2010年10月30日

2010 Nike Womens' Marathonレース編

10月17日(日)。Nike Women's マラソン レース当日。

夕べは荷物のまとめやなんやらで、結局寝たのが10時過ぎ。
レースのスタートは朝7時だけど、その3時間前までには食事を済ませておいた方がいいので、3時45分に目覚ましをセットした。
まあ、いつも起きてる時間だしSFはバンクーバーと時差もないので助かった。
たっぷり睡眠!というほどでは無いけど、しっかり眠れたし、昨日歩いた若干の足のだるさもスッキリしていた。
SFに来てから「いよいよだ」という緊張感はずっと感じていたけど、だから夜も「寝付けない」というのは全く無くて、毎晩バタンキューで即就寝。
こういう時、「どこでもどんな状態でも」寝れる自分がありがたい。。。(^_^;)

朝食は夕べ買っておいたパンやマフィン、コーヒー。。。これがあんまり美味しくなくてガッカリ。。。orz
美味しいパンでの朝食がレースでなくても一番の楽しみなのに、もうちょっと調べておけばよかったと後悔。。。結構ダウンタウンにはベーカリーってないのよね〜。昨日行ったBoudinにはサワードーの硬めのパンしか無かったし。。。(トースト出来れば最高だけど!!!)
丸餅でも持って行こうかと考えたんだけど、6月のスコシアハーフで餅を3〜4個食べてレース中に横っ腹が痛くなってスピードが思うように出なかったので、餅のせいでは無かったかもしれないけど、念のためにやめておくことにしたのだ。。。
レースの朝に何を食べるのが一番いいのか。。。?ここも何度かレース経験を重ねていろいろ試してみるしかない。

食べた後は、トイレを済ませてレースギアに着替えて寒さ&風対策にとワセリンを腕や足の前面だけに塗りたくる。
ネックウォーマーとアームウォーマーつけて、5Hours飲んで、ゼッケンよし!タイムチップよし!iPodよし!手袋よし!レース後の着替えセットよし!
ジェルは一つをゼッケンに隠れるようにタンクトップにテーピングで貼りつけ、2つを両手に一個ずつ持つことにした。
何かもっている方が腕振りの際に腕が横に流れないような気がしたので。

ホテルのチェックアウトは12時と遅めだったのだけど、レースアワード(表彰式)が11時からあり、それを見たかったのと、ゴールはスタート地点と別のところで、ホテルに戻るのにバスで30分はかかるところだったので12時までに戻るのは無理と読み、朝のレーススタート前にチェックアウトを済ませてホテルに荷物を預けておいた。
まひろは部屋を出るギリギリ30分前(5時半前!)に何とか起こして、チェックアウト。

6:00... 昨日ランチでご一緒したAさんとご主人のTさんとロビーで会う。
このレースには、もちろん奥様のAさんが出走。ご主人は応援&サポートだ。
ロサンゼルスから車でいらしてたので、スタート後に第一応援ポイントまでまひろと一緒に車で連れて行ってくださったのです。。。!(涙)

6:15am... 最後にホテルのロビーのトイレに行って、5hours を飲み、いざスタート地点へ!
外はまだ暗い。
アドレナリンが出まくって気持ちが高ぶっていたせいか、あまり寒さは感じない。。。
いや、確かに昨日よりは気温が高いかも。それに寒さ対策で思いっきり重ね着していたので、ホテルを出るまでは暑くて喉が渇くほどだった。

スタート地点のUnion Squareはもう人がいっぱいでノリノリの音楽がドンドコかかっている!(◎_◎;)
P1360459.JPG

スタートのゲート前で写真を撮ったりしてミニ羊羹を食べ、すぐさままたトイレの列へ!
CIMG0268.JPG

行けるか行けないか微妙なくらいたくさん並んでいたが、まあホテルでも行ったし「行けたらラッキー」程度に考えて。。。
Yさんも「きっとトイレの近くにずっといる」と言ってたので周りを見回したけど、見当たらなかった。。。もう一箇所のトイレに行ったかな〜!?

6:45am。時間切れ。トイレはまだ20分位待ちそうだったのでここで諦めてStart地点へ。

ゲートのすぐ後ろで横から幕を潜って潜入!
最後に着ていた服を脱いでTに渡し(こういう時はサポートがいてくれると本当に助かる )、も一度ビニールに少量とって持ってきたワセリンを体前面に塗り直してイヤホンを付け、靴紐を最終チェックして準備完了!

