2009年08月27日

デルタ・ハーフ・マラソンの記録。

今日は、順番からするとあやちゃん一家と行ってきたウィスラー旅行なのですが、
忘れないうちに、まず先週末の私の2回目のハーフ・マラソンの記録を残しておきたいと思います。

8月9日(日曜日)朝7:30スタートで、Delta(デルタ)という、コキットラムから小1時間ほど車で南西に行った街で行われたハーフマラソンです。

6月28日のスコシア・ハーフ後、10月のビクトリア・フルマラソンのちょうど間で、ちょうどいいだろうとのことで薦められてエントリー。

7月はとにかく走りこんで、350キロ。
だけど、決定的にスピード練習が足りなかった。。。
それはわかっていたし、半分「避けて」さえいたかも。。。
スピード練習に重点を置くべきだった7月後半は暑い日が続いたのもあったし、あまり好きではないからだ。
ゆっくりニコニコペースでなが〜く走るのが好き。
やっぱりウルトラ・マラソン向きかしら?
ウルトラ・マラソンというのは、100キロレースで10時間くらい走り続けなければならない。
半端な距離じゃない!
もちろん、食事もしながら、休憩もいれながら。
だけどいつか走ってみたいと思っています。
達成感がすごいだろうな〜。

さて、今回はちょっと遠隔地ということもあって、レースキットも当日にピックアップ。
コースも前もって地図で眺めていただけ。
でも茉優がさくっと早く起きてくれて、予定よりも早く家を出ることができたので、
現地についてから、コースの後半部分を少し車で見ることができた。

天気は小雨。気温は16〜7度くらいだろうか。。。?
上着を着ていないとむしろ寒い。
7時半スタートのレースで、スタート地点に6時前には着くと、まだ係りの人たちもいない状態。
ま、小さなレースだしね。

その代わり!
なぜか野生の「うさぎ」があっちでうろうろ。。。こっちでピョンピョン。。。???
なんで「うさぎ」?
バンクーバーは街中でも野生のリスやアライグマは当たり前だけど、
デルタは野生の「うさぎ」が当たり前なんだ!?

P1130485 またうさぎ!.JPG

フラットなコースと聞いていたが、特に車で回ったコース後半は地平線が見えそうなフィールドの中の一本道。

P1130487.JPG

ここは約13キロ地点。。。
そう、表示はなぜか「マイル」 。
キロでも5kmごとに表示があった。
あ〜あ。。。精神的につらそうなコースだなぁ。。。

スタート地点に戻ると、レースキットのピックアップが始まっている。
一緒に走る予定のジョーさんも来ていた。
ゼッケンとタイム・チップをもらい、装着。

今回はまひろの自作ゼッケンが2つ。
前と後ろに一つずつ着けた。

P1130504 前にも茉優自作ゼッケンが。正式ゼッケンと、携帯電話、鼻かみ用のガーゼ。.JPG

P1130503 今回は後ろにも茉優自作ゼッケンが。.JPG

トイレを済ませて。。。とすぐそばのコミュニティ・センターを見ると、
消防車が2台ほど来ていて。。。どうやらファイアー・アラームが鳴り、
スプリンクラーが作動したらしい。
ちょっとのぞくと、床は水浸しで中に入れそうもない。
出てきた消防士のおっちゃんに「トイレ使えます?」と聞くと、「X」。

レースの主催者も、このコミュニティ・センターのトイレの利用を当てにしていたので、
仮設トイレはたったの1つしか準備していなかったらしい。

仕方ないので、通りの向かいにある、デルタ・ホスピタル(病院)へジョーさんと歩いていく。
正面玄関はまだ朝早くてあいておらず、救急用の入り口へ。

レース前のトイレのためだけに病院の、しかも救急用の施設を使わせてもらうのもちと気が引けたが、仕方が無い。
救急、といってもそこは田舎の病院。
し〜んと静まりかえってとっても救急の雰囲気はない。
受付のおねえちゃんも快くトイレを使わせてくれた。

再びスタート地点へ戻ると、もう一人、ランスマから走る予定のSatoshiさんとも合流。

P1130506 本日の出走者、左からジョーさん、さとしさんと里香です。.JPG

すこ〜し、ジョグなどのアップをして、そろそろスタート時間になるが、参加人数も200人弱で雨も結構降ってきたとあってか、みんなぎりぎりまで木の下とかで雨宿り。
1つしかない仮設トイレは案の定長蛇の列となったので、スタート時間がかなり遅れる。
あの長蛇の列の人たちが全部トイレ終わるまで待ってるようだ。
そのうち、なんとなくまたトイレに行きたくなってきて、これから1時間半、
トイレのことを考えながら走りたくなかったので長蛇の列の最後尾へ!!!

