮してしまいました〜!

Boudinカフェに2時間以上も居座った後(笑)、腹ごなしに海際の道を歩き、有名なくねくね道のLombard(ロンバート)ストリートへ。

P1360410.JPG

P1360424.JPG

ここへ辿りつくまでもものすごい上り坂。。。ブーブー言うまひろを引っ張ってなんとか到着〜。いや〜絶景です!

P1360426.JPG

P1360428.JPG

P1360430.JPG

P1360432.JPG

そして、お待ちかね!
サンフランシスコでこれまた有名なチョコレート店、GHIRARDELLI CHOCOLATE(ギラデリと読むらしい)へ〜♪

P1360436.JPG
ここもスッゴい行列!!!(泣)。

P1360437.JPG

P1360440.JPG

う〜ん。。。。幸せ〜。

帰りのケーブルも、もちろん行列。。。orzで、やっとのことでホテルに戻り、結構歩いて疲れたので、明日のレース前の朝食などをスーパーに買いに行っただけで、夕食はTakeOutのパスタやパンで済ませました。
P1360421.JPG


さー!明日はいよいよレース!
今日は早く寝なくちゃ〜!と思ったけど、レース前にホテルをチェックアウトしなければならなかったので、荷物のまとめや何やらで、結局寝たのは10時ころ。。。orz
レース当日は3時半に起きる予定です。

レースの記録は、次のブログで!





posted by Qta at 04:41| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

2010 Scotia Half Marathon

2回目のスコシアハーフマラソンが終わった。

タイムは、1時間31分37秒。
目標だった1時間30分切りも自己記録更新もならなかった。
だけどレースの最中はいつものようにこの上なく楽しかったし、それが何よりも大切なので、これ以上何も言うことはない。。。。

しかし。

今後の対策のためにも、なぜベストが出せなかったのか、きちんと自分の中で理解してこれからの練習に反映させていけるようにしておく必要はある。

一日の流れ:

02:50am起床。夕べは9時過ぎには寝たので、寝不足感はない。
いつも朝食はパンだけど、今朝はお餅を試してみたかったので、パック入りの丸餅を3つ食べた。

ここからがいけなかったのか?

あまり満腹感が無く何となくやっぱりいつものぱんが食べたくなって、1枚バターとジャムを塗ったくって平らげる。。。トイレ、身じたく、着替えを済ませて、
04:00am まひろを起こす。
04:30am 家を出て銀行のバンクマシンとガソリンスタンドに寄ってからまずご近所のTさんをPickup。Tさんは今日レースに出ないのに、スタート地点から応援してくれるために朝から付き合ってくれたのです!
05:30am DTのJさんをPickupしてスタート地点である母校のUBCへ。今回唯一ランスマから出走するもう一人のランナーさんです!
本当はMさんも出走予定でしたが、体調不良でDNSとなりました。
去年は8人くらいランスマから出走したこのレースも、今年はJさんと私の二人きり。。。!

05:50am UBCに到着。まずはまひろの朝食とトイレのためにマクドに寄る。ここで結構タイムロス。。。
(ここからはレースとはあまり関係無い「お〜かなだ」の話です。。。いや関係あったりして。。。)
ガラガラですぐに注文とってもらえたのに、担当のにいちゃんがやる気ないのかアホなのか、まったく使えん店員だったのだ。ハッピーミールは朝はないというし(あるのに!)、ソーセージ付きのパンケーキにしたのにソーセージ入っとらんし(遠くから入れてないのをチェックしていた。しかもソーセージなしの料金しか請求してないのを分かっていたが無視。聞いてないのがわるいのじゃ!)、ハッシュドポテトは入っとらんし、Toyも忘れているし(これも請求してなかったが、これは後で取られた)、最後にケチャップもひとつも入っとらん(To Goにしたんだから入れるか聞くかするだろっ!)。。。全く、注文したものといえばHotcake&SausageのHappy Mealセットひとつだけなのに、なんで何一つまともに揃えられんのじゃ〜〜〜っ!!!
レース前、余計なことで心拍数は上げたくないのに、全くもってケシからん「お〜かなだ」野郎に朝一から一発ヤラれてしまったのだ。
眉間にシワ寄りまくりながら、何とか全部そろってると確認し、急いでトイレにいって車に戻ったら、ナイフとフォークが入ってなかった。。。(涙)え〜加減にせえよ!

06:10am UBCのスタート地点の駐車場に車を止め、レース用身支度。
06:20~25am スタート地点へ。今年はまたスタート地点が直前に微妙に変わった。工事のためらしい?Thunderbirdではなく、Wesbrookからのスタート。早速Jさんとトイレにまた並ぶ。。。が、仮設トイレの配置が悪くて、列のしっぽがさっぱりわからん。
たくさんあるトイレに対して一つ列を作って並ぶのではなく、みんな適当に空いてそうないくつかの列に並ぶので、順番もなんか怪しい。。。ふと少し離れたところに工事関係者用のトイレがぽつんと一つだけあって5〜6人しか並んでいなかったので、Jさんとそっちへ行って並ぶ。
しかしここもなんだか進みが悪く、結局トイレを済ませたのがスタート15分前くらい。。。
06:45~47am スタート地点で待っている達矢とまひろのところへ急いで戻り、上着とトレパンを脱いでレース用最終身支度。
写真を撮ったりしているうちにもう何分も無くなる...
今年はウォームアップの時間が全然取れなかった。。。
フルマラソンはもちろん、ハーフでもあまりウォームアップは必要ないという話もあるが、最近の私はカラダがランのペースに乗れるまでスロースタートなので少し走っておきたかったのだけど、100mを流しで往復するくらいしか出来なかった。
喉の乾きも感じていて、最後に一口水を飲んでおきたかったけど、水も無くてそれもならず。
ここは少し悔やまれる。

P1320083.JPG

07:00am レーススタート。初めの3キロ、ぐるりとスタート地点までもどってくる所までが去年のコースから変更になった。
天気は曇り。。。時々パラパラと小雨が降る程度。
気温は暑くもなく、寒くもなく、ランには最高のコンディションかもしれない。

ラップを追って見ていくと。。。(括弧内は去年のラップ)

1k 3:52 (4:20)  しょっぱなは下り。去年よりは前の方からスタートしたので、前がつっかえることもなく、気持よくスタートできた。しかし下りというのもあってペースが早いのは感じていた。

2k 4:19 (4:09) ここでMarine DrからStadiumに曲がって少し上りが入る。やはり若干失速している。。。にしても落ち過ぎかも。

3k 4:14 (4:08) スタート地点をもう一度通り過ぎるところ。達矢、まひろ、Tさんがいてくれた!早い立ちあがりのラップと上りの影響でまだ息が上がっている。Marine Dr.へ出る直前に一回目の給水。ほとんどのまずに濡らす程度。やっと口の中が潤った。

このころから、VAFCのブルータンクを来た速そうな背の高いおばちゃんとちょっとがっちりした重そうなお姉ちゃんがずーっと前を走っているのが分かったので、この人達に付いて行こうとうすうす考えていた。背の高いおばちゃんはとにかくスタイルも良いし、フォームがキレイで絶対ペースが落ちないのだろうな〜となんとなく感じられたからだ。
給水の時には立ち止まってしっかり水とゲータレードの両方を飲んでいた。その間抜けるんだけど、またすぐに追いつかれて前の方を走っている。。。結局後半追いつけずじまいだったけど。
重そうなお姉ちゃんはそのうち重くて落ちてくるだろうと思っていたけど、結局抜けず(泣)。フォームもいまいちだったのに、スタミナがあるのかな〜。。。!?
やっぱりあのVAFCのタンクを着ている人たちは速いんだ!なにか、ベースが違うような気がする。。。

4k 4:07 (3:57) Marine Dr. を南東方面へ下り折り返しまで。軽い下りでやっと呼吸が整ってくる。しかしこのあたりからみぞおち辺りに痛みを感じ始める。さっき水はほとんど飲んでないのに。。。初め飛ばしすぎたからか。。。?

5k 4:02 (4:08) Marine Dr.を折り返した後、北西方面へ戻る。Jさんを見つけようと、すれ違うランナーの方を気にしていた。ちゃんと見つけられた!お互いに手を振ってエール交換。

6k 4:24 (4:23)  やっとカラダは暖まってきた感じはした。タイムは見ていないがこのまま行けばいいという気持ちはあった。だけどそれよりもみぞおち辺りの痛みが少し強くなってきたのが気になっていた。

7k 4:25 (4:35) 
8k 4:10 (4:27)
9k 4:17 (4:03)  ここまではUBCのそばを通る、若干軽い上りを含むほぼ平地。みぞおちの痛みが最高潮の頃。。。息を吸うと痛い。
痛みには強いのと、ここで痛みばかりに気持ちが集中してはいけないという気持ちで、なるべく痛みのことは考えずにとにかく前に進むことだけを考える。

9k地点で達矢、茉優とTさんが応援してくれていた。急な下りの途中だ。
この下りで何とか呼吸を整えて、みぞおちの痛みも消えてくれたら。。。と考えつつ走っていた。
達矢に「みぞおち痛い!」と叫ぼうかと思ったが、否定的な言葉を吐いたら脳がストップシグナルを出すかと思ってやめた。

P1320163.JPG

P1320142.JPG

P1320161.JPG

10k 3:56 (3:55)  しかし、いくら意識して痛みを無視しようと思っていても、足やカラダは正直か。。。この腹痛の影響は後からタイムをみると明らかに出ているのがわかった。ここの急な下りでも去年からほとんどタイムが伸びていないし、達矢が撮ってくれた写真を見ても、急な下りにしてはストライドが全然伸びていない。

11k 4:16 (4:16) 下りが終わり、Spanish BanksとJerichoビーチの平地。ここでは下りの後の中だるみが入らないことが課題だった。みぞおちの痛みは坂を降りてくるあいだに呼吸が何とか楽になり、この地点で痛みは少し和らいだようだった。
もう少しでSさんとYさんが応援してくれているかも!と少し元気が出てくる。

12k 4:26 (4:22) 給水。喉や口の乾きはなかったけど、水を少し含む。相変わらず上手に飲めない。。。(泣)12k地点を過ぎて少しすると、SさんとYさんが見えた!手を振ると、二人も気づいてくれた!ここで朝7時50分くらい。。。?日曜の朝なのに、早くからわざわざ出てきてくれて本当に嬉しかった!「がんばれ〜!!!」と何度も何度も大声で応援してくれる二人!「ありがとう〜〜〜!久しぶり〜〜〜!」と挨拶までした(笑)。
タイムは。。。若干落ちてきている。みぞおちの痛みがやっと消えてきたのでこれから挽回しないと行けないのに。。。気持ちは行け行けムードだったけど、カラダはそうでもなかったようだ。

13k 4:34 (4:37) SさんとYさんの応援をもらって元気も出て、この辺りではみぞおちの痛みもずいぶんなくなっていた。このレースで唯一の上りといえる、Jerichoから4thに上がる坂の手前で、手に持っていたチョコ味のパワージェルを3口ほど含んだ。
ハーフのレースでエネルギー切れはありえないのは知っていたけど、気分転換。カラダがキツイときに甘いものを摂取すると脳に少し快楽を与えることが出来て、カラダの動きにストップサインを出すのを抑えられるというのをどこかで読んだからだ。

上りの坂は短いし苦もなく登れたが、やはりタイムはイマイチ。。。もっと速く登った気がしたんだけど。。。(気持ちだけか。。。!)