P1360476.JPG

もうスタートまでは5分とない。。。最前列にシュルシュルと抜けると、Yさんがキョロキョロして私を探していてくれたようだ。
「探しましたよ〜!!!!」と最初の一言(*^o^*)
そのうち、アメリカ国歌の斉唱が始まり、それが終わるとゲートまで進む。
http://www.youtube.com/watch?v=1hk3_BNfN0Q

ここで「男子はすべてゲートから100m後方まで下がる事〜!!!」というアナウンスがかかる。

「Come on~!!! It's a Women's marathon race!!!」

ときたもんだ。
この一言で女性ランナーたちのアドレナリンはさらに増強。。。!「Yeah~~~!!!」と異様なほどの盛り上がり(^_^;)
「女性は、強し」です。

あっという間にカウントダウンが始まって、Yさんと最後に健闘を讃えあっていよいよスタート!
http://www.youtube.com/watch?v=PfGQvRU6sKM

スタートから1〜2kまではダウンタウンのビル群の間を縫う様にしてウォーターフロントまでかるい下り。ここで下りに任せていつものようにすっ飛んではいけないと、みんなから5寸釘を刺されていた(笑)。

Yさんも「初めは抑えないと、このコースは必ず後で来る。」と言っていたとおり、かなり抑え気味。。。
やがて海沿いの道に出て、昨日行ったBoudinやおしゃれなお店、パームツリーが立ち並ぶ気持ちいい道に出る。

IMG_2172.JPG
これらの写真は達矢がコースの下見の日に撮ったものです〜。

IMG_2174.JPG

この道を通り過ぎる間にやっと明るくなってきたかな〜。。。

IMG_2176.JPG

IMG_2171.JPG

「あ〜!本当にサンフランシスコを今走ってるんだ〜!」と実感が湧いた。

ところでこのレースは起伏が激しいためラップをとってもあまり意味がない。。。と、時計をつけずに走ったんですが、ありがた迷惑な事に(笑!?)通過距離の表示になんと電光掲示のタイムまで設置されていたので、知りたくなくてもタイムが目に入ってきてました(^_^;)

065.JPG
(写真:Mさん撮影。)

しかし!唯一の救いは「マイル表示」!
アホなんで走りながらマイル何分はキロ何分!? なんて計算、走りながらようしませんっ。
めんどくさがりなので、事前に調べておくこともなし。
でも前日にYさんは「初めはマイル7分で行きます」と言ってらしたのを覚えていて、私も飛ばしすぎない様にくっついて行こう。。。そして後は行けるところまで!という、なんと人任せでざっくり大雑把なレース計画。。。 orz

よーく考えたら、サブスリーを狙うYさんにとってはマイル7分はかなり抑え目だったと思うのですが「あわよくば3時間15分切り」レベルの私にとってはそれは速すぎたかも〜。。。(^_^;)
でもだんだん遠ざかって行く背中を追って走るよりも、肩を並べて横で走る方が精神的に楽だったとおもいます。。。その実、前半はそれでも「抑えた」感は確かにあった。。。少なくともバンマラのレースの時よりは。
Yさんと走ってなかったら、きっともっと飛ばしてしまっていたと思う。。。そして結果はもっとひどい事に。。。!?!(◎_◎;)

そんなこんなで1マイル、2マイル。。。と表示をみると、ほぼキッチリ7分で進んでいる。。。!
「さすがだな〜!!!」と感動してました。
まだ前には最初から飛ばしていたランナーがたくさんいたけれど、Yさんは「これ位でいいですよ!後で絶対クルから。。。!」と余裕。
それでも徐々に前方ランナーを拾って行く。。。
ハーフのランナーも混じっている。
やがてフラットの海沿いのクルージングを終えていよいよ上り。でもここはそれほど長い上りではない。

CIMG0286.JPG
(こちらはAさん撮影)

上りに差し掛かると、Yさんはさらに足を使わない様にゆっくり目になる。。。と、私が前に出て、下りになるとYさんのスピードがドンと上がり私は着いて行くのがやっと。。。という形になる。
4マイル。達矢とまひろがいてくれる応援ポイント。
まだまだ元気でYさんと肩を並べて走る。。。
http://www.youtube.com/watch?v=0wBVcec8q1k

この後は次の応援ポイント、ハーフ手前の11マイル地点までさらにキツイ上りと下りが繰り返し待っている。。。序盤は楽しみな気持ちで足取りも軽い。
上りが続く。でも一息つける瞬間もある。
箱根や富士登山レースじゃあるまいし、登れば必ず下りが来るのだ。
少しYさんのスピードが上がりだした。。。か、私が落ちたのか。。。?
一時は数メートル離れた時もあったが、またここで離れたら。。。!と思い、Yさんがアームウォーマーを再度付けている最中だったか。。。?追いつくなら今だ、と何とか追いついてまたすぐ近くで走る。

そして来た、この山の最後の長い下り。
057.JPG
この写真はジョグノートで知り合って今回始めてお会いしたMさんが撮って送ってくださったものです。この日は奥様が同じレースのハーフの部で出走されていて、Mさんは併走兼サポートとして走られたそうです。

前には素晴らしく広大な太平洋を見下ろす様に視界いっぱいに入ってくる。。。!
思わずその景色の素晴らしさに息を呑む程で、走りながら「わぁ〜!すっごい〜!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」とつぶやいてました。。。
(そう、まさにiPhoneを持ってたら写真付きでつぶやき必須のポイントです。。。笑)!