あ〜あ、もう何やってんだ。。。!
けどこのトイレを気持ちよく済ませておくのは大切だしな〜。。。
いつも30分くらい前に飲むVaamをやめるか。。。?

だけど何とか間に合って、みんな揃ってスタート!

P1130528 見つけた!行ってきます!.JPG

P1130545 スタート直後なので余裕です。.JPG

今回はハーフ2戦目。
下り坂が多かった前回のスコシア・ハーフと比べ、今回はとにかくフラットなコース。
自分の足と心肺機能エンジンだけがレースの出来を左右する。。。

前回は前半下りともあって、初め飛ばせるだけ飛ばしたが、
今回は初めから「イーブンペース」というのを一度やってみようかと思っていた。

しか〜し!!!

「イーブンペース」というのは、初めに思い切り「飛ばす」のではなく、そこそこ抑えたペースで、
しかし遅すぎない程度に、後半も落とさずそのままのペースを維持することだ。
特別そんな練習もしていないのに、ぶっつけ本番でそんなことできるかいな?!
。。。まあ、このレースは練習の一環ということで、何でもあり。
やってみっか。。。

・・・1キロ表示が見えた!
タイムを見ると、3分58秒!
なに〜〜〜!?速すぎ〜っ!
まあ、田舎レースの表示の位置が完璧に正確だとは思わないけど、
だいたいあっているとしても、こんなペースで後半落とさずにそのままいけるはずがない!!!

ばかばかばか〜〜〜っ!
やっぱりレース経験不足ってやつだろうか?
周りのペースにつられまくりじゃん。
最初の数キロをスピード押さえ気味で走るのって、結構むずかしいもんだな。
特に本番のビクトリアでは気をつけないと。先は長いし。

4キロ地点くらいで派手なアームカバーでピンクのランニングスカートをはいたおねえちゃんに抜かれる。
お尻が重そうな走りをしているのに、抜かれるか。。。

だけどこのおねえちゃんはその数キロ後で抜き返した。

もっと前にもう一人、速い女の人が見える。。。
らくちんそうに走っているが、速い。
あんな風に走れるようになりたいな〜、追いつくかな〜という思いとは裏腹に、
彼女はどんどん前に行ったようだ。。。途中でもう見えなくなってしまう。

スタートから10キロくらいまでは、住宅街の中をくねくね曲がりながら、
あの周りに何も無いフィールドを目指す。

途中、何人かおじいちゃんやお兄ちゃんに抜かれる。
あるお兄ちゃんは、お尻につけていた茉優のゼッケンを抜き際に見たのか、
「子どもさんが描いてくれたの?」と聞いてくれた。
「娘がね!」と応えると、
「いいね!」と言ってくれた

いよいよ、あのフィールドへ突入。

雨が結構強くなってきた。
思ったとおり、聞いていたとおり、まわりに何もないと
自分のスピードが速いのか遅いのか、相対的に比べるものがないので非常にわかりにくい。
ぜんぜん進んでいない気がして、先を見るとぜんぜん見えないし、気が遠くなりそう。

風も思ったより強く、しかも向かい風。
13〜4キロ地点くらいだろうか。
Satoshiさんに抜かれる。
「風が結構強いですね〜」と声をかけ、なんとかついていこうとしたが、追いつかない。

そのうち、後ろから父ちゃんと茉優が車で追いついてくれて、応援してくれる!
つらいところだったので、とても元気がでた!

P1130584 車で13〜14キロ地点に来てくれた!.JPG

P1130612 雨が少し強く。兄ちゃん抜いたぞ!.JPG

「あとちょっとでこのフィールドから出られる」とだけ考えていた。
フィールドから出れば、またさっきの住宅街の中を通って、あとはゴールだ。

しか〜し!!!
ここでも甘かった。。。
「フィールドを出ればあとはゴールまですぐだ」という認識は完全に間違いであった。
ここが結構長かった。
くねくね曲がる住宅街を走っている間、「ゴールはまだか、まだか!」とばかり考えていた。
なんてマイナス思考だ

フィールドを出てからゴールまで正確に何キロか、しっかり把握して知っておくべきだった。
表示は相変わらず「マイル」ごとしかないし、キロ表示は15キロ地点の次はもう20キロ地点しか
ないので、そこからあと2キロもないんじゃ修正も何もあったもんじゃない。
仕方なく「マイル表示」を参考に、疲れた頭の中で「1.6 x 」などと計算しながらさらに疲れる。

そうこうしているうちに、さらに女の人一人に「カモ〜ン!」と言われながら抜かれてしまった。
「後半に強いんだろ〜な〜。。い〜な〜」などと他人事のように思いながら、走っていくと
そのうち、やっと20キロ地点の表示が!!!!