14k 4:35 (4:35) 4thの下り!坂を登り切って4thを左折。しばらく行くと遠くから青いハッピの達矢が見えて、まひろ、Tさんも車から応援してくれていた。予定外のポイントでいてくれて、嬉しかった!
ここはスピードがでる「ハズ」の所。みぞおちの痛みも消えて、気持ち良くスピードがでた「感覚」があったものの、タイムはさっぱりだ。(泣)。
痛みが消えて気持よく走れるようになってただけで、実はスピードは全然出てなかったのだ。
すれ違う際に達矢に「ここからや!」と叫んだが、「時すでに遅し」...orz

P1320249.JPG

P1320274.JPG

15k 4:32 (4:35) 
16k 4:26 (4:35)
17k 4:28 (4:39)  4thの下りを終え、Highburyを左折してPoint Grey、Cornwallと続く中だるみ要注意ポイント。4thの下りで思ったよりも上がらなかったが、その後のここの平地でもそれ以下に「落ちて」いないのはよかった。レベルは低いが、心は折れずにペースは維持できてる。。。!?そう、気持ちではここからがレースだと思っていたので、上向き&積極的だった。

理想は4thの下りで4分一桁。。。そのまま平地もキープか悪くても10秒台だけど。。。程遠かったな〜。

18k 4:44 (4:45) ここで落ちてるのがいかん。。。まだバラード橋の手前だ。気分転換に、手袋をはずした。

19k 4:44 (4:52) バラード橋の緩やかな上り。苦しい。去年はここから達矢が併走してくれたんだ。今年は一人でがんばらなきゃ。苦しいところで落とさない!上りの後には下りがある!と何とか気持ちをつなぐ。去年よりは若干早いものの、やっぱり落ちすぎだ。。。

20k 4:12 (4:26) バラードの上りを終えて、後はラストスパート。Pacific BlvdをEnglish Bayに向かって軽い下り。去年はここでバテバテ。ストローラー付きの達矢に併走してもらってやっと走れた区間。今年はここで絶対に失速したくなかった。最後の最後でやっと4分10秒台に復活。。。そう、「時すでに遅し」だった!
ここでやっと腹痛もなく、気持ちもつながって一番気持ちよく走れたのかもしれない。。。
この走りを、最初からしたかったのだ。。。
遅すぎだ!

21k 5:01 (5:16) English Bayを過ぎたころ、Kさんが「りかさん!がんばって!もう少し、もう少し!」と大きな声をかけてくれる!うれしかった〜!
しばらく行くと、達矢と茉優、Tさんも見えた。「まだ上がるやろ!もう少しや!」とハッパをかけられる。この時計の5’01というのは、ゴール地点で押し忘れていて少し経ってからボタンを押したため。なので最後の1kちょっとは何分で走ったか正確にはわからない。。。

今回達矢の時計を借りていて、ボタンを押すだけでラップも見ずに走った。
10k地点で41分38秒。。。くらいだったか、を確認しただけで、後半どれくらいで走っているのかわからなかった。ゴールで電光掲示のタイムをみて1時間30分が切れていないのが初めてわかった。去年のこのレースのタイムよりはいいけれど、自己ベストは更新ならず。
「あ〜だめだったか〜!」と少しがっかり。
すぐに、レース後の足の疲労度が去年よりも断然に少ないことを感じた。。。ハーフという距離も去年よりも断然短く感じたし、走りこんできたからかもしれない、が、逆に言えばもっともっとPushできたのかもしれないと思った。
余裕を持たせすぎて走ったわけじゃない。記録も狙った。後半気持ちも折れなかった。
。。。だけど、不完全燃焼だった。
思ったようにスピードが出せなかった。それはスピード練習が足りなかったせいもあるだろう。ほぼ前半たっぷりみぞおちの痛みに引きずられたせいもあるだろう。アップが不十分でいい感じで走れる頃にはもうゴール近くだったこともあるだろう。
しかしそれも全部いまの私の実力、ということだ。
心はつなげていたと思う。「も〜だめだ!」とは一度も思わなかった。しかし、その思いがタイムにはつながらなかった。
スタートまでの体の準備、レース運びともに、まだまだ甘い。
すべてがつながったレースで、自己記録というのは更新できるのだろう。
記録はでなかったけれど、とてもいい経験になった。やっぱりレースにでないと、こういう事はわからない。もっと頻繁にレースに出たいとも思うようになってきた。
結局、タイムも順位も、「ちょぴっとずつ」去年よりはあがりました。

総合162位/3613人 (去年190位)
女子30位/2027人 (去年35位)
年代9位/286人 (去年11位)
1'31'37 (去年1’32’47)

ちなみに、一緒に走ったJさんも、残念ながら自己記録更新はならず。。。!二人そろっての残念レースでした。

レース後は、お馴染み、プールで遊んでシャワー。
そしてお楽しみの給水と、この夏オタワへ引っ越すかめさんの送別会をしました。
あ〜美味しいお酒でした。。。
これがたまりません!
いつもながら、ランスマ仲間との給水会は時間を忘れるほど楽しくて、この日も12時から6時近くまで!!!??レストランに入り浸りで最高の楽しい時間を過ごしました。ぴかぴか(新しい)

P1320359.JPG

P1320380.JPG



posted by Qta at 01:27| バンクーバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

幼稚園卒園式

めずらしく、即効で更新!(笑)

先日6月6日に、日本語幼稚園の卒園式&発表会がありました。
会場は近くのコミュニティ・センター。
まひろもいつのまにか幼稚園を卒園です。
しっかり卒園証書をもらってきました。

P1310220.JPG
おばあちゃんに送ってもらっていたドレスを着て。

P1310248.JPG
順番にならんで。。。

P1310262.JPG
校長先生から授与。

メールでもリンクを知らせましたが、ビデオもどうぞ。
まひろもメッセージで泣いちゃいそうだったんだって!

http://www.youtube.com/watch?v=R9qk_SMwWxg

P1310240.JPG
一緒にお勉強してきたクラスのお友達です。

P1310285.JPG
発表会ではお歌を披露。

P1310344.JPG

P1310292.JPG
最前列の真ん中。。。!

P1310331.JPG

P1310338.JPG

P1310352.JPG

http://www.youtube.com/watch?v=BCH49K7ZEJM

http://www.youtube.com/watch?v=X2PErrzMHzM

どちらも上手にできました!

卒園。。。といってもGrade1(小学1年生)になっても同じ学校で日本語クラスを取っていくのであまり「サヨウナラ〜!!!」という感じはありませんが、まあ、「区切り」ということで。

大きい学年の子たちの発表会もあってなかなか面白かったです。
日本のお正月やお月見など季節の行事の由来なんかを調べて発表していたり、純日本人の自分が知らないこともたくさんあって。。。あせあせ(飛び散る汗)

それにしても、やっぱりお父さんかお母さんのどちらかだけが日本人、という子がもちろんですが、どちらも日本人の家庭であっても子どもは大きくなればなるほど日本語を正しい発音できれいに使いこなせる子が少なくなっていくのを実感しました。。。

さあ、我が家の純日本人の血をひく娘はど〜なることやら!
それは親次第か。。。(汗)!?


同じ週末、私の月末に押し迫ったスコシア・ハーフマラソンのレースコースの下見も行ってきました。
去年走っているので知ってはいますが、細かい起伏や疲れるポイントなどを直前にもう一度おさらいしたかったからです。

前日まで雨が続き、当日も雨予報だったのですが、お昼前からなんとも気持ちよく晴れてくれて、気分良く走れました〜ぴかぴか(新しい)

P1300837.JPG
母校であるブリティッシュ・コロンビア大学構内からスタート。
日差しは強いけど、気温はそれほどでもありませんでした。
17〜8度かな?

P1300846.JPG
達矢とまひろが車で並走して写真を撮ったり水を渡してくれたり。

P1300851.JPG

P1300973.JPG
大学から長い下り坂を降りて、海沿いのビーチのそばを走る。

P1300994.JPG
唯一の中盤での上り。普段の通勤ランに比べれば短い、短い!!!

P1310018.JPG

P1310058.JPG
コース終盤。以前住んでいたBeach Avenue近く。
残りは2キロ弱。
ここでバテずにスピードをキープできるかが今回のカギ。

P1310149.JPG
この日は21キロを1時間40分弱で完走。
目標はせめて1時間30分を切って自己ベスト更新ですが、こちらもど〜なることやら!?

練習後はいつものプールで遊んでシャワー、Bare Footレストランにて日本食とビール〜。。。!!最高です!!!

P1310205.JPG

そして近くのEnglishビーチまでお散歩&アイスゲットるんるん
P1310209.JPG

P1310216.JPG

P1310217.JPG

P1310214.JPG

今後の予定:
6月12日にあやちゃんちにお呼ばれ。
6月18日にはまず、達矢の10キロレースがあります!
これにはランニング・スマイルからも何人か出走するし、特筆は2世の参加が多数なこと!
ランスマ・メンバーのお子さま達がキッズ部門に何人か出走します。
まひろも一番短い、1.6キロの部門で走る予定!
そして6月27日に私のハーフ・マラソンです!

乞うご期待!



posted by Qta at 00:28| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

久しぶりの更新です〜!アルバム作ってみました。

久しぶりにブログも更新。

最近朝のゴールデンタイムもランニングに当てるようになったので、ブログ更新の時間がうまく取れません!

更新をサボると写真がどんどんたまって選びきれないので、無料のアルバムサービスを使ってみました。
無料のバージョンなので、30日が過ぎると消えてしまいますが、元の写真をそのままアップできるし、ダウンロードも出来る(?)ようなので、おじいちゃんおばあちゃんは気に入ったのがあればダウンロードしてみてくださいね。

最近のバンクーバーは雨、雨、雨、アメ、あめ、雨。。。の連日雨続き。。。orz

今朝も結構本降りで朝ランを中止にしたので、こちらを更新することにしました。
日がすっかり長くなり、朝5時過ぎにはもう明るいので、今年からは家から会社までの全行程約20キロを走る通勤ランも開始!
1時間50分前後で到着です。


さて、アルバムに載せたもの以外のイベントでは。。。

まず5月23日の午前中にはまひろの日本語幼稚園の運動会がありました。
当日は朝から小雨交じりのあいにくのお天気で「たぶん中止だろ〜な〜」なんて思いながらも準備していると、幼稚園のサイトでは「決行します」のお知らせ。お弁当を持って行ってきました。

去年と同じような写真ですが、まひろだけは大きくなってます。

P1290841.JPG

P1290880.JPG

P1290912.JPG

P1290981.JPG
幼稚園児ダンス。

P1290987.JPG

P1300030.JPG
しっぽとり。

P1300198.JPG
去年はビビって不参加だった綱引きも、今年は挑戦。

P1300213.JPG
大人バージョン。
去年負けたのでリベンジ!(今年は勝った手(チョキ)
と〜ちゃんは当然、四十肩なので不参加(ぷぷっ目

そして、同日の午後は、フランス語幼稚園のお友達のお誕生会にお呼ばれ(また!)。
今回はめずらしく男の子のお友達なので、どんなものかと楽しみにしていったら。。。。

なんと、出し物で爬虫類ショ〜がっ!!!ふらふら

P1300296.JPG
サルから始まって。。。

P1300321.JPG
サソリ。。。(このサソリ、尾っぽの針(?)は壊れているらしいので、安全だった。。。でないと絶対触れない!!)

P1300336.JPG
タランチュラexclamation
この辺からもう触るのも持つのもギブアップ。。。
見るだけでお腹いっぱいです(汗)!
これは隣に座っていたお友達だね。

P1300352.JPG
巨大カエル。。。どんっ(衝撃)

P1300416.JPG
ワニ。。。ー(長音記号1)

P1300421.JPG
ワニ皮。。。は触りました(汗)

P1300432.JPG
そして、ヘビ〜〜〜exclamation×2
この辺になってくると、もうなんだか神経が麻痺してきますな。
初めに箱から出したばかりの時には「うわ〜やめて〜」と逃げ出したくなりましたが、慣れてくると。。。

P1300436.JPG
ほれ、この通り。
初めて、触った。。。こんな大きなヘビ。
ベタベタ濡れているのかと思ったら、乾いていてツルツルに光っているだけなんですね。

P1300408.JPG
この子が本日のバースデーボーイ。
もうサルから始まって最後の巨大ヘビまで、次々に持たされて大変そうでした。(どれも平気そうだった。。。やっぱり男の子!?)

P1300412.JPG
バースデーケーキもこの通り。
いや〜キワモノお誕生会、男の子のはやっぱりちょっと違うわ。
これは結構記憶に残りそうです。爆弾

翌日、24日(月)はビクトリア・デーという祝日でお休み。
久しぶりにあやちゃんちにお呼ばれで、一緒に遊んできました。
途中から気持ちよく晴れてきて、お散歩も!

P1300493.JPG

P1300490.JPG

P1300475.JPG

P1300469.JPG

P1300466.JPG
このふたり、ほんとに大きくなりました〜。。。!

P1300504.JPG
持っていったおやつは、最近ジョグノートで知り合ったランナーさんに教えてもらったレシピに挑戦して、シナモンロール!
これがなかなか簡単で美味しくて、もう2回作りました。
だけど、焼き加減だけがまだイマイチ丁度いい具合にいかなくて、また挑戦しなければ、です!