CIMG0307.JPG
こちらはAさん撮影。

しかし、そんな余韻に浸っている暇はない。
ここでYさんがさらにスピードUp!
もうバンバンと足音を立てながら、抑えるも何もなく重力に任せて落ちて行く感じ。。。
どれくらい下ったか。。。?
下り切るとしばしフラットになり、そしてまず右のふくらはぎ辺りに嫌な違和感が。。。!(◎_◎;)
気にしない、気にしない!気のせい、気のせい!
まだ攣ってないし!と無視して行くも、確実に忍び寄るツリそうな雰囲気。。。!
ふと見ると、バスや黒塗りの車が何台も止まっていて中からタキシードをきた兄ちゃん達(オッさんもいたぞ)が降りてきていた。。。
そうか、この辺はゴールになるんだっけ。。。?!
そんな事を考えながらコースは ゴールデンゲート•パークという公園へ入って行く。

P1360513.JPG

Dによればそこまでの坂に比べれば軽いもんだが確実に細かく上ったり下ったりを繰り返しているとのこと。。。パークに入った頃からYさんとの距離が少しずつ広がってきた。確実に私のペースが落ちたのだ。
そう、さっき違和感を感じた右ふくらはぎ今にも攣りそう!かばって走るからか、何だか両太腿も攣りそうな非常にやばい展開。。。(T_T)
ここから先は、何とか攣りそうで攣らない状態を保ちつつ走り続けるしかないとハラをくくった。
Yさんには多分もう追い付けない。。。でも先ずは今出せる自分のすべてを出し切る事、それには完全に攣ってしまって肉離れにでもなって「棄権」 なんて事だけはあってはならないのだ。
レースに当選した頃は、「這いつくばってでも完走してティファニー」なんて冗談で言っていたけれど、この時はハッキリ言ってティファニーの事なんてどうでもよかった。
それよりも、これまで積み重ねてきたものの答えが出しきれない?そんな事になったらSFまで来た意味がない。
もったいないったらありゃしない!とばかり考えていた。

11マイル地点。約17キロ過ぎで再び達矢とまひろの応援ポイント!「Yさんがんばれ〜!!かあちゃんがんばれー!!!」という声が聞こえる。
まだ足は攣ってはいない。
http://www.youtube.com/watch?v=gKYNmAr8IFc

そして、ハーフ手前。。。給水地点直後、給水でリズムが狂ったのが行けなかったのかとうとう...

「落雷」!!(◎_◎;)

右ふくらはぎがこれ以上走る事自体無理なほど攣ってしまい、思わず立ち止まらずにはいられなかった。立ち止まったのは、数秒。。。?いや数十秒?とてつもなく長く感じる。
何とか歩ける。。。走れる。。。?ゆっくり走ってみる。。。進まなきゃ。。。よし、なんとか行けそうだ。。。
Nさんの言葉を思い出す。「足が攣ったら、走りながら治す」。。。
そうだ、走れれば大丈夫!
ストライドは小さめだがゆっくりと走り出し、折り返して後続のランナーを初めて見る。。。
みんなお互いに目を合わせて笑顔を交わし、お互いを応援し合う。
しばらく行くと、公園の中の一番静かな所へ入り、応援する人たちがさっぱりいなくなる。。。前も後ろも(?)誰もいなくて、コースがこれであっているのか不安になるくらいだ。
この地点でもうYさんとはかなり離れて全く視界から消えていた。

時折、公園内を散歩する人たちがいて、静かに応援してくれる。。。
この辺りから足はまたマシになり、攣りそうな時限爆弾状態を保ちつつ何とかスピードは戻せた様に思えた。
やがて賑やかになって来たと思うと、給水地点があり、喉は乾いていないのでここからは水では無くてゲータレードを飲んだ。レースの給水ではいつも水しかとった事しか無かったが(ゲータだと口の中が後で甘くねちゃねちゃしそうだったので)、足が攣ったのでスポドリの方が少しはマシになるかという気休めだ。。。

給水地点を過ぎてしばらく行くと、達矢とまひろが25k地点でいてくれた!(*^o^*)
Yさんと離れていたので気になったのか、「大丈夫か〜?」という声が聞こえた。
とっさに「ハーフで足攣った〜!」と答える。
http://www.youtube.com/watch?v=yK-7dmx2hcM

さぁ、ここからゴールまではもう達矢とまひろには会えない。
そして、ここからが本当の勝負だ。

やっと大きなゴールデンゲート・パークを抜け、海沿いを南北に走るGreat Hwyをまずは南下する。
ここは後で再び北上して最後のゴールへと向かう道でもある。
海沿い。やはり風がかなり強い。そして広く長く真すぐ続く道で左は同じ様な住宅が立ち並び右は果てしなく続く太平洋。。。
前方をよく見ると、小さくYさんが走っているのが見えた。疲労も重なってとても長く、行く先がとても遠く思えるところだ。
スピードは上がらない。。。維持がやっと。
この道で何人か後続に抜かれる。。。ぬいていく人たちの足取りは、自分のそれと違ってとても力強い。。。後半にいつも力が残らない今の自分の物足りなさに悔しさを感じた。
自分だって練習したのに、走りこんだのに。。。ととても悔しかった。。。まだまだこんなんじゃ足りないのは見え見えだが。。。(^_^;)
どうしたら後半こんな風に力強く走り続ける事ができる様になるんだろう。。。?
もっともっと走りこんでやる!ともう次のレースの事を考えていた。
この夏は初めて20kの通勤ランも始めて結構走りこんだつもりだったけど、まだまだ足りない。
42.195kmはまだ自分が楽に走れる距離ではないのだ。いくらレースペースだとしても。。。

P1000379.JPG
Tさんが撮った、先頭ランナー。終始ダントツ、ぶっちぎり。だったらしい。

Great Hwyはアスファルトの表面が荒れてゴツゴツしており、シューズの裏を通してその荒い表面が感じられて痛かった。
でもその一番長く感じるHwyの直線の途中で、急に大きな声で応援してくれる人に気づいた。

「里香さん、頑張って!!!」

Aさんのご主人Tさんだ!!! 満面の笑顔で大きく手を降ってくれている!
もう25k地点以降はゴールまで一人だと思っていたので、とても嬉しかった!
ましてや一番辛いところでの応援。。。!!! 嬉しくて、涙がでそうだった!
あの笑顔は一生忘れられません。Tさん、本当にありがとう!