前の方には黄色いTシャツのSatoshiさんが見える。
追いつかなかったな〜。。。。あ〜、でもこの苦しい時間がやっと終わる!

そこからスパートがかけられたかどうかさえ、覚えていない。。。
やっとゴールが見え、父ちゃんと茉優の応援する声が耳に入ってきて。。。ゴール!

P1130787 ゴール手前10メートル。.JPG

P1130795 ゴール!.JPG

タイム:1時間36分5秒
総合順位:184人中29位
性別順位:84人中3位

なんとこのレースは男女とも3位までメダルと賞金がもらえるのだ!!!
よって、銅メダルと3位の賞金25ドルを獲得〜!!!

このレースのエントリー料金が50ドルだったので、2位だったら「元」がとれたのだけど、
まあそこは良しとしよう!

P1130833 無事完走!.JPG

しばらくしてジョーさんもゴールし、レース後は、しばしポストレースで用意されていたパンケーキや果物で休憩。

P1130873 おつかれさまでした〜.JPG

でも体が冷えてきて寒かったので、すぐに車へ。

ゴールはスタート地点と同じ場所だったので、本当なら、すぐそばのコミュニティ・センターで
ジャグジー、サウナ@シャワーですっきりしたあと、恒例のダウンタウンのレストランでの給水へ行く予定だったのに、ファイアー・アラームが鳴ってスプリンクラーが作動してレースが終わってもまだ使えない状態だったので、仕方なく直接ダウンタウンへ。

いつも行くAquatic Centreプールへ行くと、「Closed」の張り紙が!!?
毎年この時期にするメンテナンスのために9月〜日まで閉館、とある。。。
ひえ〜!

仕方なく、以前父ちゃんがランスマの人たちと練習会に行ったときに使った、ダウンタウンのハーバー・コミュニティ・センターへ。
すると、なんとここもなぜか閉まっている〜!???

汗びっしょりのドテドテでレストランへ行くわけにもいかず、あと近いところでコミュニティ・センターも思いつかず、
仕方なくDTのYWCAでドロップイン料金がいくらか聞いてみる。。。。
なんと18ドル!?
いくらなんでも高すぎる〜!

あきらめて、Davie沿いにある、昔通っていたFitness Worldへ行くと、ドロップイン料金は15ドルだという。。。
他にもう思いつかないので、仕方なくここで手をうつ。。。

せっかく3位入賞で25ドルGetしても、これじゃ足がデまくりではないか!
父ちゃんには「日ごろの行いがわるいからや」と言われるし。。。なんでそこまで言われる!?

それにしてもここのFitness World、昔は小さいプールもジャグジーもサウナもあったのに、今はそれらの設備がなくなっていた。
管理が大変だから、ということらしい。
Fitnessクラブに ジャグジー・サウナがないなんて、なんてさびし〜んだ!?

さっぱりしたあと、いつものBarefootビストロ・レストランで、楽しい給水の時間を過ごせました〜!
やっぱりレースのあとのビールは最高です
今回は一緒に走ったSatoshiさんの移民権取得のお祝いも兼ねての乾杯でした!

P1130903 お祝いです。.JPG

P1130911 きれいな赤いシャンパン.JPG

P1130926 かんぱ〜い!.JPG

P1130936 祝!移民権取得.JPG

さて、レースの反省点ですが、
まずやっぱり、ずばりスピード持久力の足りなさ、でしょう。
そこそこ・まぁまぁ・にこにこレベルの練習で走れるのはこの辺までかと。

ここからさらに上を目指そうと思えば、もっと計画的に練習メニューを考えて、こなし、
レースももっと経験していかないと、ということを強く実感しました。

そして本番の10月のビクトリア・マラソンは初めてのフル。
距離的には単純にハーフの倍だが、体や精神的にかかってくる負担は倍以上になるのは確か。
このあとの2ヶ月間、心して練習に取り組まなければ!

8月は引き続き走行距離を大目に走りこみ、9月に入れば日照時間も短くなってくるので、
走行距離は抑えて筋トレ・スピード関連のポイント練習に励むつもりです。

さーどうでるか!
結果をお楽しみに〜!
posted by Qta at 00:10| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126560824

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。