6月も忙しくなりそうです。
6日に日本語幼稚園の卒園式・発表会、
12日にまたあやちゃんと他のお友達の家族との夕食会、
18日に達矢がUBC大学構内を走る10kレース
(まひろはキッズの1.6kをまた走ります!)
27日には私のスコシア・ハーフマラソンとランスマの給水会

と、全週末予定入り済。

がんばって更新しま〜す!!!


そうそう!
アルバムでは、ムービーがのっけられませんね〜。

これらのリンクは先日達矢が総合優勝したハーフマラソン・レースのムービーです。こちらも見てくださいね!

スタート: http://www.youtube.com/watch?v=hKvoriNJl9k
ゴール:http://www.youtube.com/watch?v=O5Wfd7W2w6E
表彰式: http://www.youtube.com/watch?v=vzU9L1Ecvm8


それと、さらに!
私たちが所属しているランニング・グループ「Running Smile」がBC州の観光局のウェブサイトに紹介されました!ぴかぴか(新しい)

http://whatsnew.hellobc.jp/2010/05/blog-0528-01.php

こちらも見てくださいね!
プロの写真家さんが先日のバンクーバー国際マラソンの時に取材に来てくださったのでした!ひらめき
posted by Qta at 00:04| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

3月以降。。。そしてもうすぐ!フルマラソン〜!!!

またまたものすごくブログ更新をサボってました〜!

日々のトレーニングを記録する「ジョグノート」はほぼ毎日更新しているのですが、こちらまでなかなか手が回りません。。。!

今を逃すと、もう5月のフルマラソンが終わるまではてんやわんやでさらに更新が難しくなるので何とかup-to-dateにしておかないと。

まず3月も忙しかった!
週末は2回達矢の短いレースがあったり、まひろのスケートやバレエ、お友達のお誕生会があったり、仕事では私の他にもうひとりオフィスワーク担当だったAnitaが辞めることになって20人近くも面接したり、大きな翻訳の仕事がたて続けにあったり(これはエンドレスだけど!)。。。
ランはランで3月は走り込みにしたくて週末何とか時間のある時には25〜30k走ったり。。。

まず達矢のレースは、3月7日にダウンタウンで短い8キロ のレース。
8キロをキロ平均3分30秒で駆け抜けるのであっと言う間に終わります。
でも走っているランナーにとっては心臓バクバクの超苦しい8キロ。。。

P1270511.JPG

788091269_250.jpg

記録:28分18秒 年代別:優勝  総合:20位/817名

スタートとゴールのムービーはこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=v9UFGOldn00
http://www.youtube.com/watch?v=Zq6W_m5sduE

ランニングスマイルのメンバーも応援に駆けつけてくれて、気合いは入ったようです。

P1270548.JPG

それにしても、8キロという短い距離の間でもコース取りや駆け引きなど、極限の心拍数、呼吸の中で壮絶なやりとりがあるらしく、話を聞いてる方は「面白いな」とは思いますが、自分にゃできるか?と考えると、ちょっと。。。(笑)
ある意味、距離は長いけど呼吸は楽なハーフやフルマラソン(まだ走ったことないけど)の方がまだやれそう気が。

そしてもちろん、レースの後のお楽しみ♪
いつもの、Barefootレストランで給水です。
P1270555.JPG

この一週間後、ウチから車で10分もかからずに行ける隣の市ポートムーディーで、今度はさらに短く5キロのレースに出走。

P1270619.JPG
スタート前。
ラン仲間の間では、この写真で「横に立っているちっちゃい男の子とガンの飛ばし合いをしてるんじゃ。。。?」と。(笑)

P1270612.JPG

まさしく地方のミニレースと言った感じで、参加人数も150名ほど。
5キロなので、スタートしたと思ったら帰ってきます(笑)。

このレースでやっとオヤジパワー炸裂で総合優勝を獲得!

記録: 総合優勝 17分42秒

このレースにもランスマからmさんが応援に駆けつけてくれました!
P1270658.JPG

一応、総合優勝には賞金というか、主催しているランニング用品店の商品券50ドルがもらえました〜!
(つぎは生活費も稼いでね♪)

1118817.jpg

mさんが撮影してくれたムービーはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=J4DHLz81y-4

私が撮影したウルサイムービーはこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=LIAceMt7s_c

レースの日は必然的に早く起きないと行けないので、さすがに2週レースが続くとキツイ。。。
この頃土曜は朝9時からまひろのスケートが入っていたので、土曜も寝坊できず結構キツかった。

平日は平日で朝4時前の起床は変わらず、弁当作って5時半から7時までジムに行くのが通常ペース。

26日は結婚記念日だったんですが、それさえもすっかり忘れていて、大宮のおばあちゃんから「おめでとう」メールを頂いてやっと気付く始末
(汗)!
もうこの頃になると、頭には5月2日の初フルマラソンの日のことしかありません(笑)!

この日は金曜日だったので、会社の後3人で「KEG」というステーキ屋さんでディナーを楽しみました!

4月に入ると、4日にランスマのイベントで5月のフルマラソンのコースを下見する練習会があり、参加。
メンバーの中にジョギングストローラーを日本へ輸出販売されている方がいらして、練習会の時にはいつもウチに立派なストローラーの商品サンプルを使わせてくださるのですが、この日もまたすごいのを貸してくださって、まひろも快適にフルマラソン後半の約26kmを、iphoneでクレヨンしんちゃんやプリキュアのムービーを鑑賞しながら参加!

20100404b.jpg

IMG_0507-1.jpg
コースの途中で工事中!??
5月までに果たして間に合うのか!!?

IMG_0509.jpg

IMG_0942.jpg

IMG_0940.jpg

IMG_0948.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=tW9hqjUrSck
http://www.youtube.com/watch?v=jIP-VzY_i6s
http://www.youtube.com/watch?v=H9p8XZLSYJU

結局3時間以上も走ったんだけど全然そんな感じはしなくて、仲間と一緒に走るとほんとに楽しくて時間や距離を忘れちゃいます。

この日はず〜っと雨がつづいた後、ふっと止んだ瞬間の貴重な日曜日で
そしてまたつぎの日は雨でした。。。(雨多すぎ!)


そして!
その1週間後、11日には車で1時間くらいのMissionという街であった10kレースにまたまた達矢が出走。
ほんとにレース続きです。

P1280484.jpg

P1280488.jpg
このレースには、ランスマのmさんも出走!

P1280552.jpg
優勝者には自転車の賞品が!?
(実はドロープライズの賞品でした。。。(ハズレた!))

このレースで達矢は38分14秒という自己記録更新を果たしましたが、順位は総合3位。
しかし年齢別で1位!

そして何より!
mさんにとって大きなステップとなった10キロ40分切り!
その感動のゴールシーンも含めて、ムービーはこちら!

http://www.youtube.com/watch?v=hO8ooNbnuqM
http://www.youtube.com/watch?v=7JB4y9Ggp0A
http://www.youtube.com/watch?v=Fvg4KXBGckw
http://www.youtube.com/watch?v=bXsEX4Y35-g
http://www.youtube.com/watch?v=-gk3wyd4wkk

P1280557.jpg

そしてmさんが同じ年齢別カテゴリーで2位となり、ランスマ・メンバーでワンツー・フィニッシュとなりました!
いや〜すごいな!

サプライズで、スポンサーのBoston Pizzaからボストレースにピザが出た〜ハートたち(複数ハート)!!!♪
P1280544.jpg

P1280546.jpg
レース後の食べ物はホントに美味しい。。。(って私は走らなかったけどふらふら

とにかくレースが目白押しだったので、その報告だけでこんなに長くなってしまいましたが。。。(汗)

茉優ネタ&フォトも。

P1270734.JPG
スケート。初めてでしたが、楽しんで行ってました。

P1270722.JPG

P1270582.JPG

P1270752.JPG
先生の中で一番背高ノッポのJordan先生は茉優のお気に入り。

P1270603.JPG
そしてバレエ。
こちらは余裕。

P1270596.JPG

P1270606.JPG

そして、日本語幼稚園のお友達、エミちゃんのお誕生会。

P1270992.JPG

P1270841.JPG
まりなちゃんと。

P1270902.JPG
はなちゃんと。

P1270764.JPG
力作のバースデーカード!

P1270560.JPG
絵を書くのは本当に好きです。

20100331a.jpg
今年もモールの駐車場にやってきた、移動遊園地。

20100412b.jpg
朝、幼稚園前。

P1270691.JPG
背中に人形しょって、お掃除中わーい(嬉しい顔)

P1280103.JPG
熊もお目覚め。やっと最近暖かくなってきました。

すっかり春です。


posted by Qta at 00:18| バンクーバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

Histric Half Marathon

2010年2月21日(日) Histric Half Marathon

天気、快晴。気温3〜4度。

11月1日の西宮国際ハーフマラソン以来、約2ヶ月半ぶりにハーフマラソンに出走してきました。

朝4時半起床。
いつも4時前には起きるので、ほぼ通常どおり。
いつものようにトーストにバターとジャムをたっぷりつけたのと、昨日の残りのパスタを食べ、トイレを済ませて着替え、まひろを起こして6時半ジャストに家を出る。
日の出が早くなってきたのでもう外は薄明るい。

P1270103.JPG

レース会場に行く前に近くのマクドに寄り、まひろの朝食とトイレを済ませてから会場へ。
私たちハーフのスタートは9時だけど、ハーフを2時間半以上かけて走るゆっくりランナーが8時スタートなので、早く行かないとパーキングが心配だった。マクドを出て7時半くらいに会場へ着くと、もう正規のパーキングは一杯!
慌ててまだ少し空いていた道に縦列駐車する。
ランスマ・メンバーのJさんとSさんはもっと早くついた様だ。
mさんはまだの模様。しばし立ち話、トイレに行って、ウォームアップにその辺をジョグ。

P1270121.JPG

快晴の青空。キンと気持ち良い冷たい空気。
気持ちの良いレースの予感。
さあ、お祭りの始まりだ。。。!
だんだん気分が高揚してくるのがわかる。
これから心臓バクバク、呼吸も苦しい1時間半を過ごすのに。

P1270124.JPG

<今回のレースについて、と、これまでの練習>

このレースは私は初めてだが、今年は何でも年初めの人気のあるレースがキャンセルになり、それを走るつもりだった人たちがこのレースにエントリーしたので、例年だと1000人位のエントリーが今年は2000近くになったそうだ。
もともと達矢が出るはずだった。
達矢の足や体調がいまいちだったので急きょ私が出ることになったのだ。
5月のフルマラソンに向けての調整具合を見るためにもちょうど良い、と。。。
ウチからFraser Riverという大きな川を隔てて南東へ、ハイウェイを使うと3〜40分で行ける、Fort Langleyという小さな街、ブルーベリー畑や牧場、のどかな風景が広がる。
ちょっと調べると、この街はブリティッシュ・コロンビア州発祥の地らしい。
歴史の浅いカナダには珍しく1800年代の建物などが残されていて、趣がある。
レースはこの小さな街の中心地からスタートする。
コースは坂が多いので有名らしく、最後の18K地点あたりでローラーコースターの様な下りがある。
まずはコースを体で覚えるために、レース2週間前に試走、1週間前は達矢がmさんと試走したので、コースは2回まわった。
前回の西宮国際ハーフ、その前のDelta Halfと違って、上り下りが適度にあってメリハリがあり、楽しめそうなコースという印象。

日本から帰国して以来の練習は、天気の悪さや日照時間の短さもあったため、もっぱら平日朝出勤前のジムでのトレッドミル。
けれど時間が約1時間と限られているので、短くても強度を少しでも上げた。
1.心肺機能を上げたくて、ひたすら傾斜を上げて登坂(10~11%)を40〜50分。
2. レース3週間位まえからやっとスピードを上げる。これもトレッドミルで、キロ4分切るくらいのペースを4分、あいだ2分ジョグを入れて計3〜4本。
3. 平日のランチタイムも走ったが、これはツナギ程度で強度は弱く。
4. 週末はもっとロングを走りたかったが、クリスマスや年末、イベントがあったりしてなかなか思うようには走れなかった。
5. コースの試走は1回。車でさらに1回まわった。


<いよいよレース>
ウォームアップを終えてもまだ30分以上あったが、最後にトイレにもう一回。。。と長打の列に並ぶと、結局後5分でスタート〜! (でも行っといて良かった)
ローカルレースなので、横からサクッと先頭に余裕で入れた。Jさん、Sさん、Mさんはすでにスタート地点で最後の準備運動。
靴の紐チェック、ストップウォッチをセット、iPhoneの音楽スタート。
「早く走り出したい」気分がこみ上げる。

P1270134.JPG

START直前、mさんに「ペースはどれくらいで?」と聞かれて、とっさに答えられなかった。
練習してる時は「良くてキロ4分1桁、せめて4分10秒代」を目標にしてきたのに、スタート直前には細かく考えなかった、というか考えられなくて、練習した分は体がそのまま動いてくれるだろうと信じようとした。
肝心の答えは、しどろもどろで「自分が気持ちいいペースで〜!」とアホな回答しかできませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

P1270135.JPG

P1270131.JPG
前にホントのゼッケン。後ろにはまひろ特製ゼッケン!

