2011年07月03日

2011年Seattle Rock’n Roll Marathon

2011年Seattle Rock’n Roll Marathon(フル5戦目)

P1450614b.jpg

タイム:3時間14分34秒
順位:総合114位/3520人、女子総合12位/1641人、年代別:1位/119人、
マスターズ部門:1位

5月1日のバンクーバーマラソンから4週間後にRun For Water、そしてそのまた4週間後にこのシアトル、と春の3連戦が終わった。

最後のレースは記録こそセカンドベストだったけれど、自分的にはこれまでフルを5戦走ってきてやっと少しマシなレースができたという満足感でいっぱい!

第1戦2010年5月バンクーバーマラソンは初マラで浮き足立って最初っからペースも考えずに飛ばしてハーフ以降に足がツり、撃沈。でも完走できただけで幸せだった〜♪

第2戦2010年10月17日Nike Women’s マラソンは、無謀にもサブ3狙いのKottさんとどこまでもついて行きたい一心で長い下りを飛ばしすぎて、やっぱりハーフ手前で足がツリ、おまけに34k地点でトイレによるタイムロス。第1戦よりはタイムはよかったけど、レース内容はボロボロ。。。orz

第3戦2011年5月1日バンクーバーマラソンでは、それまで走りこみは十分だったし、冬から春にかけてのFirst Half、5k、8k、10kSunRunとスピード刺激も入れてきたけど、スピード「持久力」は疑問符のまま、しかも前前夜祭、前夜祭とレース前に外出が続き、なんとなく落ち着かないまま、しかも新しい靴下を履いて足裏が靴の中で滑る。。。という走りにくい状況でやっぱり足がツリかけ、半撃沈で自己ベストとはいえ国際レース資格基準の3時間15分にわずかに届かず。

第4戦2011年5月29日、地元アボツフォードでのRun For Waterでは、フラットで走りやすいコースとはいえ、バンマラ以降のこの短期間で走力向上は期待はしていなかった。でももっと「効率の良い、足を残す走り」を自分のものにしたくて、ロングペース走のつもりで出走。しかしレース前日・当日朝の食べ過ぎ、調整失敗で27k地点でトイレ駆け込み。。。orz  
でも最後まで足がツることもなく(つりかけたけど)、これまでで一番のStrong Finishができたと思う。

そして第5戦。2011年6月25日のシアトル ロックンロールマラソンを迎える。

このレースも本番2週間前にシアトルへ行って、車両専用道路のハイウェイ以外はコースを試走して景色や坂の傾斜、路面の感触などを身体や足に染み込ませた。。。
そして本番ではやはりこのとき試走できなかったハイウェイで最も面食らって苦しむことになったが。。。(T_T)。

P1440482.JPG
2週間前の試走。コース序盤。

今回だって走力が上がっていないのは承知済み。
ミラクルは起きない。
それまでやってきた練習は嘘をつかない。
やってきたことしかできないはず。
今の自分の実力が最大限に出せてやっと3時間一桁か。
ただこれまでどのレースでも調整がうまくいった試しが無かった。トイレも気にせず、足もツることなく走ってみたい。
後半ガンガン押せるStrong Finishというものをしてみたい。
それが今回の課題だった。

シアトルまでの4週間も、ひたすら30k、35k以降にバテが来ないよう、距離に体や足が慣れるように、レース三日前までに320kほど走りこんだ。ちょうど体重と体脂肪ももう少し落としたかったのでガンガン走った。

スタートは7時。Corral1。
P1450457.JPG

同じホテルに泊まっているKottさん、そしてホテルの「パーキング」に仮野宿号で泊まっていたYoshiさんと、5時にギアチェックだけ済ませてまたホテルに戻る。

P1450408.JPG
レース当日の朝5時。

すでにあんずさん夫妻がスタート地点に来ていて、写真などを撮った。

最終身支度を済ませ、トイレも気が済むまで済ませて(笑)、6時半頃、最前列のコラル1へ。

P1450414.JPG
レース前のゆったりひととき。。。

今回最重要課題であった「食べ過ぎない。普段と同じくらいの夕食、朝食で」というのは、結果から考えると(トイレに行かずに済んだ、行きたいと思った瞬間が一度もなかった)、うまく行ったのだろう。