海風をまともに受ける場所で、雨も降っていて、寒い中、カメラを構えて待っていなければならないのです。。。
沿道の知らない人の応援ももちろんものすごく嬉しくて力をもらえるのですが、知り合いの応援というのは、どのレースもとても鮮明に記憶、というか映像が脳裏に残っていて、ハッキリと思い出せる。
それらはレースが終わった後もずーっと永久保存される、いつでも思い出しては元気をもらえる、私の一生の宝物だ。

長いGreat Hwyが終わるとやっと30km地点。
ここから少し海から離れて湖の周りを5kmほど一周して、またGreat Hwyへ戻る。

IMG_2193.JPG

この湖一周も曲者らしい。。。あの長く(少なくとも長く感じる)まっすぐなHWYがやっと終わったと頃で「まだ30km。。。」とガクっと来るらしいのだ。
ふくらはぎに落雷を受けて時限爆弾状態ではあったが、この時「まだ30km〜!?」とは全然思わなかった。苦しくはあったけど、やっぱりこの「時限爆弾状態」を明らかに楽しんでいたのだ。
その証拠に、レース提携のプロカメラマンがコース上のあちこちで撮る写真を見るとやっぱりどの写真もまたニタニタしている。。。(爆)!

そして、あと10kちょっとでこのレースも終わってしまうのね〜!!!と寂しさまで感じた。単に今日朝からの42.195kmだけじゃなく、5月のバンクーバーマラソン以来、このレースに照準を合わせて走って来た日々も合わせて終わってしまうのだ。。。
そう思うと寂しくて仕方が無かった。

そんな事を考えながら湖の周りを走っていると、黄色のゼッケン(フルマラソンのランナーだ)をつけている速そうなお姉ちゃんがこっちに向かって歩いている。途中で立ち止まって誰かと話もしていた。。。
???前。。を走っていたの?なんでかな?とその時はさほど考えもしなかったが、後で聞くと2位を走っていた人らしかった。
どうも足が攣ったか何かで棄権したらしいです。
なんか普通に歩いていたけど。。。!?
もうトップスピードで走れなくなったら、やめちゃうのかな。。。あのレベルの人たちは。。。?
まあ、無理して走って次のレースに響いても困るのでしょうね。。。
私なんて貧乏性だからお金払ったのに棄権なんて何があってもあり得ませんがっ。。。
この湖の周りで5kほどあるのだが、ここがまた「まだかまだか」とその出口がとても長く感じるところでもあった。
もうそろそろだろう。。。と思ってもなかなか見えてこない。
出口1k前辺りでまた男女の2人組に抜かれる。。。
全く。。。!いつの日か「自分」が後半にドンドン抜いていくような日が来るのだろうか。。。!?とまたドッと疲れてしまった。
その二人はとても楽々に走っている様に見え、まるで日課のジョグのように二人で談笑しながら走ってやがる。(笑)
「こら〜〜〜っ!!! そんなに余裕あるんやったらもっと飛ばさんかい〜〜っ(怒)!!!」と叫びそうになった。

ここら辺からかな〜。

なんか急にトイレに行きたくなって来たのは。。。
湖からの出口がまだかまだか。。。とイライラしてきたのもあったのか、ほんとに急に。。。!
思っても見なかった、レース中のトイレのためのタイムロス。。!?
でも、トイレは果たしてここからゴールまであるのかないのかも見当もつかない。。。(汗)。
そう思うと余計に行きたくなってきた。。。(汗)
ゴールまで、持ちそう!? 持たない。。。!? 自問自答の繰返し。。。

まだ、以前通勤ラン中に行きたくなった時ほど切羽詰まった状態ではない。。。
(あの時は立ち止まらないとダメなほどだった。。。!)
そんな自問を繰り返しているうちに湖1周の出口が見えてきた!
さっきGreat Hwyから入ってきたところだ。後続のランナーがどんどん入ってきているのが見える。
。。。ふと見ると、

「あった!」。。。簡易トイレ!それも一つだけ!