P1270130.JPG

いよいよスタート!
はじめ1〜2キロは、街の中心地から抜け出すのだけど、ハッキリしたスタート地点とこの最初の1〜2キロがどの道を通るのかわからなかったので、とにかく集団について行く。「あ〜ここを通るんだ〜」なんて1k表示を見落とし、2k表示でラップを押してチラッと見ると、7分56秒。。。
「やっぱりキロ4分を切っている。でもそんなに早い感じはしない。。。上等!
タイムは稼げる時に稼いでやろう。このペースでどこまで行けるかやってみればいい」とまだ強気。

5k位までは細かいアップダウンだが、序盤で元気なせいか、タイムは4'05あたりをキープできている。6k目に一旦グンと上る地点があるが短い上りなので、スピードをキープして一気に上がりたい。
タイムは4'21。悪くない。今後下りもあるのでいくらでも挽回できる。
坂をのぼり切ると、一般の舗装道路ではなくて土のトレイル区間を走る。
ここも試走できなかった箇所なので、どんなものかわからなかった。
最初の給水地点があったが、汗もかいていないし、パス。
高速走行中の給水は練習しておきたい気もしたが、体はタイムを優先したか今日はなんとなくいいや、と思った。
トレイルからさっきの車道に降りて同じ道を戻る。
後続のランナー達がたくさん走っていた。
やっぱり2000人は結構な数だ。
中には声をかけてくれる人もいる。できるだけ目が合う人には笑顔で応えた。そ〜すると背中に電気が走ってとても元気がでるのだから、とても不思議。
8キロ地点に達矢と茉優が待っていてくれてる。。。まずはそこまで、気力を繋ぐ。
そのちょっと前で、後ろからmさんが追いついてきた。
私が一番前を走っていることは知っていて、いつか必ず追いつかれるだろうと思いながら走っていたけど、やっぱりしっかり追いつかれる。
追いつかれると、自分のスピード落ちてきているのかと自然に思うのか、身体が重く感じてきた。

mさんは私よりも走歴はずっと長いしレース経験も豊富なので、余裕なんだろうな〜、ここで追いつき、追い越されて多分そのままなのかな〜。。。という思いが漠然と浮かんだ。
しばらく併走し、ちょうど達矢と茉優が待っていてくれた8k地点通過。
って、茉優は寝てたらしいし。。。!

P1270148.JPG

この直後、ちょっと急な上りがあって、Telegraph Trailという長い一本道に入るのだけど、この上りであっけなくmさんは少し前へ進み(って、私が遅れたんだろ!)、 Telegraphに入る頃には3〜40mは離れてしまう。
ああ、やっぱり!これはまさしく想定内の展開だ。
このまま離され、追いつけない自分がいとも簡単に想像できる。
達矢の声も聞こえて来る。。。「ハナからmさんには追いつけない、追い越せないと考えるな。自分で勝手に順番をつけるな、壁を作るな。そう思った時点でもう絶対に追いつけない」
そうね、わかっちゃいるけど、それがなかなかできるもんじゃありません。
ブルーベリー畑や牧場の間を抜けて行く一本道のTelegraphでも細かい上りと下りが繰り返す。
景色が単調で、中だるみが入りそう。。。と試走のときに予想していた。

前を走るmさんの背中が見える。せめてあの背中を見失っては行けない。。。と必死で気持ちをつなぐ。「待って〜!!!」と実際に叫んでいたと思う(笑)。
何とか背中が見えていれば、この後住宅街に入って下りもあるし、追いつくことも可能かも。。。という淡い期待を持ってひたすら追いかけた。
この単調なTelegraph Trailではmさんのおかげで気持ちを何とかつなげたものの、後でタイムを見るとやっぱりキロ4分30秒を超えている。。。きつい上りはなかったのに。
ここは反省点の一つ。

呼吸はこの時、相当苦しかった。
唾液も飲み込めないほど。
給水地点があったので、気分転換に口を濡らす。
でも苦しくてほとんど飲めない。少しでものどに通すとむせまくりそう。。。

住宅街に入り、88Aveから212Stに曲がると下り!
さぁ、ここで挽回するぞ!と呼吸を整えて前傾を取り、タンタンと下る。
なんとなく少しmさんに近づいたかな。。。?
。。。近づいてきた!
96Aveの、これまた長くまっすぐで平坦な一本道に入る前になんとかmさんに追いつけた!
しばらく併走になるかと思ったけど、追いかけてきたスピードのままで行くと、いつの間にか追い抜いていた。

後でmさんのレース記録を読むと、私が「逆襲してきた」と書いてあった(笑)!

まだこの後に一番きつい上りが控えている。。。
絶対に!mさんはそこで挽回してくるはず。。。
まあいい!そのまた後に最後のローラーコースター級の下りがあるのだ。
抜かれたらまたそこで追いつこう!
このmさんに追いついた下りの道からその後の平坦な96Ave(12〜15K)では、またレース開始直後のスピード、4分切りから4分4〜5秒をキープ出来ていた。
ここら中〜後半でこのスピードが出せて下りだけでなく、平地でもしばらくkeepできたのは少し進歩か。。。?
以前は落ちたらそのままバテて上がることはなかったから。

さて、96Aveの平地を終え、いよいよ最後の階段のような上り坂。
なんとか気力をつなげて登りきる。。。mさんに追いつかれるのを覚悟しつつ、かつその後の下りでどれくらいまた挽回できるか、むしろ楽しみにしながら。。。
登りきる直前が一番きつかったけど、うちの坂に比べれば距離は短いし、たいしたことはない。
ただ、レースペースで登るのはやっぱりキツかった!
結局この登りではキロ4分42まで落ちる。
登り切ったところで、一人の女性に抜かれる。あれ、この人初めて前に見るな。。。これまでずっと後ろを走っていて、この登りで追い抜かれたのか。。。
後半に余力が残っていて強いのは羨ましいな〜。。。と他人事の用に考えながらも、この後のローラーコースター級下り坂で抜いたるわ!と結構強気。

。。。が!しかし!

これがなかなか追いつけなかった。。。当然彼女も下りで加速したのだろう。
それにさっきよりもキツイ下りなのに、後でラップを見ると3分台が出せていない。キロ4分6秒。
下りを利用しても今の私には3分40秒台なんて出ないのかい?!
それともやっぱりレースの最後に足に来ていたのかもしれない。
気持ちはしっかり「行け行け」戦闘モードだったのに。。。!
19kから20kに差し掛かり、レースももう最終段階。
後は平坦な道をまっしぐら。。。
もうどう走ったってあと2キロもない。ここでさっきの下りのスピードをさっきのようにキープするつもりで走っていたのに、後でラップを見ると、キロ4分40秒〜???
遅すぎ。。。そんなにバテテたかな〜。。。?
20kから残り1.0975キロは4分33秒だったので、若干挽回しているけど、思ったよりもスパートがかからなかった。
やはりレース終盤は思っているよりも足に来ているのかも。。。

私を追い抜いていった女性は後から見ると同じ年代カテゴリーの一位(44歳)だった。
抜かれなければ、年齢別優勝をいただけたのだけど、世の中そんなに甘くない。
それにしても彼女はもっと若く見えたし、なにしろすごい筋肉質の足をしていた。。。スピードスケートの選手か、と思うほど。。。!あれじゃ〜負けるわ。。。

やがてゴールが見える!。。。タイムは。。。1時間30分13、14。。。!!!
一番に思ったのは、「ゲっ!後14〜5秒で1時間30分切ってたんじゃん!そんなキワどい辺りを走っていたなんて全然知らなかった!もっと早くからトータルタイム見ておけばよかった」。
1キロ毎のラップタイムはちらちら見ながら、ああ、落ちた、挽回した。。。と知っていたけど、いったいどれくらいでゴールできるか、というトータルタイムの方は見ていなかったのだ(まあ、時計の表示も小さいけど)。

ゴール数メートル前には達矢とまひろが大声で応援してくれた。

ゴール後、タイムチップを返して、達矢に「1時間30分切れなかったんだね〜!」と言うと、「全然OKや!」と合格のお言葉が(内心、ホッ。。。!)。。。

あ〜終わった!疲れた〜!でもすごく楽しかった!

P1270172.jpg

記録:1時間30分14秒(参加女子644名中7位、年齢別(40~49歳)2位)。
自己記録更新。

ラップタイム&メモ(ジョグノートより)
1k 0:03:58 1〜5Kまでは細かい上り&下り
2k 0:03:58
3k 0:04:05
4k 0:04:05
5k 0:04:12
6k 0:04:21 上り (Trail前)
7k 0:04:21 若干下り (Trail)
8k 0:04:14 8〜9k mさんと並走
9k 0:04:24 Telegraph Trail前上りでmさんに抜かれる
10k 0:04:36 細かい上り&下り (Telegraph Trail、mさんの背中を追いかける)
11k 0:04:35 細かい上り&下り (Telegraph Trail、mさんの背中を追いかける)
12k 0:03:59 下り (88Ave、引き続きmさんの背中を追う)
13k 0:03:59 下り (212St~210St、引き続きmさんの背中を追う)
14k 0:04:05 下り (mさんに追いつき、追い越す)
15k 0:04:04 ほぼ平地(96Ave)
16k 0:04:42 キツイ上り(216Stの階段上り)
17k 0:04:42 キツイ上り(216Stの階段上り)
18k 0:04:33 上り(88Aveに戻り、まだ軽い上りあり。ここで黄色いシャツの女性ランナーに抜かれる = 年齢別1位の女性)
19k 0:04:06 急な下り(88Aveのローラーコースター下り)
20k 0:04:40 平地
21k
0.0975k 0:04:33

Total: 1:30:14
Ave: 0:04:17


良い点:
1.中盤、若干失速した後でもキロ4分を切るペースまで復活できている(起伏のおかげ)。
2.序盤では上りがあっても遅くてもキロ4分20〜25秒で行けたこと。

反省点:
1.Telegraph Trailという長い一本道は細かい上り下りの繰返しがあるのだが、ここでは中だるみが入ることを予想していた。前を走るmさんの背中を見失わないよう、中だるみが入らないように心がけたが、やっぱりタイムはキロ4分30秒を超えていた。
2.最後のローラーコースター下りでキロ3分台で挽回するつもりだったのに、思ったよりも上がらなかった。
3.さらにその後の平地でやっぱり失速している。下りのスピードがキープできていない。
4.最後はスパートをかけたつもりだったが、タイムを見るとそんなに上がっていなかった。やっぱりばててたのか。。。?

やっぱり反省点が山積み〜(泣)。
どうも平地になると失速するんだよね〜。。。
結局、このレースの好記録も起伏に助けられた感が否めない。。。
自分のペースが全然保てていない感じ。。。?
それともこれほどの起伏コースではこんなもんなのだろうか(オリンピック選手じゃないんだし!)。

mさんは結局終盤失速してしまったようですが、今回新しいレース用のシューズで走ったこともあって、決してベストのコンディションではなかったようです。
何しろ練習ではインターバルにせよ、登坂にせよ、私はmさんにてんで追いつけないのですが、
このレースで中盤で何とか気持ちが途切れずにがんばれたことは本当にmさんのおかげです!
5月のレースでも、mさんについて行けるよう、がんばりたいです。

Sさんは途中トイレに駆け込んだロスタイムがあったものの、それがなければ自己ベスト、という好タイム!