朝食は家から持参したシナモンレーズンベーグル半分と、ウチで焼いたメープルシナモンブレッドを厚切1枚の半分にNutellaを塗ったくったもの。コーヒー一杯。

いつも5hour energyをレース30分くらい前に飲み干すんだけど、Kottさんから

「イノシシスタートしちゃうなら、ハーフ以降に飲んでみたら?」

と言われたので、なるほど~!と思い、今回はスタート前に飲まずに手に持って走り、ハーフ以降からのどが渇けばそれをちびちび飲む。。。という感じで走った。
これはなかなかよかったかも。
レース中も序盤は給水はほとんど取らず。涼しかったし、あまり汗はかかない方なので、「口にするだけ」と言ってもいちいちもらってこぼしながら飲むのは疲れるし。。。
後半も設置の給水は殆ど取らずに(1〜2回は気分転換にとったかな)この5Hour Energyだけですんだ。

スタート地点に戻る途中、Yoshiさんそしてエルビス前村さま(笑)と合流して記念写真の後、間もなくスタート。

P1450431.JPG
スタートラインにて。

直後からKottさんはドヒュン〜っ!と前方に消えてしまう!
あれがサブスリーのペースなんだな〜と感心しつつ!しかしムキになってついて行くと後で潰れるのは目にみえてたので、おサルさん(おっと、今回もサルコスは封印されてたので「人間Yoshiさん」だった)と落ち着いてラブランスタート。
この日の課題はサブスリーではなく、あくまでも足を残したStrong Finishを実現させること!

アメリカのレースなのでやっぱりキロ表示は無く、マイルごと。。。キロ表示は5kごとにやっと出て来た。
周りのペースは早い。しかしとにかく足を残すことが課題だった私は焦らずに歩を進めることだけを心がける。先は長い、焦らない。。。と自分に言い聞かせ。。。

Yoshiさんはマイルごとにガーミンをチェックし、ペースを知らせてくれた(でも何故か途中でガーミンの調子が悪くなったようだけど。。爆!)
ほぼ3時間10分でゴール出来るペースからなぜかずっと10秒遅れだったけどほぼイーブンでハーフまでは特にキツく感じることなく、あっという間にフローティングブリッジ手前、9マイル地点辺りのDとmの応援ポイントへ。
まだだと思っていた私はすぐそばにいたロックバンドの演奏に気をとられてて声をかけられてからやっと気付いた!

フローティングブリッジは思ったとおり強風!
でもYoshiさんてば、「後ろにつくといいよ!」と風除けを買って出てくれて!やさし〜♫(#^.^#)
じゃ、遠慮なく〜、としっかりとYoshiさんの背中を見ながら橋を渡る。

しばらく行くと、折り返してきたトップランナー達とすれ違い、Kottさんもやってきた!
女子で。。。あの時点で6位くらいだったか!

渡り切る前の折り返してしばらくするとらっきさんとすれ違う!3時間20分のペーサーの前後にいたような。。。!

そして間もなくイチローさんとも!(^_-)
イチローさんとは前日のランチでも会えなかったので、やっとレース中にご対面〜。
「やっと会えたよ〜!頑張って〜!」とエール交換。

橋を渡り、トンネルの入り口ではホリ〜さんともすれ違えた!
このコースは折り返す部分が3箇所あって、みんなとエール交換がたくさんできるので楽しかったし、心の支えになったなぁ!