それを見つけた途端、何の迷いもなく、

「行っとこう」

と決めた。
「今行っとかないと、この後の最後の長いGreat Hwyで地獄を見る。。。!」と思ったからだ。
もちろんたった一つのトイレだけど、誰も並んでいない。
入ろうとすると、「Staff only (スタッフ専用)」という貼り紙がっ。。。!!?(爆)
一瞬血の気が引いたが、そばに立っていたボランティアの女の子に、

「May I...!?....Please....!!!」

と詰め寄った。
あまりの悲痛な顔つきに押されたか、その女の子は何も言わずにただ微笑んでくれた。。。!
時計を持っていなかったので何分ロスしたかはわからない。。。
だけど、座りながら「いったい何やってんだ。。。!」と声に出してつぶやいてしまった。
おなかもすっきりして気分一新!ここから約5キロちょっとがんばろう!とトイレを出て走り出し、湖を抜けて再びGreat Hwyへ。
きっとトイレに行ってる間にまた何人か抜かれただろうな〜。。。と考えつつ、続々と湖方面へこれから入っていく後続のランナーとすれ違う。

多くのランナーが声を出して応援してくれる。
私もそれに答えて相手を応援する。
マイル表示の間にキロ表示もある。。。39キロ、40キロ。。。でもまだゴールゲートは見えない。
Yさんから前日に、「ゴールゲートは最後の最後まで見えない。ここは最後、軽い上りになっている」と聞いていたので、覚悟はしていたものの、まだかまだかと思うほど長い。。足が重い。痛い。。。。でも、まだ動く!

マイル表示についているタイムからも、トイレタイムロスを入れてもバンマラのタイムはビートできそうだと思っていた。。。だけど15分切りは無理らしい、ということもなんとなく。

この道を戻る途中も、Aさんのご主人Tさんの応援があり、とても力になった!
だんだん応援の人の数が増える。。。多分もうすぐゴールが見える。。。?
ゴールが近づくにつれ、なぜか父に話しかけていた。
「じいちゃん、走ったよ。。。帰ってきたよ。」と。

見えた!多分あれだ。。。しばらく行くと、左から達矢とまひろの声が聞こえた。
http://www.youtube.com/watch?v=KIFVkzA8QAg

http://www.youtube.com/watch?v=C3NOhV_coc4

ゴールの電光掲示のタイムが見えてきた。。。3:19:49, 50, 51…
うぉ〜〜〜〜〜〜っ!何としても20分切るぞ〜〜〜!と最後に力をふりしぼってゴール。
3時間19分57秒。

P1360546.JPG

ゴールマットをしっかり踏んで、前に進もうとするが。。。ハーフをゴールした人たちでごった返し!
P1000435.JPG

しかし!もらえるものはもらわねば。。。!と、タキシードを着たおっちゃんからまずティファニー、その後はバナナだ、ジュースだ、水だ、パワーバーだ、次々にもらって(途中でエコバッグももらった!)、最後に完走Tシャツ。
いつも無いのに、X-Smallがあった!。。。さすが女性中心の大会だ♪

ランナーオンリーのエリアから出て、終わった後の待ち合わせを決めていなかったので少し時間がかかったけれど、しばらくして達矢とまひろに会えた。
雨が結構降ってきていて、ひたすら寒い!

早速乾いた着替えをもらって簡易トイレであっちこっちツリながら長時間かけて着替え。
そうこうしているうちに11時からの表彰式が始まって、見事3位に入賞したYさんを半泣きになりながら見届け、こうして2010年のNike Women’s マラソンは幕を閉じたのでした。

ダウンタウンのホテルに戻って、チェックアウトしたけどゴネまくってシャワーだけ使わせてもらい、みんなで待ち合わせしていた、John’s Grillというレストランへ!
バンクーバーへ戻る夜のフライトまで、この上なく楽しい時間を過ごしました。

P1360577.JPG

サンフランシスコ、来てよかった!
Nike Women’sマラソン、当選してよかった!
みなさんに会えて嬉しかった!
走っていて、よかった!

また、走りたい。。。今度は「足攣り、トイレなし」で。。。(笑)

IMG_2173.JPG

参考までに、ラップタイム...達矢が計算してくれました。
0~5k: 4'18
5~10k: 4'28
15k~half: 4'29 (1st half: 1'32'57)
half~25k: 4'35
25~30k: 4'35
30~35k: 5'00
35~40k: 5'56 (トイレタイムロスあり)
40~goal:5'00 (last half: 1'46'59, difference: 14min.02sec.)



posted by Qta at 04:39| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

2010 Nike Women's Marathon(レース前日まで)

2010年Nike Women's マラソンが終わった。

結果: 3時間19分57秒、女子順位21位/2万人超え、年代別1位。
2010年5月以来、2戦目、PB更新。

バンクーバーマラソンに引き続き、これまたこの上なく楽しめた大会でした!
単なる記録だけではなく、何よりも嬉しかったのはまたランニングを通じて得た新たな出会い。。
レース前のEXPO、初めてのサンフランシスコ、女性向けの大会にふさわしい心憎い演出やオーガナイズ。。。そして完走メダルならぬ、完走ネックレス。
初めてのTiffanyを、ただお金を出して買うのではなくて42.195キロを今の自分の力を出し切って駆け抜けた後に手にする達成感。。。時間を見つけては走りまくった日々。。。苦しいスピード練習。応援してくれる仲間や家族。。。亡くなった父との約束。。。このネックレスにはそんないろんな想いが詰まっている。

レースは17日の日曜日。
翌日仕事がどうしても休めないのでレースが終わったその日にバンクーバーへ帰らなければならなかった。
なので、レース前に少しでもゆっくり出来る様にサンフランシスコへは14日の木曜日に飛んだ。
街はさすがにとても趣がある。。。急な坂道、海、どこかバンクーバーや神戸とも似ているけど、古く歴史を感じる素敵な建物が並んでいて。。。歩いていて飽きない。。。落ち着いていて、住み心地が良さそうだ。

P1360259.JPG

P1360156.JPG

P1360225.JPG
Union Square周辺はとにかくマラソン・イベント一色!