Jさんもこのレースで自己ベスト更新!とすばらしい結果でした。

今回のレースは日本での西宮国際ハーフ以来3ヶ月ぶりだったし、あの時はもう記録は狙わずファンランだったので(食べすぎだったし)、真剣レースは本当に久しぶりでした。

P1270181.JPG

P1270189.JPG

P1270190.JPG

ファンランもいいけど、やっぱり真剣レースは達成感が違います。
まして自己記録更新となると、これまでやってきた練習の意義、反省点がくっきり見えて今後やるべきことがわかりやすい。

目下の最大目標は5月のバンクーバー国際マラソンで42キロを完走し、3時間20分を切ることです。達矢は3時間15分や!と言ってますが、まずフルマラソンが初めてであることから、ど〜なるかわかったもんじゃありません。途中で足つって棄権なんてことも大いにありえます!
まずは42キロを無事に完走。そしてできる限りいいタイムを出すことが目標です。

この5月のレースには、同じRunning Smileの仲間やマラソンを通じて知り合えた日本のランナーさんたちも多数参加されるので、とっても楽しみ!
何よりも、レース後の「給水」が楽しみです!!!

今回の給水も、と〜っても楽しかった!
P1270198.jpg

P1270100.JPG

20100221a.jpg
完走メダル。

ちなみに、年齢別優勝から3位まではメダルがもらえるそうで、これは郵送してくるらしい。。。(まだ来ていないけど!)

下のリンクから、達矢が撮ってくれたビデオが見れます。


http://www.youtube.com/watch?v=7b2DKWbDoPQ
http://www.youtube.com/watch?v=RuhqU_sY9Js
http://www.youtube.com/watch?v=0gpN1Zrkhis 
http://www.youtube.com/watch?v=CRkkhKlI9Kk


動画を見ると、またまた自分のフォームに欠点が見えまくり。。。!
mさんに比べて姿勢は悪いし、腕のふりは変だし(泣!)。
改善の余地、大有り!です。。。
フォームについてもあれこれ試して練習してきたつもりだったんですが。。。
まあ、そこは今後の「伸びしろ」と考えて。


さあ!
そして今週末は、達矢の番です。
ダウンタウンのスタンレーパークにて、8キロレースに出走です。
短いレースですが、賞金がベラボーに高く、よって出走者もツワモノぞろいと来ています。。。楽しみ〜!
posted by Qta at 06:56| バンクーバー ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンピック終了!カナダが最多金メダル獲得!

2週間にわたるバンクーバーオリンピックも昨日の男子アイスホッケー、宿命の米国対カナダの試合を最後に幕を閉じました。

私は走りに行っていて試合を全部見なかったのですが、最後はなかなか手に汗握る展開でカナダがとても気持ちいい勝ち方をしたみたいですね!

郊外のコキットラムでも、カナダがアメリカに勝った瞬間に花火が上がったり、歓声がどこからともなく聞こえてきたり、車のクラクションが聞こえてきたりしたので、ダウンタウンなんかはもうしっちゃかめっちゃかだったことでしょう!

さて、私たちもこのオリンピック中に有休取って2回ほどダウンタウンへ行ってきました。
1回はバスと電車を乗り継いで、もう一回は車で。

P1260365.JPG

P1260373.JPG
素晴らしいお天気!
この景色ももうお馴染みかも。

P1260375.JPG
ダウンタウンのWaterfront駅にて。

P1260376.JPG
まずは、聖火。

P1260382.JPG
朝一(9時前)なので、まだ人も少ない。
聖火の周りにはフェンスがあってすぐ近くにはいけません。

P1260407.JPG
すぐそばに聖火用の展望台がある。

P1260420.JPG
天気はいいけど、寒い!ちょっとスタバで休憩。

P1260429.JPG
いよいよダウンタウンの中心へ。
桜が咲いてます!

P1260426.JPG

P1260436.JPG
ボブスレーに乗ってパチリ!

このボブスレーはそんなに並ばなくてよかったので良かったのですが、
オリンピック期間中に開いている数々のパビリオンはどれも待ち時間がスゴすぎ。。。(2時間〜5時間!!!)
金メダルを触らせてもらえる、というところは何でも6時間待ちだったそうです!!?

P1260478.JPG
たくさんの大道芸人があちこちでショーを繰り広げ。。。どれも上手!!!

P1260521.JPG
人気の高いアトラクションの一つ、ZipLine。
(注:写真は私ではありません。いくらなんでも5時間も待てません!)

P1260532.JPG
一番賑やかな通り、ロブソン・ストリートは歩行者天国に。
まひろもしっかり赤いミトンをゲット。

P1260897.JPG
たくさんの地元アーティストのオブジェが並びます。

P1260900.JPG
オリンピックとは関係ないけど。。。あまりに綺麗だったので。
もう春はすぐそこ!

P1260903.JPG
このビルのカナダの国旗は見ごたえありますね。

P1260913.JPG
バンクーバー・アート・ギャラりー。
何でもオリンピック期間中はレオナルド・ダ・ビンチ展をやっていて、無料で入れたそうです。
(これも列がすごかった〜!)

P1260918.JPG
とにかく人がすごい!

P1260558.JPG
一番のお目当て。
ロブソン・スクエアという小さなアイスリンクでやっていた、オリンピック・マスコットショー。

P1270206.JPG
場所取りに1時間以上前から陣取りました(汗!)

P1260568.JPG
ミーガ、登場。

P1260663.JPG
スーミー、登場(まひろのお気にいり)。

P1270321.JPG
クワッチも。顔、デカ。。。。

どのマスコットともハグハグできて、まひろは大満足!
1時間半待ったかいがあったってもんです(涙!)。

P1270281.JPG
たった15〜20分のショーですが、見る価値はありました。

一日歩き回って疲れ果てましたが、ほんの少しでもオリンピック気分を味わえてよかったですぴかぴか(新しい)

20100226a.jpg
マクドのハッピーセットについてくる景品。
はい、集めました〜ダッシュ(走り出すさま)





posted by Qta at 02:21| バンクーバー ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

オリンピック近し!!!

さ〜!オリンピックもいよいよ今週金曜日から始まります!

ダウンタウンやウィスラーとは違って、うちなど郊外の方はそんなに言うほど盛り上がっていないのですが、昨日私の会社の前を聖火ランナーが通ったので、その時だけは大変な人だかりに盛り上がり!
朝10時半頃通過するので、赤色のものを着て応援しましょう〜!とオフィスのビルの管理会社から前もって知らせが来ていました。
昨日仕上げないといけない翻訳の仕事があったし、忙しいので直前までは「めんどくさ〜。。。」とおっくうでしたが、窓から見えるどんどん増える人だかり、テントを張り、バルーンのアーチが出て何か配ってる様子なんかをチラチラと見ているうちに、ミーハー魂、やじ馬根性がフツフツと湧いて来て。。。
「ちょっくら見に行くべ!」とAnitaと一緒に下に降りて見て来ました。

IMG_0235.JPG

配っていたのは、小さなオリンピックの旗やポスターを巻いて作ったトーチ(もどき)。

20100209a.jpg

しっかりまひろ用にもらい、オフィスのビルがバックに入るアングルを選んでスタンバイ。

トーチがくる前にトラックに乗っててっぺんでお兄ちゃんお姉ちゃんがドンドコドンドコ踊ってるのが来たり、まるでパレード。

IMG_0243.JPG

IMG_0256.JPG

ちょうど次のランナーも近くで待っていて、みんな一緒に写真を撮ったり、大騒ぎ!
(あの〜、一応そこ車道なんすけど!)

IMG_0260.JPG

ランナーはもちろん車道を走ってくるのだけど、他の車の通行を止めるのはランナーが来る瞬間だけ。
というか、ただパトカーに先導されてゆっくりほとんど歩いて来てた。
みんな写真を撮りたがるからね〜。。。
なので、肝心の、みんな待ってた交差点にランナーが来る直前にバスが信号で止まってしまい、もう人が写真を撮ろうと車道に溢れて来てバスも立ち往生。目の前にバスに止まられた人たちは、せっかく30分以上も前から場所取りして待ってたのでカンカンに怒って先導している白バイの警官に「バスどかせろ〜!!!(怒!)と怒号の嵐。。。(汗)
怒鳴られた警官も何か怒鳴り返してる。。。!

神聖なる聖火を前に、こんなんでいいのかねっ!?

DSC05800.JPG
これは同じ日に別のところで撮った写真。
それにしても、この日はよくこんなに晴れたなぁ。。。
めずらしい!

しかしこの聖火ランナー、一般募集もしてたらしいのですが、全く知らなかった!
走ってみたい気もするけど、ちょっとこの衣装はいただけない。。
なんか入院患者みたいで。。。頭や顔の形がもろ出るし。
絶対日本人には似合わないデザイン!?

走った人はトーチを買い取ることができるそうです。


さて、それまでにあった出来事を写真で一気に。。。
まひろのお友達のお誕生会が同じ週末にダブルであって。。。

まず一つめは日本語幼稚園のお友達。
スケートリンクでのパーティーでした!
P1240233.JPG

P1240252.JPG
プレゼントの行列!

P1240260.JPG

P1240335.JPG
後半はリンクでお遊び。

P1240367.JPG
まひろはまだ修行中でございます。

P1240921.JPG
ふたつ目はフランス語の幼稚園のお友達。
インドアのプレイランドにて。

P1240939.JPG
もう子どもたちはまさに野放し状態のサル。
たしかこの場所の名前が、「ジャングル・ジャック」?
かなり汗かいてました。

P1240928.JPG
たいがいピザかホットドッグのどちらかを選ぶ。

P1240956.JPG
お友達のAlexaと。

P1240955.JPG
お砂糖た〜っぷり!のアイシングが乗ったケーキ!
あ〜目がチカチカする!


そして最後に。
来週末、21日に私がハーフマラソンを走ります。。。ということで、先週末にコースを試走してきました。
小雨の降る中、アップダウンが適度にある楽しいコースで、21キロ全コース走るつもりが道を間違って18キロちょいになりましたが、気持ち良く走ってきました。

P1250587.JPG
後半の上り。

P1250712.JPG
さらにその後のローラーコースターのような下り。
スピード出ます!

3月にはとーちゃんがダウンタウンのスタンレーパークを走る、8キロ超高速レースがあります。

乞うご期待!

posted by Qta at 08:49| バンクーバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

初スケート!

さて、1月も早くも半ばを過ぎました。

今回のニュースはなんと言ってもまひろの初めてのスケートレッスンで
しょう!
去年あたりから本人やりたいと言ってたものの、親が二人ともスケートが苦手ときているのでパブリックの時間に連れていく。。。ということもせず、今年も冬が来た。
決定打は、お友だちで日本語幼稚園で同じクラスのあんなちゃんが1月にお誕生会をスケートリンクでする、と聞いてから!
私たちもスケートなんてかれこれ30年くらいやってない!?
(こわ〜。。。)
しかもいくらレベル1のクラスと言ってもスケート靴はいて氷の上に立ったことも無いのではまひろもかわいそうなので、ようやく最初のレッスンの直前にパブリックの時間に行ってみた。
まず父ちゃんは問題外。スキーよりも苦手なスケート、しかも四十肩、と来てる。
なんとかまひろはリンクの上でも立てそうだ。
壁をつたいながら、リンクを2周もトコトコ歩く。
そんな感じで、9日土曜日の朝9時から初レッスンを迎える。

P1230621.JPG

先生はジョーダンという名前に負けないくらい一番背が高いにぃちゃんです。

P1230625.JPG

先生に初めに思いっきり強調して「氷に乗るのは今日が2回目!壁づたいにしか歩けないよ!」と伝える。先生は何とかやってみるよ、と言ってくれた。

P1230628.JPG
最初は這いつくばって移動(笑)

親は一緒にリンクに上がれないので、外から見ているしかできない。

P1230636.JPG

P1230639.JPG

P1230676.JPG

たった40分だったけど、長く感じた〜。

リンクでは他のレベルのレッスンもたくさんしていて、インストラクター以外にもスタッフが常にクラスの様子を見て回り、転んで泣いている子がいたら少し離れて落ち着かせたり、あまりにもレベルが違いすぎるコがいたら別のクラスに移動させたり、かなりしっかりコーディネートされている。
まひろは壁から離れて歩かされたり、コケたりしてべそをかいたりもした瞬間もあったけど、何とか持ちこたえて、無事40分を終了しました。
本人も楽しかったみたいで、その日のうちに新しいスケート靴をゲット!