さて、橋を終えるとまたハーフのコースと合流し、ハイウェイのトンネルに突入してここからは試走してない部分に差し掛かる。
若干の上りがだらだら続く。トンネルの中を、それも高速道路の「車道」を自分の足で走るのは生まれて初めてかも。。。?
車でしか通った感覚しかないので、進むのが非常に遅く感じるのだ。精神的に疲れてくる時期に嫌〜な感覚。

トンネル内でハーフ地点を超え、後半へ。
以前、Yoshiさんとのラブランは続いていた。
トンネルを超えてもハイウェイは続き、予想していたよりもキツい上りや下りが交互にやってくる。。。それも長いのだ!
車で一回だけ通ったけど、やはりだめ。車じゃその坂の長さや傾斜は全然体で覚えられない。

ハイウェイが一旦終わる、16マイル地点(25kちょい)からまた試走はしていたのだけど、そこへ着くまでの距離感がなく、「まだだっけ、まだだっけ?」と気持ち的にも疲れてきたのかもしれない。
「ハーフまでは押さえて大人走りする」と言っていたので、Yoshiさんがペースを上げたのか、
私が若干落ちたのだろう。。。少し差があいてくる。
しかし「まだ先は長い。勝負はもう一つの橋を折り返してきた19マイル(30k)以降。」と無理して追わないようにする。

ハイウェイが一旦終わり、試走した25k以降の部分に差し掛かる。。。

このあたりで、私とYoshiさんとの差をネットでトラッキングしてくれていたリンク友のみなさんの間ではいろいろな憶測が飛び交っていたらしい?(笑)。。。私がまたトイレに駆け込んだか、とか、足つったかも。。。?とか!(笑)。

ここからしばらく、もう一つの橋を渡るまでまた長い上りが続くのだ。。。orz
この上りの途中で、3時間10分のペーサーに追いつかれる。
あちゃ〜。。。orz.
前半やっぱり抑え過ぎたのかな〜!?
10人くらいのランナーがくっついていたか。。。?私も、ここからまた頑張って付いて行こうとしばらく波に乗るようにペーサー軍団と坂を登る。。。Yoshiさんとの間は若干縮んだか。。。?
しかしそのうち、やっぱりついていけずに私は脱落。。。
やがて前方でYoshiさんもペーサー軍団に吸収されるのがみえた。
その後橋を渡り、折り返し、またさっきのハイウェイのトンネルに入るまで、Yoshiさんはペーサー軍団と一緒に走っているのが見えたので、調子はよさそうに見えた。
このまま追いつけないかな〜!とも思ったくらい。

二つ目の橋は行きは軽い下り。渡りきってから折り返して、逆に軽い登りが続く。この「軽く」が、この28〜29k地点ではかなりキツイ。
この折り返しでも橋の上でKottさん、らっきさんとすれ違った。ふたりともキツそうだ。

橋を終えると、やっとさっき登ってきた長い上りのご褒美に長〜い下りに差しかかる30k地点だ。
イッちゃんともこの辺でまた会えた!
「走れ、Qta!走れ〜!」とゲキを飛ばしてくれる!
「イッちゃんも頑張れ!」(ヒトのこと言うてんと自分も走れ〜!)とゲキを飛ばしあう(笑)。

いよいよだ。これまで我慢して残してきた足を使うところに来た!
私の足はまだ使えるのか?それともやっぱり疲れてしまったのか?
ツリそうな感じは若干あるけど、前回のRun for Waterのレースの30k地点よりかは足は残っている感じはする!
前には3時間10分のペーサー軍団とおサルさんもまだ見える。あれを目標に、ここからペースを上げるのだ。

下りをタンタンと降りていき、またトンネルに突入。
「まだ行ける、まだ行ける!。。。ここから、ここから!」と自分に言い聞かせながら、トンネルを抜けると。。。あれ!?

Yoshiさんがガードレールにもたれてストレッチとかしてる。。。!?