14日はホテルへのチェックインが夕方になったので、まずは夕食前にオープニングDAYのレースEXPOへゼッケンなどが入ったレースパッケージを取りにUnion Squareへ向かった。

P1360307.JPG
泊まったホテル。Executive Hotel Vintage Court SF

Union Squareはダウンタウンの中のちょっとした広場で、今回のレースのスタート地点。ホテルからは2ブロックで歩いてすぐだ。
通りを挟んでNike Townと呼ばれるNikeの店が入ったビルがあり、1階から5階までNikeの製品だけを置いている。ビルの外壁には今年のNike Women's Marathonに出走する全員の名前が並んでいて、みんな自分の名前を必死で探しだして写真を撮っている。
見ると字は小さいけど、どうも苗字のアルファベット順に並んでいたので、早速探して写真もしっかり!(ちなみにもう一人苗字が「Hatachi」さんのひとがいました!)

P1360143.JPG

P1360141.JPG

P1360162.JPG

EXPOはもう既に人でごった返していて、どこから入るのかさえ分からない。。。!?

P1360163.JPG

何とか中に入り、ゼッケンをもらい、ひととおり中を観て回ってそとに出てくると、何と中に入るための長蛇の列がっ。。。!(◎_◎;)
もしかして、私達って横からスルスル〜っと何気に順番も無視して入ってしまったのね。。。(汗)!
ま、いっか!子連れだし!(^_^;)

P1360183.JPG

P1360214.JPG

P1360219.JPG

IMG_2196.JPG

無事にゼッケンやタイムチップをゲットしたので、心置きなく夕食へ♬
この日は兼ねてからランニングスマイルの仲間でアメリカ在住のらっきさんに教えていただいてたカニが美味しいというレストランへ迷わずGo!!!
Union Squareからは7ブロックほどあったけど、坂はちょっとしかなかったので歩いて行く(結構遠かった!)。

P1360233.JPG

ここのイチ押しメニューは、ローストクラブ。
Dungeness crab(アメリカイチョウガニというらしい!?)をたっぷりのガーリックバターと黒胡椒でローストしたもの。。。!

P1360235.JPG

う〜ん!美味しゅういただきました!!
本当は冷えた白ワインと一緒にいきたかったのですが、レース前なのでグッとこらえて。。。(泣)!
日本人の観光客が多いのか、日本語のメニューもあった。
SFへまたいつか行くことがあったら、ぜひリピしたいお店です。


15日(金曜日)。
この日も特に予定なしの日。
父ちゃんはこの日、何と私のレースコースをそのまま同じ様に朝7時過ぎにスタートして一回り走りに行った。
方向音痴のレベルが尋常じゃないのでもう何日も前からGoogle MapやGoogle Earthとにらめっこ。。。
レースに出る本人よりもコースを熟知してた!?
坂の傾斜の細かい具合や海際の風、道の雰囲気や景色など、地図上や車で回るだけでは決して分からない、「ランナーの体感」でしか得られない情報を、iPhoneでカメラとボイスメモを駆使して有り余るほど収集してくれて、ものすごく助かった!
走らないダンナだったら、こんな事は決して出来ない。。。一緒にトレーニングするとケンカしてしまうけど、こういう時は本当に同じ趣味を持っている事は嬉しく思う。

まひろが起きた後、調べておいたこの辺で評判の朝食が美味しいという「Sear's Food」というカフェに行ってみると、ま、また長蛇の列〜っ!???!(◎_◎;)
ホントに人気があるらしい。。。orz

P1360302.JPG

今朝の予定は特に無いものの、達矢がもどってくる前に再度EXPOへ行って応援用シャトルバスのことを聞いたりチケットを買ったり、それに達矢の誕生日プレゼントを買うつもりだったので、あまりもたもたもしてられない(まひろ連れだし)。
仕方が無いのでこのカフェは諦め、EXPOのすぐそばにあるカフェで軽い朝食。コーヒーのカップがカフェオレ用の様に大きくてたっぷり飲めてGood!

P1360243.JPG

EXPOはこの日は朝10時から。9時半ごろにはもうゼッケンを取りにくる女性たちがチラホラ。。。

P1360258.JPG

私達はシャトルバスのチケットを買ってすぐにNike Townへ。
今年のレースのLogoが入ったTシャツやキャップをゲット。そして達矢の誕生日プレゼントもNikeのランニング用ウィンドブレーカーをまひろと二人で選ぶ。練習用のランニングシューズも見たのだけど、イマイチしっくり来ないので保留。
靴を探すのを手伝ってくれた店員の若い兄ちゃんは、フルは走ったことが無いけどハーフは1時間15分!?というなかなかの強者だった!!!