P1230714.JPG

本当に続けられるか、やってみるまで怪しかったので一回目のレッスンはレンタルしたのでした。

次の週、水曜日の夜にパブリックのスケートの時間があったので、またまひろと二人で闇練(笑)。

一回目のレッスンの時もなぜか「父ちゃんは来ないで!」「4回目くらいから来て!」とうるさいので。。。?
氷に乗るたびに慣れてくるのか、怖さもなくなってくるようで、本当に子どもの吸収力、学習力はスゴい。

そして先週末、レッスン2。

P1230795.JPG

P1230802.JPG

リンクを何回往復したでしょう!?(もちろん短い方ですが)
トコトコ歩きで、上手につかまらなくても歩いてます。止まり方や氷の上での足踏みなんかを教わってました。

P1230807.JPG

P1230827.JPG
こっち向いてサインを出す余裕も出てきました。

まあ、これでなんとかあんなチャンのお誕生会も楽しめることでしょう。
何でも楽しんで行ってくれることがまず一番です!

先週末からはバレエも再開。

P1230854.JPG
こちらは余裕です。

P1230917.JPG

P1230922.JPG

P1230927.JPG

P1230984.JPG
すぐにお友だちもできて楽しそ〜。

P1230987.JPG
バレエと言うよりは、走りまわって終わりって感じ!?(笑)

これからしばらく土曜日は朝9時からスケート、おやつをはさんで12時からバレエ、3時半からプリキュアを見るので、忙しい1日になりそうです。

さて順番は逆になりましたが、まひろネタ以外では、10日にランニング・スマイルの新年走り初め練習会と新年会を兼ねた給水がありました!
去年暮れの走り納め練習会とはうって変わってお天気も良くて、とても気持ち良くダウンタウンからスタンレーパークを約16キロ走って来ました〜!
もちろんまひろも一緒に!
今回の練習会を企画してくれたジョーさんが身障者用のランニング用プッシュチェアーを扱う仕事をしてらして、まひろに子ども用のチェアーのサンプルを貸して下さったのでした。
お陰さまでまひろはおやつを食べたりiPhoneでプリキュアやアンパンマンの映画を観たりと、このうえなく快適に一緒にRunを楽しむことが出来ました〜。

その後はいつもの日本食レストランでの給水ですが、あまりに楽しいのでいつも4〜5時間は軽く居座ってしまいます。。!

P1230726.JPG
乾杯〜!今年もよろしくお願いしま〜す!

P1230736.JPG
まひろのは特注(エビフライ多め)お子様セット!

P1230753.JPG

自分も食べたりはしているものの、文句も言わずにいつも親の趣味に付き合ってくれます(汗)。
(練習会やレースの日は朝も早いし。。。)

P1230761.JPG
今年の初パフェ〜ぴかぴか(新しい)

さて、私達の今後のレースの予定は、私が2月20日にハーフ。
達矢が3月?に8キロの心臓バクバク短距離レース。
そして5月はじめにいよいよ私の初フルマラソンです〜。



posted by Qta at 09:08| バンクーバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

大晦日。

今年も最後の日。
私達家族にとって、2009年はとても充実した年だったと思います。
大きな病気やケガをすることもなく、健康に楽しく毎日を送れたこと。
まひろも5歳になって新しいフランス語の幼稚園に入り、言葉がわからない中でも嫌がらずに楽しく行ってくれていること。
仕事も不景気ながらもクビになることなく、何とか続けられていること。
夫婦揃って真剣に走ることに目覚め、レースに出たり、目標に向かって努力し達成する喜びを味わったり、同じ趣味、目標をもつすばらしい仲間と知り合い切磋琢磨することの楽しさを知ったこと。
日本にも帰って家族と楽しく貴重な時間を過ごすこともできました。
今のすべてに感謝しつつ、2010年もますます良い年にしたいと思います!

クリスマス前からこっちはもうほとんど毎日と言っていいほどイベントが目白押しでした。
まだ全部終わっていませんが、これまでの様子を写真で一気にお知らせしたいと思います!

12月16日:まひろのフランス語幼稚園でのクリスマス・コンサート。
P1220712.JPG

P1220512.JPG
日本に4週間行っていて、練習不足の割にはしっかり歌って踊っていました。

P1220736.JPG

12月18日:日本語幼稚園でクラスの最後にミニ発表会。
P1220981.JPG

12月19日AM:フランス語幼稚園での「サンタと一緒にクリスマスの朝食を」というイベント。
P1230004.JPG

P1220994.JPG

同じ日、日本語幼稚園でのクリスマスイベントをハシゴ!
P1230005.JPG

P1230012.JPG

P1230030.JPG

12月19日PM:家でプリンセスのバニラクッキー・キャッスルを製作!
P1230049.JPG

P1230071.JPG
真剣な表情を見よ(笑)!

P1230074.JPG
かーんせい〜!

12月20日:ランスマ走り納め練習会&忘年会〜!
雨の中、18キロくらい走りました。まひろもジョギングストローラーをランスマ仲間からお借りして快適にJoin!
P1230082.JPG

P1230100.JPG
パフェも食べ納め。

P1230116.JPG
もうすぐクリスマス〜。早くプレゼント開けたいな!

12月24日:お呼ばれNo.1−あやちゃんのお友達宅。
P1230157.JPG
すき焼きをご馳走になりました〜ぴかぴか(新しい)
素敵なおうちでした。

P1230151.JPG
子どもは子ども同士でね。。。!

P1230195.JPG
プレゼント交換も!

P1230207.JPG
夜中の12時頃まで遊び倒しました!

12月25日:クリスマス!朝からツリーの下に置いてあったプレゼントを開ける、開ける!
P1230236.JPG

P1230254.JPG

P1230289.JPG
今年もサンタさんからたくさんもらいました!


12月25日PM:お呼ばれNo.2−ランスマ仲間のTazさん宅へ。
ご近所メンバーを招待してくれました〜!

P1230305.JPG

P1230298.JPG
うーん!美味しかった!

P1230295.JPG
うちからの持ち寄り。ミートボールのマリネ。
と、

P1230297.JPG
またこれ!アイシング・クッキー!
と、

P1230293.JPG
マシュマロ入りチョコフレーク!


12月27日:恒例の白羽さん夫妻との忘年会!
P1230320.JPG


そして昨日、12月30日も、午後に日本語幼稚園のお友達のおうちにお呼ばれでした。


最近かなりハマっているもの:クリスマス・プレゼントでもらった「人生ゲーム(もちろん英語版)」
P1230322.JPG

P1230328.JPG
もう何回かやっていますが、なぜかまひろはいつも順風満帆な人生で借金もなし!
母ちゃんが借金だらけで終わることが多い。。。(まじでシャレにならん!泣!)

そして、明日はお正月。
家でのんびりして、2日はあやちゃん一家がお泊りで遊びに来てくれます。
楽しみです!

日本はもう年が明けていますね。。。!
新年あけましておめでとうございます!
2010年も皆様にとって良い年でありますように。。。
そして今後とも何卒よろしくお願いいたします!











posted by Qta at 07:32| バンクーバー ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

さーもうすぐクリスマス&年末年始です!

こちらももうすっかりホリデーモードクリスマス

ウチもクリスマスツリーを先々週末に購入、
P1220216.JPG
(今年もノーブルファー をゲットです。)

飾り付けも終わらせ、

P1220224.JPG
こらこら、そこ〜!遊ぶな〜!

P1220229.JPG
ま:監督、り:作業員、た:四十肩で役たたず。

P1220209.JPG

P1220231.JPG

P1220236.JPG
完成〜♪

初めてドイツのクリスマスのお菓子、シュトーレンを焼いてみました。
まひろが食べるから、と思って本来ならラム酒をたっぷり使うところをアプリコットジャムなどで代用しましたが、あまりお気に召さなかったご様子。
P1220209.JPG

まあ、フワフワのお菓子って訳ではないからね。
日持ちのするお菓子なので、早めに焼いてクリスマスを楽しみにチビチビ切って少しずつ食べるんだそうですが、減量モードに入っていない達矢がいるウチではそんなウンチクは通用しません!
先々週末に作って、数日で食べ尽くしてしまいました(泣)。
2つあったのにぃ〜!
今度はラム酒をたっぷり使って大人仕様で作ってみよう。

なんだか近頃お菓子作りモードに入っていて、シュトーレンを作った週末にはランスマのmさんとうちの近くの坂での練習会をしたので終わってから寄ってもらってアップルパイとクッキーで給水。
P1220243.JPG

P1220247.JPG

先週末は一度作ってみたかったレモンバータルトと
P1220260.JPG

余ったバナナで焼いたバナナココアパウンドケーキを作りました。
(写真送るの忘れた!)

そして先週末日曜日にやっと外のガレージの電飾もつけーの。。。

会社のクリスマス ディナーも11日にダウンタウンのレストランで済ませ、
IMG_0139.JPG
ガスタウンの「Al Porto」というイタリアン・レストランにて。

IMG_0145.JPG

IMG_0142.JPG
イタリア、シシリアのPinot Grigio。。。う〜ん、美味しかった!
っていうのはただ酒だから???ぴかぴか(新しい)

IMG_0159.JPG
仔牛のメダリオンステーキレストラン

まひろの幼稚園でもあと今週いっぱいで冬休みに入るので、その前にクリスマス コンサートがあったり(何やら練習しているらしい)、19日(土曜)はクリスマスブレックファースト(朝食)と称して朝10時からイベント。
20日(日曜)はランスマの年末走り納め練習会&忘年会。
25日もランスマのご近所に住むメンバーにディナーにお呼ばれ。
27日は毎年恒例の白羽さんとゆみさん夫妻を呼んでのウチでの忘年会。
あとは、あやちゃん一家との年末の集まりも企画していて大忙しです!

実は数日前からまひろが少し鼻水とセキが出ていて、熱は出なかったのでただの鼻風邪だったと思いますが、1日だけ朝のフラ語幼稚園を休みました。
その後だいぶよくなってきているので心配ないと思います。先週末は一歩も家を出ずに家で養生していたので、これでこれから年末にかけての過密スケジュールもこなせるでしょう(笑)。
私も先週まひろにうつされたか、喉の痛みから始まって少し鼻水も出だしたのですが、早めの風邪薬と会社のクリスマスディナーでのお酒と週末の十分な睡眠で撃退しました(笑)!

達矢は風邪はなんとか免れていますが、相変わらずの「四十肩」に悩まされています。
これは治るまでじっと耐えるしかないんでしょうか。。。ね?!

さー今年もターキー焼くかな〜!!!
オーブンに油が飛ぶのと家中煙たくなるのが憂鬱なのよね〜。。。

11日からの初雪で、今年もとうとううっすらと積もりました。
P1220266.JPG

だけどこのあと少し暖かくなって雨になり、気温も10度近くまで上がるそうなので、溶けてしまうかな?
クリスマスの頃はどうなることやら。。。
去年はドカ雪クリスマスでした!雪

またご報告しま〜す。

P1220212.JPG

posted by Qta at 01:52| バンクーバー ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

Back to Normal Life

約1ヶ月の日本帰国を終えて、カナダに帰って来て2週間が過ぎました。

先週からまひろも幼稚園復活、よ〜やく!こちらの時間で生活できるようになってきました。
私はもう帰国翌日から出勤しているので、強制的に元の生活リズムで過ごしているともう日本にいたのはず〜っと前のような感覚です。
一番しつこく時差ぼけがいつも残るとーちゃんも、やっと!夜まとめて眠れるようになってきたみたいです。

日本のおじいちゃん、おばあちゃん、そしてお世話になった皆様、本当にありがとうございました!
おかげさまで日本では怪我も病気もなく、全日程を元気に楽しく過ごすことができました。

日本の美味しい食事、温泉、新幹線の旅、都会、田舎、日本のマラソンレース、家族との団欒、どれをとっても大切な思い出になりました。
まひろにとってもとても楽しい記憶として残ることと思います。

仕事も入っていたとは言え、1ヶ月間たっぷり本当に楽しみました!こんなにまとめて休みをくれた会社にも改めて「感謝」です。
しかも、これだけ休んだにもかかわらずまだ有給が8日も残ってるし!?