「足つった!?大丈夫!?」と声をかけると、

「大丈夫。。。ちょっときつくなっちゃって、Qtaさんと一緒に行こうと思って待ってた」と。

「そうなんだ〜!」

そしてここからしばらくまた併走。
休んだとは言え、そして待っていたとは言え、追いつかれた方と追いついた方では気持ちのゆとりも違うかもしれない。
私はまた前半のように併走できるパートナーができたと思えて、心も少し軽くなり、少なからず足取りも軽くなった(ように思えた)。

残りは7kほど。。。
ゴール数百メートル前までず〜っとハイウェイだ。
ここもまだしつこく長〜い上りや長〜い下りが延々と続く。。。
でも足は残ってる!実際ペースが上がっていたかどうかは分からないけど、自分的にはダイナミックなフォームに切り替え、リズムよく力強く走れている感覚はあった!
少なくともRun for Waterのレースの時以上は。
35k地点でのこの感覚はとにかく嬉しかった!
ガンガン行けるという程ではないけれど、これが「足を残す」という感覚なんだ!と初めて実感(泣)。もうタイムは良くなくても、この実感を自分のものにしただけでも「収穫あり」だ。
「後はお昼の8kランよりも短い距離だけ。。。!」と何とかプラス思考に持っていく。

このあたりから、さっき3時間10分のペーサーにくっついていた集団がだんだんと脱落していったのだろう。。。立ち止まってストレッチをしたり、歩いているおっちゃん達を二人ほど抜いただろうか。

36k地点を過ぎるころ、横目にゴールを見ながら、そのまま通りすぎて折り返してからもどってきてゴール、というのは知っていた。。。。

知っていたが!

あんな長くつら〜い坂が待っているとは知らなんだ〜!!

フラットで、通りすぎてからすこ〜しして折り返して、ゴール、と思っていたので、折り返してくるKottさんとまたすれ違うはず。。。と思っていたけど、進めど進めど見えてこない。。。

うそ。。。こんなにあるの?ここ。。。(汗)。

前を見通せるところに来ると、長〜い下りがあって、コースであることを示すコーンが延々と続いているのが見える。。。しかも折り返すところが見えないくらい遠い!。。。ガーン!

下り坂の中盤で、Kottさんとすれ違った!。。。辛そうだ〜!
「Yuさん!頑張って〜!!!」と声をかけると、うなづいてくれた。。。
そうだ、みんなツライんだ!と何とか気持ちをつなげて。。。この下りを後で登って行かないと行けないのね〜(泣)とゾッとしながら。。。下りきってからもフラットで最後の折り返しまで結構あった。

Yoshiさんは。。。?すぐ後ろにいるのかどうかも分からない。。。

後ろを振り返る余裕さえない。
(後から、「僕はQtaさんが遅れたハーフ過ぎのころ何度も振り返って心配したのに!」と言われてしまった(大汗!)。。。ごめ〜んっ!(笑))

Yoshiさんとどれくらい離れているかは、最後の折り返しを過ぎてからやっとわかった。
かなり遅れて、そしてつらそうだった。
「頑張れ、頑張れ!」と最後のエール交換。。。
最後の坂を登る直前、結構年配の男性ランナーを追い越す。。。「You, Keep it going!!!」と声をかけてもらった!
そう、コレを登れば!もうゴールは目の前!
つらそうならっきさんともすれ違い、元気をもらって、やっとハイウェイを降りる。ハーフランナー達が連なっているので、どの道を通ってゴールするのか、よくわかった。

フルのレーンとハーフのレーンが分かれていたので、最後までラストスパートもスムーズにできて走りやすかった。
ナイキの時はハーフもフルもごっちゃでゴールだったので、でっかいオバチャンたちを避けるのが大変だったから。。。(汗)!
前にしんどそうな女の子がいる。。。あの子は抜けそうや!と最後にスパートかけて抜き去り、ラストの角を曲がる所にタイムの掲示板があった。3時間12分を過ぎていた。。。そしてゴールまでの直線へ。

数十メートル手前でDとmが応援してくれていたのがわかった!
やっとゴール!