P1360499.JPG
兄ちゃん、実はこのレースにもハーフで出とった!!?
誰かのペースメーカーとして走ってたようだ、と達矢が言ってました。

トレーニングやレースの話に花も咲いて、買わなくて悪かったけど楽しかった(^_^;)。
初めて会った人でも、ランナー同士であればもうどんどん話に花が咲いて止まらない。。。(*^o^*)

買い物を済ませてホテルに戻り、何だかんだで達矢も昼過ぎにもどって来てから、朝は諦めた「Sear's Food」へ再度乗り込む。。。
あれ?全然並んでない。。。朝だけ人気があるの?!
まいっか。。。と遅いランチ。
昨日カニ食べといて、また!? カニサンドを頂きました〜。。。♪
ランチ後、も一度、達矢も一緒にNike Townへ。

P1360289.JPG

P1360292.JPG

昼過ぎになるともう人でいっぱい〜。。。!(◎_◎;)
達矢も今年のイベントグッズを、と探したけれど、とにかく女性モンしか無い!?
スタッフにきくと、男性スタッフが着ているごく普通のTシャツしか無いそうだ!?
女性用のはTシャツも数種類、ランニング用の長袖シャツや短パン、パーカーやウインドブレーカーなどよりどりみどりなのに!?。。。えらい差だ(^_^;)
キャップはまあユニセックスだしまひろも気に入った様なので2つゲットしました。

P1360298.JPG

P1360278.JPG

P1360269.JPG

P1360301.JPG

この日もあまり観光気分でウロウロ歩き回ると足が疲れるので、後はホテルでゆっくりして夕食にだけ出かける。。。
Union Squareのすぐそばにある、Macy'sというデパートの8階に入っているCheesecake Factoryといういわゆる典型的なAmericanファミリーレストランへ行ってみました。
6時半分近く。。!?に行って見るともう席が空くのを待っている人達でごった返し。。。!?!(◎_◎;)
聞くと「1時間15分待ち」と言われてペイジャーを渡された。
大きなレストランだし回転も早いだろうと、デパート内を見て回ったりして時間を潰す。

結局40分くらいで入れた。
今晩のメニューは、Tがシーフードパスタ、まひろはマカロニチーズ(初トライか?)、と私はビーフリブのBBQ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

もうカーボローディングしていいの?と聞くと「まだや!」という悲しいお返事が。。。(泣) でもしっかり食った!(笑)
リブはでっかいのが6本くらいも付いていたのでみんなでシェアしてもまだ2本余ったのでホテルへお持ち帰り〜。
今日は達矢の44回目の誕生日だったので、ウェイターの兄ちゃんにこっそり伝えて、お店の人達に「Happy Birhday」ソングを歌ってもらいました(^_-)
レース前なので乾杯はお預けです(T_T)

P1360324.JPG

このお店はテラスがあって、夜のライトに照らされたビル群やUnion Squareを見下ろしながら食事が出来ます。夜はもう肌寒いサンフランシスコです。
P1360325.JPG


16日(土曜日) レース前日。
のんびり起きて、朝食は。。。マクド!!(^_^;)

P1360346.JPG

まひろがアメリカの本場のマクドナルドに行きたいと訳の分からんことを言っていて、(父ちゃんも「本場、本場」とうるさかった!。。。同じだっつの!)
今日の昼はジョグノで知り合った人達とランチだし、よるはレース前日なのでパスタのつもりだし、明日はもう帰る日なのでマクドなどに行く暇なんてありゃしません。。。ということで今日の朝食でDeal!となった訳です(T_T)。。。なんでサンフランシスコまで来てマクドやねん!?
(でもちょっとメニューはカナダのと違ったな。。。ハッピーセットも無かったし!?)

それにしてもこの日は前日までと違って「寒い」!!!!(◎_◎;)
それに風が強い!!! 週末は気温が下がってバンクーバーと同じくらいになるのは知っていたけど、とにかく海際の道もコースに入っているので、風の強さには少し心配になった。
気温が低いだけなら走っていれば温まるからいいんだけど、風に吹かれるとかいた汗でさらに体温が奪われて体がひどく冷えてしまう。
レースギアはタンクトップとレース用の軽い短パンだけしか持って来なかったので、急遽NikeTownでアームウォーマーを購入した。
これをつけてレースを走ったことはなかったが(バンマラの時でさえつけなかった)、何しろ昨日まだ気温が高い時に達矢が走ったときでさえ海際は強烈な風で寒くて仕方がなかっというので、寒さ対策には今回少し神経質になった。
できればレッグウォーマーも買いたかったけど、NikeTownに無かった。今度いいのを探して買っておいた方がいいな〜。。。

さて、買い物を済ませてそろそろ待ち合わせの場所へ向かう時間なので、いよいよサンフランシスコといえばこれ!という、ケーブルカーの乗り場へGo!
P1360350.JPG