さて、ここから年末までは、忙しい日々が続きます。
会社では予想どおり仕事が山積み。
12月に入るとクリスマスパーティーがあったり、まひろの幼稚園も冬休み前の発表会があったり。
半年に一度の歯医者のクリーニングも行かなくてはならないし、ツリーの木を買って飾り付けしなきゃいけないし。。。!
家も少し片付けたいたらーっ(汗)

今週末は手始めに、10月のチケット売り出し当日に日本からネットで手配したDisney On-Iceを見に行ってきました!
日本で結局今回はディズニーランドに行けなかったので、抑えておいて正解でした。手(チョキ)

P1220111.JPG

P1220118.JPG

P1220141.JPG

P1220186.JPG

さすがディズニー。魅せますね。
会場に来る子どもたちもプリンセスのドレスやピーターパン、ぷーさんのコスチュームなどを着ていてかわいい!

まひろは出かけるときに雨がじゃじゃぶりだったので、いつものプリンセスの上着に普通のスカートで行きました。
下着、おパンツはもちろんプリンセスぴかぴか(新しい)(ぷっ。。。)

そして今週木曜日からまひろはフランス語と日本語の幼稚園に加えて英語の幼稚園にも行くことになりました。
厳密には、ESL(English as a Second Language)クラスで、英語を第2外国語とする子たちが取るクラスです(もちろん無料)。
とにかく本人たっての希望で、お友だちや先生ともっと英語でお話したい、と。。。
週5日、午前中はフラ語の幼稚園、午後は日本語のが水曜と金曜に入っていますが、幸い問い合わせた英語の幼稚園で週3日だけでもいいといってくれたので、決めました。
まひろも来週からフルタイムです!
来年1月からのバレエもしっかり申し込みました(これは土曜日)。
今時は幼稚園児も忙しーね。。。!

これからはiphoneもあることだし、できるだけマメに更新していきたいと思っていますあせあせ(飛び散る汗)

ではまた〜。

(おまけ。。。久し振りに家でカラオケ...とアップルパイ黒ハート
20091128a.jpg

20091128b.jpg
posted by Qta at 01:49| バンクーバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

キター!!日本帰国まで秒読み状態超多忙な2週間

あ〜〜〜!ブログを更新する時間がない!

以前は朝の勤務開始まえのゴールデンタイムに更新などしていましたが、この時間もランや筋トレにあてるようになったため、ブログ更新の時間をどうつくるか。。。。!?

夜は毎日バタンキューで茉優と一緒に寝てしまうし、とても起き出してなんて無理。。。
朝は前にもましてさらに早い朝一番のバス(5時33分)に乗るので、おきるのは3時半だしこれ以上はいくらなんでも早く起きれませ〜ん。
この文章も会社へ向かうバスの中で打っているのです。たまたまノートを持っていく用事があったので。。。いつもは重いから持ち歩かないし。。。!
だけど報告したいことは山ほどあって、やけくそで時間見つけてアップします!

夏休みもいつの間にか終わり、茉優は9月2週目からフレンチ・イマージョンの幼稚園と日本語幼稚園の5才クラスもスタート!
新しいお友達も増えて楽しく行ってくれています。

フランス語幼稚園の初日。
P1160500.JPG
足の角度がようわからん!?

P1160509.JPG

P1160636.JPG
今回は男の先生です。
朝クラスに入るときには、先生が一人一人握手をして、「ボンジュール!」とご挨拶。

もちろん帰りも同じように一人一人握手をして「オルボア!」です。
ああ、やっぱりフランス語にはどうも弱い。音が好きで・・・いいなぁ。。。どうも弱いです!

P1160632.JPG
最初の週に、先生との面接があり、英語でどのくらいコミュニケーションができるかを把握するために色や数について質問されました。
2年間プレスクールに行ったのでもう余裕だろうとこっちも余裕でいたら、先生が黒の紙を出して、これは何色?と聞いたときに、「ピンク。。。」と答えたときには後ろにひっくり返りそうになりました!
(まあ、後はなんとか...。)
試験ではないのでいいんだけどね〜

もう数も21くらいまでフランス語で覚えてきて、一生懸命教えてくれます(発音がなかなかいいぞ)。
大学で3年フラ語を取りましたが、きっと茉優が1年行ったらもう抜かされちゃうでしょう。。。先日は早速図書室からフランス語の絵本を借りてきて、夜読まされました!!!(やばい!とうとうその日がきた。)
だけどご本人はどうも英語ももっと話せるようになりたいらしく、英語の幼稚園も行きたいと言い出しました。先生やお友達ともっと話しがしたいけど、英語が思うように話せないのがネックだと。。。
それで、登園拒否とかにはならずにむしろ英語を習いたいという茉優にこっちはもう脱帽です。

えらいよ!

ってなわけで、現在月〜金の午前中はフら後幼稚園、プラス水曜と金曜の午後に日本語幼稚園に行っているのですが、のこりの月、火、木の午後に英語の幼稚園に行けるように調べてみるつもりです。

さて、お次は父ちゃん、母ちゃんの「ランニングねた」ですが、これも
さっぱり更新をサボっていたので、たまっちゃっています。(速報ではメールで当日に結果報告してますが。)
夏の間はBBQやランチをかねてのランスマ(ランニングスマイル)の練習会もいろいろあって、本当に楽しかった〜。

9月に入ってからは、いよいよレースシーズン到来です。
まず9月20日に、うちから車で1時間ほど南に行った、ホワイト・ロックという街で行われた、ハーフの距離(約21キロ)を4人で走る駅伝レース!
達矢がたまたまどこかでこのレースを見つけて、ランスマでチームを組んで出よう!ということになったのです。
今年は2チーム出ることになり、「虎さんチーム」と「うさぎさんチーム」の計8人。
過去の優勝チームのタイムを調べると、もしかしたら虎さんチームは優勝をかっさらえるか!?というレベル。
レースの名前にも「Ekiden」と日本語が使われており、こりゃ〜一発発祥地出身の日本人チームが優勝したろ〜やんけ!!!とチームの士気も超盛り上がり!
達矢と私が入った「虎さんチーム」には、

1区(5キロ)をSatoshiさん
2区(6キロ)をmasaruさん、
3区(8.5キロ)を達矢
アンカー4区(1.6キロ)を私が走らせていただきました。

P1170153.JPG

結果はご存知のとおり、23チーム中見事優勝〜!!!手(チョキ)

私以外のランナーはみんなキロ3分40秒〜4分ジャストの超スピードで駆け抜け、見事金メダルを獲得したのです!
そしてランスマからもう一つ出た、ウサギさんチームも見事「銀メダル」でワンツーフィニッシュ!!!

P1170203.JPG

実は私、8月末に走った36`のロング・ランの後に右ひざの裏の筋を痛めてしまい、それ以降は満足に練習できていませんでした。
できるだけ休足期間をおいてこのレースでは担当の距離も短かったこともあってぶっつけ本番に走ったのですが、自分では結構はやく走ったつもりだったのに、1キロ当たり5分もかかって走ってたなんて!!!??
スピード感覚ってのは、しばらく走らないと鈍るんだな〜と実感。
今回の記録だって、前のハーフ・マラソンの前半のペースで走っていれば大会記録が出ていた(らしい)のに、とんだご迷惑をおかけしちゃいましたよ。。。。みなさんすみません。
しかも一番短い距離を一番遅いペースで走った私がトップでゴールのテープを切らせてもらい、後で新聞に載った写真も、さも自分が一番がんばったかのようなゴールの瞬間の写真が大きく載っていて。。。(大汗)!!!いやいや、ほんとに「美味しいとこ取り」で大変申しわけなかったっす!

来年はかっ飛ぶぞ〜!パンチ

それにしても、「駅伝」なんて初めてだったけど、一人で走るマラソンと違ってまた別の楽しさがあってほんとに楽しかった!あの襷の「重さ」は忘れられません。
みんなが頑張ってつないできた「魂のこもった」襷。。。
絶対に落としちゃいけない、と肩からかけてしっかり閉めて、さらに端っこをしっかり握って走りました。

そうそう、来年はラン・スマの女性陣でチームを組んで出場する話も持ち上がっていて、これまた面白くなりそうです!

レースの後は、ホワイト・ロックの海沿いにあるドイツ料理のレストランで美味しいビールとランチ!
もうまさに「至福の時」を過ごしましたぁ。

P1170219.JPG

それにしてもダークのドイツビールを頼んだのですが、これがと〜っても濃かった!あんなコーヒーみたいな濃いビールは初めて飲んだ。

P1170225.JPG

P1170230.JPG

実際、ウェイターのおにいちゃんも、このビールは普通のみたいにゴクゴク飲むのではなく「ちびちび」と少しずつ飲むんだと教えてくれました。

P1170224.JPG
注ぎ方も、いきなり缶をまっさかさまに。。。

オーシャンビューも美しかったし、とにかく爽快な一日でした〜。

P1170258.JPG

P1170267.JPG
桟橋を歩いたり。。。

P1170316.JPG
ビーチでのんびり。

このレースの結果を、ランスマの代表masaruさんがバンクーバーの日本語新聞に記事にしてくれるように投稿し、先週の新聞に写真入りで紹介されたのでした!(すでに報告済みですね!こちらです。)


さてその1週間後。
達矢が出走したレースは、超ローカル、うちのあるコキットラムの隣街、ポート・コキットラムでのトレイル・ハーフマラソン。隣町といっても車で10分くらいで行けちゃうのでレース当日もゆっくりいけて楽々。
今回はトレイルなので、ほとんどが舗装されていない砂利道。蹴りだす力が地面に逃げちゃうので疲れやすく、アスファルトやトラックばかり走っていると慣れないのでタイムも落ちます。
この2ヶ月ほど、達矢はほとんどここのトレイルとトラックでの練習を重ね、このレースは優勝をひそかに狙っていました。

ほかのランスマ・メンバーも3人が出走。
当日は前日までの雨も上がってお天気もよく、コンディションは最高。
9時に始まるレースに8時前に会場に入るとほとんど人もなく、のんびり「田舎」レースを感じさせます。

P1170352.JPG

P1170350.JPG

P1170365.JPG
ウォーミングアップ。。。

歩いて来れるほど近所に住んでいるmasaruさんも出走予定でしたが、風邪をひいてしまい、本命の10月11日のビクトリアマラソンに向けて大事を取って今回は棄権。
さて、レースの方はと言えば、もう一人早い人がいたらしく、スタートからずっとその人と苦しい駆け引きが続く激しい一騎打ち!
7キロ地点くらいまでは達矢が前で、その人がずっと後ろについていたらしいです。

P1170367.JPG
スタート直前。

P1170402.JPG
スタート直後からデッドヒート!

だけど彼はどうも実力的に1~2枚上手だったらしく、そのうちに抜かれて順位が入れ替わり、私と茉優が待っていた途中12~3キロ地点ではすでに10メートルほどの差が空いていました。

P1170560.JPG

ペースは怒涛の3分30秒台!
注:ちなみに私が400メートルトラックで全速力で1キロだけ(2周半)走っても、この速さでは走れません。せいぜい3分47~8秒が限度です。それを、3分30とか20秒台で、しかも21キロも「続けて」走るんです。この人たち。。。
いったいどんな心臓と肺をしているんでしょうか?開けてみてみたいわっ!
そんな速さで走っている中、彼は余裕でどんどん達矢に話しかけてきたらしく、いちいちご丁寧にやり取りしていた達矢は「脳みそ」も疲れてきたのでしょう。

それともう一つ。
これから日本へ帰っていくつか走るフルマラソンも控えていることもあって、このレースはそのための「調整」ということも脳裏によぎったそうです。その瞬間、「無理しちゃいけない」とか、「ここで怪我しちゃいけない」とか、「勝負」からほんのすこし「ひいてしまう」気持ちがでたのでしょう。
キロ3分30秒台のスピードの世界では、その一瞬の気持ちの「マイナス」がすぐに勝負に現れるでしょうね〜。。。
ちょうど同じころにさらにおにいちゃんは3分20秒台へペースを上げ、そのまま差が縮まることなく達矢は2位でゴールとなったのでした。
それでも記録はトレイルでのハーフとは信じがたい、「1時間18分48秒」でした。

P1170702.JPG

すばらしい記録でした〜!
ちなみに優勝したおにいちゃんは1時間15分切りを目指していたそうで、結果は1時間16分ちょっと。。。
こんな田舎街のレースでとんだ伏兵がいたもんだ、まったく!!!
だけど、コキットラムやポート・コキットラムって、なんでもオリンピックに出るような選手もいたりして、結構レベル高いらしいっす。

P1170741.JPG
ゴール後、すぐに完走メダル。
そうそう、わすれていました。
今回はこのふざけた「ブタの被りもの」をかぶってのレース。
なぜ?。。。「周りを油断させるため」だったらしいが、1位のにいちゃんには効かんかったな!