時間は3時間14分34秒。

自己ベストならず。

しかし自分のこれまでのレースの中では最も上出来のレース!!!
この起伏の多いコースで、前半と後半の差が4分50秒だけで済んだのだ。
ちなみに、5月1日のバンマラは前後半の差が12分19秒、
5月29日のRun for Waterは、それが縮んだものの、6分20秒と6分以上あったし(トイレ時間を抜いても!)。

欲を言えばこれで3時間10分切りが出来ていれば最高だったけど、バチがあたるよね。
やっぱりもっと走力の底上げが必要。
サブスリーはまだ遠い。絶対的に足りないのはスピード持久力。
これをこの夏、何としても手に入れる。。。と、とても燃える気持ちで終わったレースだったのでした。

それともう一つは、やっぱり下見ランの大切さ、有利さ。
このレースでよくわかったことは、レースサイトのElevation chartという坂の傾斜を示す図は、あまり参考にならないということ。
グラフでものすごい角度で示してあっても、実際には短く一瞬でガーッと上がるだけで大したことなかったり、逆にグラフではなだらかで大した傾斜ではなくても実際には長く辛い辛い登りでゲロゲロに苦しまされたり。。。今回はまさに後者のパターン(^_^;)。
普段は車専用のハイウェイをレースで走るなんて、気持ちいいだろうな〜♫なんてお気楽に考えてたけど、路面は固いし坂は上りも下りも長ったらしいしカーブに来ると競輪場のように路面が斜めになってて走りにくいし!
今回も靴はいつも練習で履いているNewtonのトレーニング用のもの。これがあの底の薄いターサーを履いていたら、きっと足の裏が痛くて減速してしまっていたと思う。

とにかくレース本番で「ガーン!」と精神的に打ちのめされるようなことを最小限に食い止めるためにも、体や足にコースを覚えこませることはとても大切だと思いました。

そしてポストレースは、お待ちかねのフリービール〜!!!♪
あ〜、アメリカのレースは違うな〜っ!
もうそれこそ、至福の一杯でした!

P1450481.JPG

レース後の給水会もこれまた最高!
Public Market近く、海の見えるのレストランで、オイスターやら肉やら、そしてもちろんまたビール、と楽しいおしゃべりであっという間の最高に幸せな時間を過ごせました♥

P1450520.JPG

P1450529.JPG

259849_1818677467969_1271108882_31547344_4517512_n.jpg
らっきさん(のカメラでの)撮影〜!?

もうやめられません、ランニング!

2011年シアトル・ロックンロールを一緒に走った、Kottさん、らっきさん、あんずさん、Tedさん、ホリーさん、イッちゃん、Cocoさん、エルビス前村さま、そして誰よりもレース上で長い時間を共有したYoshiさん!
ほんっとうに楽しかったです!ありがとうございましたm(_ _)m。

またいつかレースでご一緒できる日を楽しみにしています〜!

P1450610.JPG

P1450501.JPG
そして、応援部隊もお疲れ様〜!

以下、エキスポや前日のランチで撮った写真など〜♪

P1450216.JPG
これまでのレースで一番でっかいエキスポだったかも!?

P1450218.JPG

P1450239.JPG

P1450269.JPG
ヅラとバルーンのギターがそばに置いてあった。。。(汗)!

P1450193.JPG
電車とバスの両方が止まる駅。。。!

P1450186.JPG
ウォーターフロント沿いのパブリックマーケット。

P1450180.JPG
美味しそうな魚がいっぱい!

P1450163.JPG
ロブスターテイル!

P1450167.JPG


P1450304.JPG
レース前日給水会ランチへ!Water Taxiで向かいます。

P1450297.JPG

P1450322.JPG

P1450342.JPG

P1450348.JPG

P1450363.JPG

P1450364.JPG
遅れてきたYoshiさん。。。!

P1450401.JPG
デザートぉ〜〜♪



そして、以下はビデオです〜。

スタート
http://www.youtube.com/watch?v=WwM6_VLSlMo

9マイル地点
http://www.youtube.com/watch?v=QmyRZ9ByG24

ゴール
http://www.youtube.com/watch?v=uiIMiXqevyk


P1450317.JPG
シアトル。。。素敵な街でした!

また、走るときが来る。。。かなぁ。。!?
(あのコース。。。しんどかったなぁ。。。笑!)





posted by Qta at 02:09| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。