しか〜し!
よく考えたら今日は土曜日。。。ケーブルカーはもうどれもパンパンで並んで待っていても満員で乗せてくれない〜(泣)!
2台乗れなくて、仕方ないので数ブロック歩いて空いている乗り場へ行ってやっと乗れました!
しかしこのケーブルカー、中が満席の時には、手すりに捕まって外に立つんだけど、危ないよな〜〜っ!!!? 事故とかあっただろうな〜!
運転は手動で、結構大変そう。。。おじちゃんが交差点に来るたびにカンカンと鐘を思いっきり鳴らしながら、そして坂にさしかかるとブレーキを全体重かけてかけながら。。。と忙しそうだ。
でも歴史あるサンフランシスコのケーブルカーの運転に誇りを持っているようで、とてもハツラツ。。。♪

P1360363.JPG
おっちゃんが操縦するケーブルカー。

P1360369.JPG

P1360371.JPG

30分ほど?でWaterFrontへ着いて、待ち合わせのBoudinカフェまで、数ブロック歩く。
この道は明日のレースのスタート直後2〜3キロ地点で、かわいいお店やレストランが並ぶとてもおしゃれな通りなので、楽しみにしていた。昨日、達矢が走った後も、あそこはとても楽しそう!と言っていた。

お土産やさんや、カフェやレストラン、そしてカニ!!!

P1360384.JPG

P1360380.JPG
ランチの約束が無かったら、買って食べてみたかった〜♪

このWaterfrontは本当に楽しい!1日かけてゆっくり観たいところ!
神戸のおしゃれな海沿いのMosaicやハーバーランドって感じ。。。?
待ち合わせのPier39だけでも楽しいお土産やさんや水族館、カフェやレストランが沢山入っていてとても数時間では観きれな〜い!!!

P1360395.JPG

P1360396.JPG

P1360400.JPG

P1360404.JPG

P1360405.JPG

P1360389.JPG

絶対にまたもどってこよう!と思いました。

待ち合わせの場所は、Union Squareから北へ車だと10〜15分くらい?のWaterfrontでFisherman's wharfの近くで Pier39にある有名な「Boudin」というパン屋さん兼カフェ。

P1360398.JPG

約束のBoudinカフェに行くと、まだYさんもAさんもきていないようだった。
早く着いた人から食べときましょう。。ということだったので、早速このお店で有名な、デッカいサワードーブレッドに入ったクラムチャウダーを注文♪

P1360409.JPG
これ、お腹空いてたら、サワードーのパンも含めて2つは軽くイケちゃうわ〜!!!
今日は寒いこともあって、暖まって最高。

まひろはホットドッグが食べたいというので、こっそり隣の出店でホットドッグを買って持ち込み。。。(汗)。
P1360407.JPG
。。。なんでやねん。。?

そうこうしているうちにYさん、Aさん、Aさんのご主人のTさんもお店に到着〜。
みなさんとはもちろん初めてお会いするのですが、ジョグノートで同じレースに出走するというのを知ってリンクをはってお知り合いになり、今日のこの日に会いましょう!と打ち合わせしていたのでした。初めてお会いするとは思えないくらい、ひとめですぐにわかっちゃったし(笑)、日本から来られたというYさんのお知り合いの女性お二人とも合流して、話もどんどん弾んでとても楽しく幸せな時間を過ごせました!
特にYさんはサブスリーを狙うとても速いエリートランナーで、お会いするのが超楽しみでした!
ジョグノートでもいつも励ましていただいたり、練習方法を教えていただいたり、お世話になっていました。
このレースでは、やっぱり「サブスリー、狙いますよ!」とキッパリ!!
は〜。。。♪と思わず見とれちゃいました。なんて度胸があって気持ちイイ。。。!
私もそんなランナーになりた〜い!!!と思いました。
レースのタイムは3時間5分と、惜しくもサブスリーには届きませんでしたが、去年4位だったその雪辱をすっぱり晴らして堂々の3位!
表彰台に立って1984年のロス五輪、初めて女子マラソンが正式種目となったオリンピックのレースで優勝したアメリカのJoan Benoitさんと一緒に写真を撮ったり、もう素晴らしいの一言です!私も自分のことのように興奮してしまいました〜!

Boudinカフェに2時間以上も居座った後(笑)、腹ごなしに海際の道を歩き、有名なくねくね道のLombard(ロンバート)ストリートへ。

P1360410.JPG

P1360424.JPG

ここへ辿りつくまでもものすごい上り坂。。。ブーブー言うまひろを引っ張ってなんとか到着〜。いや〜絶景です!

P1360426.JPG

P1360428.JPG

P1360430.JPG

P1360432.JPG

そして、お待ちかね!
サンフランシスコでこれまた有名なチョコレート店、GHIRARDELLI CHOCOLATE(ギラデリと読むらしい)へ〜♪

P1360436.JPG
ここもスッゴい行列!!!(泣)。

P1360437.JPG

P1360440.JPG

う〜ん。。。。幸せ〜。

帰りのケーブルも、もちろん行列。。。orzで、やっとのことでホテルに戻り、結構歩いて疲れたので、明日のレース前の朝食などをスーパーに買いに行っただけで、夕食はTakeOutのパスタやパンで済ませました。
P1360421.JPG


さー!明日はいよいよレース!
今日は早く寝なくちゃ〜!と思ったけど、レース前にホテルをチェックアウトしなければならなかったので、荷物のまとめや何やらで、結局寝たのは10時ころ。。。orz
レース当日は3時半に起きる予定です。

レースの記録は、次のブログで!





posted by Qta at 04:41| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。