P1170774.JPG
年齢別で1位をゲット!

P1170777.JPG
走らなかった私まで食べてしもた!
このほかにもドーナツ・コーヒーもあり揺れるハート

そしてもちろん!このレースの後も家族も交えての楽しい給水タイム。
ポート・コキットラムの美味しい飲茶といえばここ!というレストランに予約を取ってくれて、みんなで飲茶を囲んでの楽しい時間を過ごしました。

P1170790.JPG

P1170789.JPG
みんなの健闘をたたえて、乾杯〜!

そして先週。
私は毎年恒例の農林省からの監査ウィーク。

月、火曜日は同じくJAS林産物の登録外国認定機関である「サーティウッド」という試験施設に通訳として、水曜日は半日休んで午後出勤のみ、そして木・金曜日はうちの監査でどっぷり頭使って疲れました。

でもそれもようやく終わり、おとといの日曜日は日本帰国前に済ます茉優のお友達を招待してのお誕生会。
今年は日曜日にコミュニティ・センターの部屋を借りて、ケーキやスナックを持ち込んでやることにしました!
その様子はまた次でご報告します。

ラスト1週間は休み前の仕事をできるだけ片付け、その後、帰国前の最後の週末はいよいよビクトリア・マラソンです。

初マラソンをこのビクトリアで頑張る・・・つもりでしたが!
やはり8月末の膝裏の筋がまだ完全に治りきらず、ぎりぎりまで様子を見ましたが今回は棄権することにしたのです。

あ〜エントリー料金(約7千円)がもったいない!!!
だけどここで無理して走ってまた痛みがひどくなったりしたらもっと大変だし、これからずっと走り続けたいので、きっぱりあきらめました。
というわけで、私の初マラソンは来春のバンクーバー国際マラソンとなりそうです。

ちなみに、ビクトリアにはまひろのキッズマラソン(1.2キロ)もエントリーしていてとても楽しみにしていたので、それまでキャンセルするのはかわいそうなので、せっかくなら、と父ちゃんがフルにエントリーしました!

日本でもレースが目白押しに入っているのに、だいじょ〜ぶかいナ。。。?

長くなりました〜。読んでくれてありがとうございます!

posted by Qta at 01:04| バンクーバー ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

夏休みパート3!

記録的な暑さだった先週と比べて、今週はず〜っとすごしやすくなりました。
先週からあまりの暑さのため布団を一階のリビングに持ってきて寝てます晴れ

今週末はいよいよ2回目のハーフマラソンなので、今週はランニングも少なめ。朝の通勤ランも怪我をする可能性を考えて控えています。
その代わり、オフィスに着いてから着替えて近くの高校のトラックでスピード練習。
あまり好きでないのと、最近の暑さを言い訳にこのスピード練習があまり足りてないような。。。バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)もうやだ〜(悲しい顔)

さらに最近のイベント続きで食べすぎ傾向とあって、設定タイムをクリアするのに一苦労。。。爆弾

今週末のレースには暗雲立ち込めまくりです。。。ダッシュ(走り出すさま)

まあ、ここまできたら、「なるようになれ」です。
どれだけ練習やっても不安な材料はあるのだろうし!
(開き直りも大切、ということで。。。)

さて、まぴろんの方はといいますと、夏休みで毎日公園やモールめぐり、夏のプログラムに参加したりプールに行ったりと、遊びまくりです。

先日は、Kindergarten入園前に接種する必要がある予防注射も難なくクリア(アイスクリームつきで)。

P1100845.JPG
お昼はモールや公園でお弁当。

P1100853.JPG
一日最低3時間は外で遊んでいるらしい。(時には6時間も!!!)

P1100875.JPG
もちろん、あちこちぶつけたり転んだりして時々泣いて父ちゃんのもとへ。

P1100876.JPG
しばらく、ショショくれた後、

P1100891.JPG
復活。

P1110079.JPG
あまりに暑すぎるときには、マクドでも遊ぶ。
もちろん、お弁当を食べた後に。
(これがまた良く食べる、食べる!)

P1110087.JPG
こんな遊具があるそばにテーブル・椅子があって親が座って見ていられるが、普通のところとは別の部屋になっていて、冷房がかかっていませんたらーっ(汗)
だけど、外よりは涼しいらしい(子どもたちは走り回っているので汗だく)。

P1110089.JPG
茉優は公園やこういうところで知らない子とお友達になるのが大得意!
父ちゃんがこっそり近寄って会話を聞きに行ったところ、相手が誰であろうと堂々と「日本語で」喋りかけているらしいexclamation&question

いや、たいしたもんですひらめき
見習いたいもんだ。

P1110092.JPG
楽しそうるんるん

P1110112.JPG
そしてアイスクリームも、食べる。

P1100895.JPG
食べる。

P1110075.JPG
食べる!

P1110099.JPG
食べる!!

P1110100.JPG
食べる!!!

って。。。ちょっと食べすぎじゃないかい!??

P1100898.JPG
1回目の夏のプログラム、Dance Camp。
以前にとった、バレエのクラスと同じ先生だった。
(それに気づいたのは何日もあとから写真を見た母ちゃんだけだった!)

P1100904.JPG
相変わらず、わかりにくい案内板じゃパンチ

そして二つめに行ったのは日本語幼稚園のサマープログラム。
これは初めての、朝10時からお弁当を挟んで午後3時までという、ほぼ一日の長いプログラム!

日本語幼稚園は大好きなので存分に楽しんだようですが、さすがに長いとあって、途中何回かホームシックで「お父ちゃん、お母ちゃんに会いたい」と泣いたそうですわーい(嬉しい顔)

このようにその日あったことを夜にたくさん話してくれるのですが、結構自分が泣いたことなどを客観的に話してくれます。
「茉優ね、あの時ね、〜だから泣いちゃったの」と。。。
そして、「明日も泣くかもよ」とにやっといたずらっぽい笑みを浮かべながら言うのです。
4歳って、こんな感じでしたっけ?

1週間のプログラムでしたが、その間、父ちゃんは近くのトレイルにロング・ランなどに出かけることができました。
私もその間一日休みをとり、久しぶりに一緒に30キロを走りました。
(本当は42キロ走る予定だったけど、初めてのトレイル・ランで疲れてリタイヤ!あせあせ(飛び散る汗)

P1100991.JPG
隣の市、Port Coquitlam(ポート・コキットラム)にあるトレイルだkら、「PoCo Trail(ポコ・トレイル)」。

0`地点です。
うちから車で10分くらいで行けます。

P1100993.JPG
森林浴。。。とても気持ちいい!

P1100996.JPG
こんなところが近くにあって、ラッキー!

P1110002.JPG
熊に注意!のサインが。。。
やっぱりね。一人ではちょっと走れないなぁ。

スタート地点のそばにプールがあって、新しいのか、いつも行くプールよりは小さいけれどとてもきれい!
P1100943.JPG

P1100957.JPG

P1100972.JPG
ジャグジーは気持ちいい〜いい気分(温泉)

<おまけ>
P1100927.JPG
毎晩、お風呂に入る前、入った後にほんの少し、好きなビデオを鑑賞されます。
最近のお気に入りは、なんと言っても「プリキュア」。
もちろん、今日本でやっているような新しいものではなく、日本語幼稚園で貸し出し用にあった数年前のバージョン(ふたりはプリキュア)です。

毎晩、このような格好で、変身ポーズや決め技を真似しながら大声で決めゼリフを叫んでおります。

気づいたら逆立ちをしているのも相変わらず。。。ふらふら








posted by Qta at 01:03| バンクーバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

夏休みパート2

さて、ますます更新が遅れている茉優ブログですが、今回はあやちゃんのお誕生会から。

今年はリッチモンドのウォーターパーク付きの公園で、太陽の下での素敵なお誕生会でした。

一気に写真をアップします!

P1090790.JPG

P1090806.JPG

P1090794.JPG

P1090786.JPG

ピザや特大ロール寿司。。。!早速いただきまぁす!

P1090820.JPG
ウォーターパークは、あまり水が出ていなかった。。。

P1090842.JPG

P1090850.JPG
シャボン玉であそんだり。。。

P1090861.JPG
バドミントンであそんだり。。。

P1090869.JPG
お待ちかね!バースデー・ケーキ!

P1090883.JPG
そして、やっぱり!
プリンセスです!

P1090886.JPG
はやく、はやく!!!
みんなケーキ大好き!

P1090896.JPG
おいしいね!

P1090897.JPG
ちなみにこのプリンセスたちはプラスチックで食べられません。
だけど、中に豆電球が入っていて、ちかちか光るらしい。

P1090901.JPG
冷たいフルーツも!

P1090909.JPG
あやちゃんと同じ日本語プレスクールに行っている、はるとくんの弟、ゲンちゃん。
去年もあやちゃんのお誕生会で一緒に遊びました。
なぜか父ちゃんとウマが合い、仲良しに。

P1090911.JPG
ケーキのあとは、これまたお楽しみの、「ピニャータ」。
このピニャータ、その由来などよく知りませんでしたが、ウィキペディアなんかによると、

「ピニャータ (piñata) は、メキシコの子供のお祭り(誕生日など)に使われる、中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のこと。「ピニャータ」の語源はイタリア語の「ピーナッター(pignatta)」と言われている。ピーナッターとは「土鍋」のことであり、主人が使用人に、日ごろの感謝をこめて土鍋に果物などを詰めてプレゼントしていた習慣が元になったと言われる。」

。。。なんだそーです。

P1090992.JPG
まひろもたたかせてもらった。

P1090915.JPG
そしてみんながピニャータやってる間に、父ちゃんとゲンちゃんはなぜか別行動で遊んでいました。

P1100002.JPG

P1100084.JPG

P1100086.JPG
遊ぶ、遊ぶ!

P1100080.JPG

P1100034.JPG
ピニャータはなかなか頑丈でしたが、やっと割れました。
中に小さなキャンディーやおもちゃがいっぱい!

P1100056.JPG
くつろぎタイム。。。

P1100045.JPG
ゲンちゃんは、やっぱり父ちゃん。

P1100050.JPG

P1100076.JPG
すっかりリラックスしちゃってるし!

P1100103.JPG
公園でも遊び。。。

P1100096.JPG

P1100104.JPG
お土産ももらって!
楽しかったね!


さて、ランニングの方も順調です。
今月は、母ちゃんが350キロ、父ちゃんは300キロ、走りこみました。

P1100111.JPG
週末早朝のロング・ランは、茉優が外に出て出迎えてくれます。

P1100357.JPG
日曜日、公園に遊びに行くのと兼ねて父ちゃんがランニング。
茉優も応援(邪魔?)。

P1100248.JPG
1周走るごとに茉優が声をかける。

P1100310.JPG
と、思いきや、トラックの反対側へダーッシュ!

P1100360.JPG

P1100379.JPG
また声をかける。。。
これを何回繰り返したか。。。!
茉優は茉優でインターバルをやっておりました。

P1100435.JPG
いい加減集中力がきれちゃって、予定より早めに切り上げ。

P1100454.JPG


別の日。
いつも行くランニングウェアやシューズを売っているお店で、25周年の記念イベントがあって、「20分走ればキャップをただでもらえる」というのでランニング・スマイルのMasaruさん親子と一緒に行って来た。

P1100510.JPG
グレーの涼しいメッシュのキャップを3人分、しっかりいただきました!

P1100522.JPG
茉優はストローラーで。

P1100548.JPG
20分なんて楽勝〜!なあんてあなどっていたら、初めはよかったが。。。

P1100573.JPG

P1100627.JPG
途中からこ〜んなトレイルもはいっていて。。。
(おいおい〜、このストローラー、ランニング用じゃないよ〜!)

P1100649.JPG

P1100684.JPG
茉優もがたがたするのでめんどくさいのか、途中少し自分で走る。

P1100751.JPG
後半は交代。

P1100768.JPG
いや〜結構疲れたな。。。
でも帽子ただで3個もらえたからいいとするかぴかぴか(新しい)



おまけ:
今年初登場のブラック・ベアー。
うちの前のゴルフ場です。
P1110008.JPG












posted by Qta at 01:32| バンクーバー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。